メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

2018年09月

1 :名無しさん@涙目です。:2018/09/30(日) 13:22:42.16 ID:nGLa+nIs0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif 愛知県豊田市浄水町の「浄水ひかりこども園」の近隣住民ら4人が、園児らの騒音により健康被害を
受けたなどとして、運営する社会福祉法人「正紀会」に防音設備の設置と計600万円の損害賠償を
求めた訴訟の判決が28日、名古屋地裁岡崎支部であり、長谷川恭弘裁判長は「幼児の声は必ずしも
不快な音ではない」などと、請求をいずれも棄却する判決を言い渡した。

 住民側は、こども園の騒音は基準を大幅に上回っており、受忍限度を超えていると主張。統合失調症や
うつ病を発症したり、作業に集中できず業務が遅れたりするなどの被害を受けたと訴えていた。

 判決で長谷川裁判長は、「幼児が声を発することや遊具などを使って遊ぶこと、集団生活を
経験することは、発育に不可欠。誰もがこのような時期を経て成長していくものである」と指摘。

 園が運営開始前に周辺の住民に対して説明会を開かなかったことなど、園の対応に「問題がなかったは
いえない」としたが、騒音の測定結果をもとに、「こども園の音が一般社会生活上、大きいものであると
評価することはできず、不快な音であるともいえない」と結論づけた。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180929-OYT1T50016.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/09/30(日) 15:22:05.72 ID:nGLa+nIs0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif  立憲民主党は29日、昨年10月の結党後初めての党大会を、東京都内で開いた。支持者が
親しみを持って参加できるように「立憲フェス2018」と銘打った。30日まで行われ、2日目は
今後1年間の活動方針を採択。原発ゼロをテーマにした討論会や、枝野幸男代表ら幹部が
参加して今後の党の在り方を議論するイベントも開催する。

 枝野氏は党大会冒頭のあいさつで、安倍政権と厳しく対峙している現状を踏まえ「この国に、
まっとうな政治を取り戻すために、みんなで心を合わせていきたい。国民からは『次は政権を
担え』との責任が課せられている」と述べ、政権交代への意欲を示した。
https://www.daily.co.jp/society/politics/2018/09/29/0011686913.shtml

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/09/30(日) 16:06:09.58 ID:q60iBiPi0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/pc3.gif 「スマートフォンゲームは今、レッドオーシャンを超えたブラックオーシャンになっている。新規タイトル(作品)を出してもすぐに消えてしまう」

大ヒットゲーム『パズル&ドラゴンズ』を手掛けるスマホゲーム大手ガンホー・オンライン・エンターテイメントの森下一喜社長は、7月末の決算説明会で、
スマホゲーム市場の厳しさをそう表現した。

主要企業の7割は減益・赤字に

森下氏は数年前から同様の発言を繰り返してきたが、いよいよスマホゲーム市場の“ブラック化”が本格化してきた。それを象徴するのが、
スマホゲームを展開する主要24社の直近四半期(3カ月間)の業績である。全体の75%にあたる18社が前年同期比で減益、もしくは赤字となった。

https://i1.wp.com/tk.ismcdn.jp/mwimgs/f/7/1040/img_f70833a80a7cabf453818bb9ff08dc4c466570.jpg

一方で増益となった6社は、新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が牽引する任天堂や、家庭用ゲーム機向けソフト『モンスターハンター:ワールド』が
ヒットしたカプコンなど、スマホゲームへの依存率の低い会社が大半だ。

スマホゲームが苦戦する背景には、市場が成熟したことがある。2012年に話題となった『パズドラ』の空前の大ヒットから約6年半が経過。
右肩上がりで1兆円規模に成長したスマホゲーム市場の成長は鈍化傾向にある。新作のヒットが出にくくなり、開発コストは右肩上がりで上昇。
結果、各社のスマホゲーム事業の採算が悪化しているのだ。

四半期ごとの国内ゲームアプリ消費額を見ると、2018年4〜6月は3410億円。前年同期比約7%増と成長は続いているが、10%を軽く超える成長率を
示していた数年前と比較すれば、勢いは落ち着きつつある。

直近1年間の消費総額は約1兆4000億円。単純計算で日本人1人当たり年間1万円以上消費していることになる。スマホ自体の普及もおおむね一巡した。
今後の成長に対する懸念は高まっている。

個別タイトル同士の競争も激しさを増している。今年7月時点の国内スマホゲーム売り上げランキングのトップ30を配信日順に並べると、
スマホゲーム市場が立ち上がって以降の大まかな傾向が見て取れる。

全文
https://toyokeizai.net/articles/-/240051

続きを読む

↑このページのトップヘ