メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

1 ::2019/08/19(月) 11:14:48.71 ID:n2sFplt90

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 原価6円で女子高生“タピオカ漬け”警視庁が警戒する暴力団新資金源

タピオカドリンクのブームは過熱する一方で、新規出店が相次いでいる中、
タピオカ専門店が暴力団の新たな資金源になっていることに警視庁が警戒心を強めている。
タピオカは日本で90年代のバブル後半期にティラミスに隠れてささやかなブームになった。
2008年に第2次ブームがあったが、沈静化。17年に本場、
台湾のブランド店が立て続けに日本進出したことで第3次ブームとなった。
渋谷や原宿の人気スポットのみならず、主要駅には雨後のタケノコのごとく、出店ラッシュとなっている。

「“インスタ映え”すると女子中高生の間で爆発的なブームになった
タピオカには暴力団もいち早く目をつけて、クレープやケバブ店を
タピオカ専門店に変えるなど、新規店を続々とオープンさせているんです」
(飲食業専門コンサルタント)

タピオカ専門店は持ち帰り専門なら座席は不要。調理場も含めて最低5坪あれば開業できる。
調理も簡単なので技術も必要がない。しかも初期投資が少なく済む上に回収率がいい。
楽でボロ儲けできることで暴力団の新たな資金源になっている。

警視庁の生活安全課関係者は「おいしいといわれるタピオカドリンクの原価は50円程度。
質が落ちる暴力団関係の店になると1杯6円程度。それを500円前後で売る。
暴力団関連の店は女子中高生が好みそうなカラフルでファンシーな店構えで、
女子中高生に『タピオカ増量』と唱えて、売りまくっている。
暴力団が表に出ず、アルバイトを雇っているために実態が把握できない。焦ってますよ」と言う。

ヤクザが女子高生をタピオカ漬けにしてカネを巻き上げる…。
工夫をこらしての正業と思われるが、この儲けを資金源にして覚醒剤を密輸したり、
闇カジノをオープンするなど、一般人を廃人にして荒稼ぎする
反社会的行為を行うことになるのだから、資金源は断たないといけないだろう。
https://news.livedoor.com/article/detail/16941072/

続きを読む

1 ::2019/08/19(月) 13:14:55.69 ID:U2sygxYc0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態
それは2046年にやって来る
野口 悠紀雄早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問一橋大学名誉教授
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66523

中国と日本の豊かさ(1人当たりGDP)の差は、急速に縮まっている。

この傾向は将来も続く。したがって、どこかの時点で中国は日本より豊か国になる。

これは、日本と中国との関係が現在のそれとは質的に全く異なるものになることを意味する。それは、さまざまな面で、日本人にとって受け入れがたい大変化をもたらすだろう。

●2040年代に中国は日本より豊かな国になる

世界経済の長期予測がいくつかなされている。

日本経済研究センターが行なった2060年までの長期経済予測は、中国が2030年代前半に経済規模で米国を抜くとした。
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO47775960V20C19A7KE8000/

「2030年展望と改革」(内閣府)によると、2030年で、中国のGDPの世界シェア 23.7%は、アメリカの20.2%より高くなる。

これ以外にもいくつかの長期推計があるが、それらのほとんどは、2030年代前半に中国がGDPの規模で世界最大になると予測している。 

中国の人口は巨大だから、経済規模が世界最大になるのは、さして驚くべきことではないかもしれない。

日本との関係でより重要な意味を持つのは、「豊かさ」だ。
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/0125/shiryo_04-2-2.pdf

続きを読む

↑このページのトップヘ