メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

1 : 稲妻レッグラリアット(catv?)@\(^o^)/ [IL]:2017/03/28(火) 07:18:42.71 ID:KcB34Zy40

https://i1.wp.com/i.imgur.com/79RXbnb.jpg
栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場の雪崩に巻き込まれて亡くなった県立大田原高校1年、佐藤宏祐さん(16)=同県大田原市狭原=の父親(48)は28日未明、
家族のすすり泣く声が漏れる自宅前で取材に応じ、「何でも一生懸命真面目にやる子。後輩にも慕われていた」と言葉を詰まらせた。

 
 父親によると、27日、
雪崩現場にいた教員からの連絡でスキー場に急いだ。宏祐さんは既に無言のまま帰宅したという。

 同校などが参加した県高校体育連盟の春山登山講習初日の25日朝、学校まで車で送ったのが、
元気な姿を見た最後になった。目に涙を浮かべた父親は、この時に息子と交わした言葉が思い出せないといい、「それがつらい」と語った。 
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000008-jij-soci

続きを読む

1 : オリンピック予選スラム(茨城県)@\(^o^)/ [US]:2017/03/28(火) 07:27:09.76 ID:r8Pp16Yf0.net

https://i1.wp.com/ryukyushimpo.jp/archives/002/201703/07b52e23a66ba561cb9337abf2d06a8b.jpg
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り、沖縄県の翁長雄志知事に対する損害賠償請求に言及した菅義偉官房長官の発言に対し、
県内では「恫喝(どうかつ)だ」との批判が上がった。

行政行為によって生じた損害の賠償請求について定めた国家賠償法の手続きでは、個人に直接請求できる仕組みはなく、菅官房長官の法解釈に疑問の声も噴出。
米軍基地反対運動に携わる市民団体の代表らは「非常識で、焦りがうかがえる」と指摘し、翁長知事の埋め立て承認撤回を支持した。

ヘリ基地反対協の安次富浩共同代表(70)は「経済的な恫喝だ。この発言に集約されているように『何でもあり』というのが安倍政権の本質だ」と語る。
「県民の民意にそぐわない新基地建設を進めて来たのは政府の方だ。それを翁長知事に責任転嫁するつもりなのか」と指摘した。

平和市民連絡会の北上田毅さんは「官房長官の言葉とは思えないほど、非常識で恥ずかしい発言だ」と強調。
「これだけの発言をしないと沖縄を抑え付けられない、とする菅官房長官の焦りがうかがえる。県民の民意に基づいて翁長知事は『埋め立て承認の撤回』を明言した。ぜひとも踏み切ってほしい」と話した。

元裁判官でうるま市具志川九条の会共同代表の仲宗根勇さん(76)は
「重大な過失や故意がないと個人に対する賠償は認められない。3月いっぱいで岩礁破砕の許可が切れるが、漁業権の解釈を無理やり変え、違法な工事を強行しようとしているのは国の方だ」と指摘した。

一方で「埋め立て承認の取り消しを取り消した後、今ごろになって撤回となると、見方によっては職権の乱用と捉えられかねない。付け入る隙を与えた取り消しの取り消しはすべきではなかった」と話した。

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-468395.html

続きを読む

1 : ミッドナイトエクスプレス(埼玉県)@\(^o^)/ [CA]:2017/03/27(月) 23:24:56.80 ID:YmnPWCWW0.net

https://i1.wp.com/contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170327/2088118_201703270355166001490604713c.jpg
タレントの稲村亜美(21)が、27日発売の『週刊プレイボーイ』15号(集英社)のグラビアページに登場。スポーツ美女ではない、
“普通の女の子”としての等身大の魅力をビキニ姿で見せつけた。

【写真】その他の写真を見る

 稲村がテレビCMで豪快すぎる「神スイング」で話題になってから、早2年。これをきっかけに多数のプロ野球始球式に登場し、
『プロ野球ニュース』のキャスターやゴルフ番組のアシスタントなど、スポーツの分野をメインに大活躍してきた。

 『週プレ』のグラビアでも、そのアクティブなイメージを生かし、雨の中や炎天下など過酷な状況でバッドを振りますような、
アスリート的撮影に挑んできた稲村。しかし今回のグラビアでは、スポーツから離れた王道グラビアに挑戦し、
身長173・バスト86・ウエスト61・ヒップ88センチの超級ダイナマイトボディを大胆に披露した。

 “普通”の姿を開放した稲村は「やっとスポーツっぽくないグラビアを撮ってもらってすごく新鮮でした。
新しい私の新たな一面をみなさんに見てもらえたらうれしいです!」と仕上がりに自信を見せている。なお、
本誌に掲載しきれなかったアザーカット数十点で構成する電子写真集「週プレnet EX」(税込み1080円・閲覧可能期間7日間)も同時発売された。

大胆に胸の谷間全開でも何故かエロくない健康的グラビアの稲村
https://i1.wp.com/contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170327/2088118_201703270355283001490604713c.jpg
http://www.oricon.co.jp/news/2088118/full/

続きを読む

↑このページのトップヘ