メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

1 :名無しさん@涙目です。:2018/05/02(水) 20:17:07.49 ID:UOwzfZ2u0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif 伊藤忠、週2「脱スーツデー」 会長提案「業績はいい」

伊藤忠商事は2日、昨年5月から毎週金曜に実施しているカジュアル出勤日「脱スーツデー」について、
この5月から1日増やして毎週水曜と金曜の週2日にすると発表した。

名付けて「脱スーツデー+」。もとは繊維畑出身の岡藤正広会長の提案で、好業績をあげた社員の発想を
より自由にしようという狙いだ。例えば、男性ならノーネクタイで上着はジャケット、下はチノパンやジーンズで
出勤する。とくに第1、第3金曜はジーンズ限定日にするという。

スーツとネクタイだけをやめたクールビズは「ナンセンス」と考え、社員らにより刺激を与えようとジャケットと
ジーンズを推奨してきた。

効果について岡藤会長は「数値にはできないが、業績はいい。取引先にも従業員にも好評。今日は僕も
ジャケットと靴下を紫であわせた」とニンマリ。ジーンズ姿で同席した鈴木善久社長も「軽くていいよね」と
話していた。(鳴澤大)

https://i1.wp.com/www.asahi.com/articles/images/AS20180502003170_comm.jpg
「脱スーツデー+」初日のコーディネートを自慢する伊藤忠商事の岡藤正広会長(手前)と鈴木善久社長=東京都港区

https://www.asahi.com/articles/ASL525F1XL52ULFA013.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/05/02(水) 20:47:11.62 ID:+xZ22J7M0

https://i1.wp.com/img.2ch.net/ico/anime_syobon03.gif 2018年5月2日、中国メディアの観察者網は、韓国大統領府が南北平和条約締結後の在韓米軍について「中国や
日本などの近隣諸国が軍事的に対立した場合、仲裁者としての役割を果たすためにも必要」との立場を示したこ
とを伝えた。

記事は韓国・聯合ニュースの報道を引用し、韓国大統領府の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が2日、文正仁(ムン
・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官が米外交誌への寄稿で、平和協定が締結されれば在韓米軍の韓国
駐留の正当化は難しいとの見解を示したことについて、「在韓米軍は、韓米同盟の問題であり、平和協定の締結とは
何の関連もない」とする文在寅(ムン・ジェイン)大統領の立場を明らかにしたことを伝えた。

金報道官はまた「任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長が先ほど文特別補佐官に電話し、文大統領のこうした
言葉を伝え、大統領の立場との混線が起きないようにしてほしいと要請した」ことも明らかにした。

別の大統領府高官も2日、在韓米軍について「中国や日本などの近隣諸国が軍事的に対立した場合、仲裁者として
の役割を果たすためにも必要」との認識を示したという。

http://www.recordchina.co.jp/b597163-s0-c10.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/05/02(水) 12:40:24.13 ID:+xZ22J7M0

https://i1.wp.com/img.2ch.net/ico/anime_syobon03.gif 【ビートたけし本紙客員編集長の世相斬り】ビートたけし本紙客員編集長(71)が、強制わいせつ容疑で書類送検
(1日に起訴猶予処分)されたTOKIOの山口達也(46)がを俎上に載せて毒ガスを放った——。

TOKIOの山口達也ってのが女子高生に無理やりキスして、強制わいせつの疑いで書類送検されちゃったね。

その事件について「折れた煙草の吸いがらで、あなたの嘘がわかるのよ」の中条きよしが、バラエティー番組で女子
高生のことを「行かなきゃいいじゃない」って言って、コッテコテにやられたけど、そこはオレもそう思うけどな。

親としては、高校生に芸能活動をやらしてるんだから、夜の管理ぐらいしないとヤバいだろって。夜、マンションまで
行ってるんだぜ。親は子供に「夜、男の部屋に行くもんじゃない」「相手が酒飲んでたら、すぐ帰ってくること」って当
たり前のことを教えなきゃまずいだろ。でも、そんなこと言うと、ものすごい叩かれるんだよね。

今回の件は強制わいせつだから山口が絶対に悪いんだけど、他のことでも男ばっかし叩かれる風潮になってる。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/995599/

続きを読む

↑このページのトップヘ