メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

1 :名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [US]:2017/05/27(土) 11:47:08.10 ID:WuZc7lKU0.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/LxIgkE6.jpg
 自民党内には前川氏の発言を注目している議員もいる。石破茂元幹事長は記者団に
「事務方のトップにいた方が、ああいう発言をされるということはそれなり
の意義、意味がある」と述べた。前川氏が証人喚問に応じると表明しているにもかかわらず、
自民党がなぜ拒むかについて真意をいぶかる空気もある。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H17_W7A520C1EAF000/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [US]:2017/05/27(土) 18:48:46.20 ID:b/njsuLe0.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/YQU80Xx.jpg
ソマリア海上で韓国人3人が乗っている遠洋漁船が拉致されたものとみられ、韓国海軍が緊急出動しました。
軍と外交部の関係者によりますと、ソマリア海上で27日、韓国人3人とインドネシア人18人が乗っているモンゴル国籍の遠洋漁船1隻から
海賊とみられる漁船が後ろについてきているという連絡を最後に通信が途絶え、海賊掃討の任務にあたっている韓国海軍「青海(チョンへ)部隊」が緊急出動したということです。
ただ、青海部隊が事故海域から遠く離れているため、現場に到着するまで1日はかかるとみられています。
文在寅大統領は報告を受け、「乗組員全員の救助に万全を期してほしい」と指示しています。
また、在外国民対策本部を稼働させ、軍の追加投入など対応策について議論する一方、関係国に協力を要請し、現在、インド、ドイツ、日本の哨戒機が周辺を捜索しているということです。

ソマリア海上で韓国人が拉致か 海軍が緊急出動
http://m.world.kbs.co.kr/news/news_detail.htm?no=63753&category_code=Po&lang=j

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [US]:2017/05/27(土) 08:26:02.00 ID:b/njsuLe0.net

https://i1.wp.com/amd.c.yimg.jp/im_siggyHaOBLnhTQq5z14LwD5_CQ---x675-y900-q90-exp3h-pril/amd/20170526-00000010-jct-000-5-view.jpg
 山山口県下関市内で県警パトカーに駐車違反のステッカーが貼られていたと、隣県の地元経済紙がツイッター上で写真付きで紹介し、波紋が広がっている。

中略

山口県警のパトカーが駐車違反をしていたというのは、本当なのだろうか。

「監視員が道路交通規則を理解していなかった」
 下関署の副署長は5月26日、J-CASTニュースの取材に対し、同署のパトカーに駐車違反のステッカーが貼ってあったのは事実と認めた。
しかし、「駐車違反ではない」と説明し、監視員がステッカーを貼ったものの、警察官は切符を切っていないことを明らかにした。

 その理由としては、山口県道路交通規則の第3条の3項で、駐車禁止の道路標識等による交通の規制の対象から除く車両として、
「交通の取締り、犯罪の捜査、警備活動その他の警察活動に伴い停止を求められている車両」であることを挙げた。
パトカーはこの日、「犯罪の捜査をしていた」と副署長は説明する。

 一方、たとえパトカーであっても、駐停車が禁止されている交差点内や横断歩道から5メートル以内、歩道といった「法定駐車禁止場所」については、駐車できない。
こうした場所は、人の生命に関わる出動に限り、赤色回転灯を点灯させれば駐車できる。
ここ10年ほどでは、神奈川県警や京都府警、大分県警のパトカーが法定駐車禁止場所で切符を切られ、運転者の警察官が反則金を支払う事態になっている。

 今回の写真では、パトカーの後方に交差点らしきものが見えるが、下関署では、交差点内などの法定駐車禁止場所ではないと取材に説明した。
それにもかかわらず、なぜ監視員が駐車違反のステッカーを貼ったかについては、
「道路交通規則の除外規定を理解していなかったのだと思います。
監視員の方には、規則などについて勉強してほしいと伝えました」と言っている。

パトカーに駐禁ステッカー 山口県警「駐車違反でない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000010-jct-soci

続きを読む

↑このページのトップヘ