メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

1 :名無しさん@涙目です。:2019/01/23(水) 11:46:50.23 ID:iYoNDeQb0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif アカウント削除について、誠に申し訳ございませんでした。
https://i1.wp.com/livernet.jp/wp-content/uploads/2019/01/01-11.jpg

人気YouTuberラファエルさんアカウント停止。エロや過激な動画がBANの原因か

チャンネル登録者数が200万人以上の人気YouTuberラファエルさんが、
『YouTube』のコミュニティガイドライン違反を理由に1月22日付でアカウントを停止(BAN)されました。
ラファエルさんはサブチャンネルで「アカウント削除について、
誠に申し訳ございませんでした。」との動画をアップ。

アカウント停止の理由については説明していませんが、謝罪動画で「エロ系や怪しい企業案件は
一切やりません」、「クマと戦ってみた」、「ランボルギーニにひかれてみた」、
「他人の後頭部をバッドでフルスイングで殴ってみた結果」といった過激な動画をやめると伝えているため、
これらの動画が『YouTube』のコミュニティガイドラインに違反していると判断されたものだと思われます。
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20190122-00112059/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2019/01/23(水) 10:57:10.49 ID:XYXV15nQ0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 前から気になってんねんけど、大阪のイメージ、なんやエライえげつなぁ。
これから万博もあることやし、“世界のOSAKA”になる前に、そろそろホンマの大阪、
全国のみんなに知ってもらうべきやと思うわ。なあ! そこのジブン、ちゃんと聞いてるか!?

「一家に1台なんて迷信や!そもそもたこ焼きが大阪を代表する食べ物となったのは、
1995年のAPEC首脳会議で当時知事だった横山ノックはんが海外のエライさんたちに
たこ焼きを振る舞ったから。余計なことをしてくれたもんや!」(大阪市・67才女性)
年配の大阪人ほど、「大阪の代表食=たこ焼き」に憤る。
「もともと大阪は各地から豪華な食材がそろう『食いだおれの町』として有名で、
京都の料亭の板前も大阪で修業するのが当たり前やった。そんな土地の食の代表がたこ焼きやなんて、
先祖に顔向けできまへんわ」(大阪市・74才男性)

「大阪生まれのウチのダンナは実は巨人ファン。でも会社でカミングアウトすると風当たりが強いから、
表向きは阪神ファンです。ダンナのような人は結構多くいて、巨人ファンだけでこっそりと
LINEグループを作っています。まるで隠れキリシタンやね」(大阪市・51才女性)

アンケートでは「ケチ・せこい・がめつい」という三拍子そろった“強欲イメージ”も強かったが、
県民性博士の矢野新一さんは「大阪人はケチというより、合理的な考え方をする」と指摘する。
「大阪市内にある百貨店の靴売り場で『2足9000円』の商品があった時、初対面の人から
『折半せえへん?』ともちかけられて共同購入。支払いが終わると『ほな、さいなら〜』と別れました。
大阪人はやっぱり実利主義ですわ」(大阪市・58才女性)
「一緒に食事をした際、大阪人は基本的に割り勘にするからケチではありません。
対して名古屋人は『今日は誰にごちそうさまを言えばいいの?』といつも人にたかります!
大阪人より名古屋人の方がケチや」(東大阪市・56才女性)

人情命の大阪、めっちゃ好きやねん!!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190123-00000007-pseven-soci&p=1

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2019/01/23(水) 10:36:52.72 ID:pIwZJfTP0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 100円貯金、5千回達成 93歳の目的「金じゃない」
1/23(水) 6:52配信


桃の実貯金の5千回達成の認定証を手に清水良憲局長(左)と記念撮影する山本實さん=2019年1月22日、福井県小浜市中井
 福井県小浜市中井の口名田郵便局が呼びかける営業日に100円を郵便貯金する「桃の実貯金」に、近くの自宅から歩いて参加してきた山本實(みのる)さん(93)が22日、5千回目の貯金を達成した。清水良憲(よしのり)局長(33)から顔写真入りの認定証と記念品の皿を贈られた。

5千回目となる100円貯金のために口名田郵便局を訪れた山本實さん

 桃の実貯金は、1998年4月に口名田郵便局の局舎が新築されたのを機に、当時の局長で清水さんの父の義巳さん(67)が考案。「毎日100円を貯金しに来ませんか。生活に張りが出て元気になりますよ」と呼びかけた。「百」が「もも」と読めることから、100円、100歳(長寿)にちなんだという。現在は山本さんを含め42人の会員が参加している。

 山本さんの自宅は、郵便局から北へ約500メートルのところにある。「雨の日も雪の日も7、8分歩いて預けに来ている」と山本さん。来局したときに、局員や貯金仲間と会話するのが何よりの楽しみだ。

 2年ほど前、肺の病気で約1カ月間入院したときを除き、郵便局に通い続けてきた。山本さんは「貯金が目的ではなく、健康のために毎日歩く。そのおかげで足が動くし、ゲートボールもできる」と話した。(菱山出)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00000015-asahi-soci

続きを読む

↑このページのトップヘ