メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

1 ::2020/05/27(水) 20:43:47.84 ID:EyAvxMPd0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 都知事選、野党の擁立難航 コロナ禍背景に「不戦敗」も
2020年05月25日07時09分

 東京都知事選(7月5日投開票)が6月18日の告示まで1カ月を切る中、野党の候補者擁立作業が難航している。再選出馬が確実視される小池百合子知事(67)は、都の新型コロナウイルス感染症対策で強い存在感を放つ。野党陣営では、小池氏を敵に回すのは得策でないとの判断から「不戦敗」を容認する声すら出始めた。<下へ続く>

 「まだ1カ月近くある。しかるべきときに判断すればいい」。立憲民主党の枝野幸男代表は21日、記者団から都知事選への対応を問われ、こう言葉を濁した。

N国党首、都知事選「堀江氏出馬を確信」

 都知事選に向け、立憲、国民民主、共産、社民の野党4党は、統一候補擁立を目指す方針で一致していた。しかし、春先からの新型コロナ感染拡大で政治情勢は一変。小池氏は都のコロナ対策の陣頭指揮に立つ様子が連日報じられ、露出度を飛躍的に高めた。
 こうした状況に、国民の玉木雄一郎代表は18日、記者団に「現場の司令官である知事の足を引っ張っていいのか」と厭戦(えんせん)論を口にした。野党ベテラン議員は、都内の感染者が5000人規模に上ることに触れ、「都知事選には関わらない方がいい。不戦敗だ」と漏らす。
 候補者選びは本命不在だ。立憲は今年3月、前川喜平元文部科学事務次官(65)に出馬を打診したものの、前川氏は固辞。一時、待望論があったれいわ新選組の山本太郎代表(45)は4月末、「小池氏の圧勝だろう。なかなか難しい」と述べ、二の足を踏んだ。共産党が宇都宮健児元日弁連会長(73)を推すとの見方があるが、立憲、国民両党は革新色が強過ぎるとみて消極的だ。
 ただ、立憲にとって小池氏は2017年10月の前回衆院選で、旧希望の党代表として自分たちを「排除」した因縁の相手とあって、対立候補擁立は容易に諦められない。都連幹部は、16年参院選東京選挙区で110万票余りを得てトップ当選を果たした蓮舫氏(52)に粘り強く出馬を働き掛けているが、関係者は「出ないと思う」と明かす。
 自民党は既に、独自候補擁立を断念。党本部は、小池氏の推薦も視野に対応を検討している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052400168&g=pol

続きを読む

1 ::2020/05/27(水) 20:32:05.11 ID:Z37IlcxQ0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/monatya.gif 国民民主党の玉木雄一郎代表は27日の記者会見で、会員制交流サイト(SNS)などインターネット上の誹謗(ひぼう)中傷への対策強化に慎重な考えを示した。
「表現の自由に対する配慮も必要だ。正当な批判を封じる可能性もあり、拙速に規制を強化すればいいという話ではない」と述べた。

ネット投稿をめぐっては、中傷を受けていた女子プロレスラー木村花さんの死去を受け、対応を求める声が上がっている。

玉木氏は、検察庁法改正案に対するSNS上の反対拡大が政府に今国会成立を断念させた経緯に言及。
「誹謗中傷や差別は許されないが、政権批判も含めて規制がかかると健全な民主主義の発展にマイナスになる」と語った。問題投稿への対策はSNSサービス提供者側の自主規制を進めるよう促した。

https://i1.wp.com/www.sankei.com/images/news/200527/plt2005270032-p1.jpg
https://www.sankei.com/politics/news/200527/plt2005270032-n1.html

続きを読む

1 ::2020/05/28(木) 05:06:57.01 ID:K/nnRemk0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/youkan.gif Windows 10大型アップデート「May 2020 Update」がダウンロード開始(Impress Watch)

 Microsoftは、Windows 10の最新大型アップデート「May 2020 Update」の配信を開始した。

 昨年(2019年)の11月に配信されたNovember 2019 Updateに続く半期に一度の大型アップデー
トであり、今回のMay 2020 Update(20H1)では、バージョンがこれまでの1909(Build 18363)から
2004(Build 19041)に上がっている。

 標準的な入手方法はWindows Updateによる自動更新からだが、段階的なリリースとなるため
表示されない場合がある。手動でいち早くインストールしたいなら、MicrosoftのWindows 10ダウン
ロードサイトにアクセスし、アップデートファイルをダウンロードして実行するか、同じサイト上で入
手できるMedia Creation Toolを介してアップデート可能。

 May 2020 Updateでは、Cortanaアプリの独立化、Windows Subsystem for Linux 2(WSL2)のパ
フォーマンスアップ、検索機能の強化など、あまり大がかりな更新内容は含まれていないが、
Windows 10の使い勝手を向上させる改良がいくつか行なわれている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a230c6cd59a4331620b297dcdf27e40c7334020d

続きを読む

↑このページのトップヘ