メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

1 : 男色ドライバー(大阪府)@\(^o^)/ [AR]:2016/12/08(木) 14:59:17.15 ID:gfdtxN2m0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/7wJ5H5B.jpg http://point-g.rakuten.co.jp/mail/kuji_campaign/

楽天スーパーポイント10,000ポイント 3本
楽天スーパーポイント1,000ポイント 30本
楽天スーパーポイント100ポイント 300本
楽天スーパーポイント10ポイント 3,000本
楽天スーパーポイント10,000ポイント 30,000本     ←ここ


ステップ1のエントリーしたあとで放置すると画面が切り替わってスロット式のくじの画面になるのでそれをクリック
そうするとくじの結果がわかる

続きを読む

1 : キドクラッチ(SB-iPhone)@\(^o^)/ [CN]:2016/12/08(木) 12:07:43.89 ID:bAAJqjiE0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/G5nlcQQ.jpg http://yoshinori-kobayashi.com/11960/
2016.12.07(水)
愛国者の「おきれいごと」

曽野綾子が産経新聞で「欧米の反『PC』潮流」を皮肉り、「おきれいごと」に愛想尽かした民衆、という文章を
書いていて笑った。 ならば「保育園落ちた、日本死ね」だって、愛国者の「おきれいごと」を破壊する本音ではないか!
保育園が見つからなければ働けない、働けなければ食っていけない、追い詰められた子を持つ母の悲鳴が「日本死ね」である。

言葉狩りすれば愛国心が育つわけではない。「日本死ね」は下品だと「おきれいごと」を言ったところで少子化は進む一方だ。
結局、愛国心があるのは「日本死ね」と絶叫する子育て中の母親にあるのであって、「日本死ね」は許さぬという「言葉狩り」する連中にはない。

曽野綾子も「日本死ね」を批判していたが、自称保守や政権は、女性活躍社会と言ってみたり、専業主婦が伝統だと
言ってみたり、何が少子化を食い止める政策であり、言葉なのか、真面目に考えてみたことがないのだろう。
「おきれいごと」はリベラルの専売特許でもない。自称保守、自称愛国者の専売特許でもあることに気づけ!

続きを読む

1 : かかと落とし(千葉県)@\(^o^)/ [GB]:2016/12/08(木) 07:45:49.08 ID:jmtyMh+90

https://i1.wp.com/livedoor.blogimg.jp/motersound/imgs/0/3/03ecf777.jpg 次期型スズキ スイフト、リーク画像によりその姿が露わに!!

https://i1.wp.com/livedoor.blogimg.jp/motersound/imgs/0/9/0931cee2.jpg
https://i1.wp.com/livedoor.blogimg.jp/motersound/imgs/4/6/4675da92.jpg
https://i1.wp.com/livedoor.blogimg.jp/motersound/imgs/f/3/f32daa12.jpg
https://i1.wp.com/livedoor.blogimg.jp/motersound/imgs/0/6/06ecd4c0.jpg
https://i1.wp.com/livedoor.blogimg.jp/motersound/imgs/8/d/8dd1f652.jpg
https://i1.wp.com/livedoor.blogimg.jp/motersound/imgs/0/e/0ec0d0c6.jpg

来年3月の2017 ジュネーブモーターショーでのデビューが期待されているこの新型スイフトは、現行モデルよりも僅かにボディサイズを拡大し、
より広く快適な室内空間を得る一方で、効率性やハンドリング性能を向上すべく、"Suzuki Baleno"から採用されているブランド最新のプラットフォームを
基盤とした上で軽量素材を多用することによって、車体の軽量化を図るなどの進化を遂げると言われている。


パワートレインについては、排気量1.0L 3気筒ターボエンジン"Boosterjet"や排気量1.2L 4気筒エンジン"Dualjet"などを標準モデルに、
スポーツモデルの"Suzuki Swift Sport"には排気量1.4L 4気筒ターボエンジン"Boostjet"を搭載するものと予想されている。

http://blog.livedoor.jp/motersound/51980765

続きを読む

↑このページのトップヘ