メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/amd.c.yimg.jp/amd/20170818-01873901-nksports-000-8-view.jpg
テレビ東京の秋元玲奈アナウンサー(32)が18日、ブログで妊娠を報告した。

秋元アナは「ご報告」とのタイトルでブログを更新、「私事で大変恐縮ですが、このたび新しい命を授かりました。
年内の出産を予定しています。今は、胎動を感じることがとても幸せで、早くわが子に会いたいという思いで一杯です」と報告。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-01873901-nksports-ent

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/BKdndZ6.jpg
日本びいきのアリアナに韓国ファンが怒り心頭、「ヤマモト・グランデ」とやゆも—韓国ネット

2017年8月16日、韓国での初の公演を盛況のうちに終えた米国の人気歌手アリアナ・グランデに、
韓国人により「ヤマモト・グランデ」という日本人姓らしきあだ名が付いたと、韓国の複数のメディアが伝えた。

アリアナは15日、ソウル市内の高尺(コチョク)スカイドームで初の訪韓公演を行った。
その歌唱力とパフォーマンスには会場のファンたちも満足したようだが、
このコンサートを前にしたアリアナの「態度」が韓国で問題視されている。

騒ぎの発端は、公演ぎりぎりになっての入国だ。アリアナは「報道陣などに写真を撮られたくない」との理由で
当初は公演前日の14日とされていた韓国入りをキャンセル、15日の公演開始3時間前にようやく入国した。
そして、初めての会場にもかかわらずステージでのリハーサルはなし、代わりにトイレで練習する様子をSNSにアップし、
「韓国公演への誠意がない」と非難を浴びた。

さらに、韓国の直前に開いた日本公演では、2日前から日本入りしリハーサルに精を出すなど
準備に怠りなかったことが報じられ、韓国人ファンの怒りがさらに増幅してしまったようだ。
SNSでは、日本ばかりをひいきするようなアリアナを指し、「ヤマモト・グランデ」と日本人らしき
あだ名を付け批判する韓国人ユーザーまで現れた。

結局、アリアナは公演終了後間もなく韓国をたち次の公演地であるタイ・バンコクへ向かった。
韓国滞在は15日午後のわずか7時間ほどだったといい、これには韓国のネットユーザーから
「本当の話?だとしたらあまりにひどい」「本当に韓国にいるのが嫌だったみたいだ。日本には60時間以上いたらしい」
「韓国が北朝鮮と戦争中だと思ったのかな」「この子もケイティ・ペリーと同じで親日か」など
怒りや失望の声が多数上がっている。

また、公演を実際に観覧したという韓国の女性グループ「少女時代」のテヨンは、
アリアナのSNSに「韓国にはおいしいものが多いのに」と、超短時間の滞在を残念がるコメントを寄せた。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13485784/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2017/08/18(金) 22:17:12.82 ID:ajI7WRH/0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ehtodfQ.jpg
豊島区の都電荒川線鬼子母神前の停車場から北西に歩くと、石畳の両側にケヤキ並木が続く雑司ケ谷鬼子母神堂の
参道がある。その横道を入ったところに、並木ハウスというレトロなアパートが今も立っている。マンガの神様といわれる
手塚治虫が一九五四年から二年半にわたって暮らした場所である(非公開)。
 大阪の出版社で医学生マンガ家として注目された手塚は、医師国家試験にパスした後、五二年に上京。活躍の場を
東京の雑誌に移し、超売れっ子に。五四年三月の関西長者番付では画家の部でトップになり、週刊誌にも取り上げられた。
 住んでいた豊島区椎名町(現・南長崎)のトキワ荘まで取材に訪れた記者が、四畳半の殺風景な部屋をあきれたように
見回したので引っ越しを決めた、と手塚は書いている。そのせいか、並木ハウスにはオーディオセットやアップライトピアノをどんと据え、
高級応接セットまで購入した。
 しかし、ソファには原稿待ちの編集者が居座り、部屋には藤子不二雄(A)たち若手マンガ家が仕事を手伝いに来て、
ピアノの上は彼らが食べた出前の皿や丼などの置き場となりはてた。手塚はこの部屋で「火の鳥」や「リボンの騎士」
「ケン一探偵長」、「ライオンブックス」シリーズなどの名作を次々に描いたのだ。
 そのまま鬼子母神堂まで歩く。鬼子母神は幼児を食べる悪い神だったが、釈迦(しゃか)が改心させて、母と子を守る
神となった。手塚の代表作「ブラック・ジャック」にこれをモチーフにした作があることを思い出した。
(敬称略、中野晴行=マンガ研究家) =随時掲載
<手塚治虫(1928〜89年)> 大阪府豊中市出身。戦後ストーリーマンガとテレビアニメの牽引(けんいん)
車として活躍。代表作に「鉄腕アトム」「ブッダ」「三つ目がとおる」「陽(ひ)だまりの樹」など。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201708/CK2017081802000163.html

続きを読む

↑このページのトップヘ