メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

1 : ファイナルカット(東日本)@\(^o^)/:2016/09/25(日) 09:27:55.94 ID:5lFEyWd00

https://i1.wp.com/i.imgur.com/CQMAx7h.jpg 次々に新しいSKYACTIVテクノロジーを投入し、急回復を果たしたマツダ。デザインと走りにこだわったクルマ作りで既存のメーカーのクルマに
飽き足らない層の気持ちをガッチリとつかみ、国内販売も急伸した。

しかし、ここにきて潮目が変わったかのような状況だ。昨年の10月以来8カ月連続で前年割れが続いており、しかも今年5月は前年比62.1%という急減速。
全体では106.6%と好調なのにもかかわらず、だ。

マツダの勢いに陰りが出てきた理由は何か? 編集部が提示する「仮説」に対し、自動車評論家の渡辺陽一郎氏が回答するスタイルで検証してみたい。

【仮説1】マツダ車はライバル車よりも価格が高い?(渡辺陽一郎の見解)

マツダ車の車両価格は額面こそ高めにみえますが、多くの人が装備する進化型のマツダコネクト(通信型カーナビ)が比較的安く、また、
内装の上質感なども考慮すると決してライバル車に対して割高ではないと思います。ただ、そうした装備や質感にこだわらない人にとっては額面の
高さがそのまま影響しますので、高く思えるかもしれません。

【仮説2】魂動デザインが飽きられてきた?(渡辺陽一郎の見解)

飽きられてきたというよりも、マツダ車のデザインは明るさがないように思いますね。スポーティだしレベルも高いのでしょうが、すごく理屈っぽいんですよ。
デザイナーの方と話をしても、あまりにも哲学的すぎて何か重いものをユーザーに押しつけているように思えます。

【仮説3】一般ユーザーに魅力が伝わりにくい?(渡辺陽一郎の見解)

それは確かにそうですね。クルマ好きへのアピール力は高いのですが、不特定多数のユーザーにウケる要素、例えばリアシートやトランクの広さなど、
わかりやすい魅力に欠ける面があります。

【仮説4】クリーンディーゼル車の補助金が大幅に減額されたのが痛い?(渡辺陽一郎の見解)

例えばCX-3は13万円から5万1000円、CX-5は12万円から4万7000円になるなど減額されています。でも、この影響は限定的ではないでしょうか。

【仮説5】売れ筋ジャンルにクルマがない?(渡辺陽一郎の見解)

今の売れ筋でいうと、5ナンバークラスのミニバンとスズキソリオのような背の高いワゴンタイプのコンパクトカーはマツダにはありません。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49771

続きを読む

1 : カーフブランディング(やわらか銀行)@\(^o^)/:2016/09/25(日) 23:34:31.22 ID:UNdM8Qkf0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/iPbbFgx.jpg 「お前は客じゃない!」外資系企業の支配人がクレーマーを一喝 「お客様は神様」ではスタッフを守れない

とあるツイッターユーザーが同日、外資系企業の外国人支配人がクレーマーに取った対応についての記事をシェアし、ネットで話題になっている。

「このラインを越えたら客じゃない」欧米系支配人の考えに賞賛
シェアされた記事は元々、商業施設の運営コンサル会社、レジャーサービス研究所のブログに2010年3月に掲載されたもの。

記事では「現場のサービスの質が落ちたと言われる背景には『客の質が落ちた』という側面が多々ある」と指摘。外資系ショッピングセンターで、クレーマーからさんざんに責められている店員を見かけた際、欧米系の支配人がクレーマーに対して

「出ていけ!お前は客じゃない!」

とものすごい剣幕で言い放った様子を綴った。支配人は「スタッフはお前の奴隷じゃない、謝れ!」とまで言い、逆にクレーマーが謝っていたという。

http://blogos.com/article/191523/

続きを読む

1 : ファイナルカット(東日本)@\(^o^)/:2016/09/25(日) 09:10:24.78 ID:5lFEyWd00

https://i1.wp.com/i.imgur.com/X9RFDVH.jpg 値上げから一転、値下げに舵を切る小売り各社

機を見るに敏なのが、カジュアル衣料ユニクロを運営するファーストリテイリングである。かつて“デフレの勝ち組”と呼ばれたが、
アベノミクスで景気が回復してきたと見るや、いち早く脱デフレに軸足を移した。強気の値上げ策は失敗に終わった。
ユニクロは今年の春夏ものから価格戦略を転換、値下げを実施。ユニクロのウリだった値ごろ感を回復させるために、価格を値上げ前の水準に戻した。

家具チェーンのニトリホールディングスも同様だ。低価格帯の家具で人気を集め、デフレ下で業績を伸ばした“デフレの勝ち組”だった。
ランタン銀座など都心部に出店攻勢をかけ、低価格路線で客を集める郊外型専門店というイメージからの脱皮を図ってきた。
中価格帯の商品の売り上げが明らかに伸び悩んだことが原因だ。そのため、低価格路線に戻すことにしたわけだ。

スーパーマーケット各社は、幅広い品目を低価格で売るキャンペーンにカジを切った。ダイエーは9月1日から3カ月間、価格を安くする販売企画の
対象品目を1.6倍の330に増やした。

イタリアの有名なファッションブランドであるグッチや、フランスの宝飾品ブランドとして知られるカルティエは、8月に入り相次いで平均で7〜10%値下げした。

米ティファニーはペンダントなどの宝飾品を9月14日から平均4%値下げした。

■客単価が高いファミレスは明暗を分ける

14年10月、“ファミレスの雄”すかいらーくは再上場を果たした。主力業態のガストの既存店売上高は、今年に入ってから7月を除いて前年割れが続いている。
8月は客数が5.1%減、売上高は6.5%減と落ち込み幅が広がった。

ロイヤルホールディングスが運営する“ファミレスの元祖”ロイヤルホストも、既存店売上高は7月を除いてマイナスだ。

これに対して、低価格のイタリア料理のファミレスを展開するサイゼリヤは売り上げ、客数とも落ちていない。16年8月期通期の連結売上高は前期比6%増の
1474億円、営業利益は12%増の84億円、純利益は22%増の46億円の見込みだ。

デフレに逆戻りして新たな“デフレの勝ち組”が誕生した。「280円均一」(税別)の焼き鳥チェーンを展開している鳥貴族だ。

http://biz-journal.jp/2016/09/post_16734.html

続きを読む

↑このページのトップヘ