メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

1 :名無しさん@涙目です。(栃木県)@\(^o^)/ [US]:NG NG.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/BXx9T8w.jpg
横審委員長「一番上に立つ人が…」 白鵬の張り手に苦言

 大相撲の横綱審議委員会が24日、東京・国技館であり、名古屋場所で通算勝利の最多記録を
塗り替えた白鵬に記念品を贈ることを決めた。一方、白鵬が立ち合いで頻繁に見せた張り手について、
北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は「一番上に立つ人が下の人のほっぺたをたたくというのは、
私はあんまり良い印象を持っていない」と述べた。今年3度目の途中休場に追い込まれた鶴竜については、
「(現段階で)引退勧告はしませんが、様子を見て判断しなければいけない」。2場所連続途中休場の
稀勢の里に対しては、ケガを抱えながら出場した判断を「甘かった」と指摘しつつ、秋場所を休んででも
治療に専念すべきだとの声が委員から出た。

http://www.asahi.com/articles/ASK7S578NK7SUTQP016.html?iref=comtop_8_07

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。(禿)@\(^o^)/ [JP]:NG NG.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/7QlI1z2.jpg
ウィンブルドン3回戦敗退からわずか5日後の7月12日。錦織圭(27)は慶応大学日吉キャンパスのコートをひそかに訪れていた。待っていたのは、
錦織が姉のように慕う伊達公子(46)。錦織はラリーを延々と続け、額や首筋からは大粒の汗が流れていたという。

そんな錦織をよそに、近くの駐車場では意外な光景が。1,100万円もする高級外車ジャガーの後部座席で、恋人・観月あこ(25)がひとり
涼んでいたのだ。ときどき車から出て練習の様子を見に来るが、あまりの暑さからすぐ車内へ戻っていく。ミニワンピースにハイヒールという
装いの彼女は、あきらかにこの日の練習場内でも浮いていた——。

今季はケガが相次ぎ、優勝に手が届かない錦織。世界ランキングも現在8位と低迷している。そんな彼のそばには、いつも観月の姿があった。
15年7月に交際が報じられてから2年。結婚秒読みとも噂されるなか、観月の“奔放すぎるふるまい”も取り沙汰されてきた。

「5月末のジュネーブオープンに同行した際、観月さんは70万円ほどもするFENDIの高級バッグを購入していました。先日帰国した際も、
4〜5人の友人を引き連れて築地の高級すし店へ。会計は10万円を超えたそうですが、彼女が平然とブラックカードで精算したといいます。
宿泊先は超高級ホテルですし、移動の飛行機はもちろんファーストクラス。これらもすべて錦織選手が用意してあげているようです」
(前出・テニス関係者)

だが錦織と交際して以来、観月はほとんど仕事らしい仕事もしていない。セレブぶりは今回の帰国でも同じ。冒頭の練習翌日の7月13日、
都内の超一流ホテルに観月の姿があった。

「錦織選手はスイートルームに宿泊していました。1泊約20万円で2週間ほど滞在していたといいますから、部屋代だけで280万円。
ルームサービスも含めれば、300万円以上かかったはずです。とはいえ錦織選手は練習やイベントなどで大忙しだったため、ほとんど出ずっぱりの
毎日だったでしょうね」(スポーツ紙記者)




いかそーす
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170725-00010001-jisin-ent
https://amd.c.yimg.jp/im_sigg.MXVJ25Aga3D2ocwUxjzYg---x900-y711-q90-exp3h-pril/amd/20170725-00010001-jisin-000-1-view.jpg

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。(岐阜県)@\(^o^)/[ニダ]:NG NG.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/qoY2ut4.jpg
民進 野田幹事長「疑惑が深まっている」

民進党の野田幹事長は記者会見で、「安倍総理大臣が、『加計学園が獣医学部の新設を
申請していることを知ったのは、ことしの1月20日だ』と言ったことは、にわかに
信じることができない。疑惑を吹き飛ばすための反論がほとんど記憶で、残念ながら
疑惑が晴れたという状況では決してなく、疑惑が深まっていると思わざるをえない。
説明に納得できたという人は、ほとんどいないのではないか」と述べました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170724/k10011072161000.html

続きを読む

↑このページのトップヘ