メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

2018年10月

1 :名無しさん@涙目です。:2018/10/30(火) 18:49:08.35 ID:6+iUCe4a0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/premium/1372182.gif メルカリに「甲子園の土」 運営側、出品禁止せず
2018年8月17日 10:47

個人間で品物を売買するフリーマーケットアプリ「メルカリ」に、「甲子園の土」の出品が相次いでいることが17日、
分かった。高校野球の甲子園大会で敗れた球児が持ち帰る記念の品がインターネット上で売買され、物議を醸している。アプリ運営会社は「規定には違反しておらず、出品は禁止していない」としている。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO34254370X10C18A8CC1000

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/10/30(火) 21:45:01.69 ID:fC8qeRin0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 韓国事情に精通するジャーナリスト、室谷克実氏は「韓国最高裁から
『個人請求権は、韓国政府に請求しなくてはならない』という正論が出てくる可能性も1割ぐらいはある。
韓国の裁判官は法律よりも、自分たちの立場を重視している。異常な判決を出せば、
世界に『韓国の裁判官は国際法を知らない』と知らしめることになるからだ」と分析する。
だが、異常判決が出たら、日本はどう対抗すべきか。

室谷氏は「国際司法裁判所に提訴すると同時に、独自の経済制裁プログラムを発表するべきだ。
一般的に、韓国人が嫌がるのは『日本への入国制限』だ。
ビザを復活するとともに、入国審査の厳格化を進めれば、韓国は大いに慌てるだろう」と話している。
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181030/soc1810300005-n3.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/10/30(火) 22:27:32.19 ID:ZeWv7fl20

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/imanouchi_2.gif
期間工の給与明細を一挙公開、工場で1年間働くとこれだけ稼ぐことができる

(省略)

◆給与明細
工場の勤務は8時間を基本として残業。働き始めた頃は繁忙期だったようで、毎日1時間程度の残業がありました。
その月の生産計画台数によって残業は変わります。今はそんなに忙しくないので残業も控えめです。基本は週5日労働。
しかし、これも台風や部品欠品で丸1日ラインが稼働しなくなると、別の週の土曜日に埋め合わせとして休日出勤(休出)が発生します。残業も休出も割増賃金になります。
また、1週間ごと日勤と夜勤が入れ替わります。夜勤時の深夜労働は割増賃金です。
日勤のときは朝4時頃に起床、夜10時頃に就寝で、夜勤のときは朝5時頃に就寝、昼11時頃に起床しています。
働き始めて1年以上経ちましたが、無遅刻無欠勤を続けています。

(省略)

◆1年間の総支給額
9月:30万6978円
10月:39万8659円
11月:47万5029円
12月:40万3236円
01月:28万2345円
02月:37万4262円
03月:33万533円
04月:28万5288円
05月:31万3350円
06月:29万9306円
07月:29万5732円
08月:77万6450円

12ヶ月分の給与明細の総支給額を合わせると454万1168円となりました。

しかし、寮費補助があるので、1万7000円×12ヶ月の20万4000円分は額面だけ多くなっています。
実はお世話になっている派遣会社にはもう一つの給与体系があって、そちらは時給が高い代わりに慰労金などの手当はなし。
でも、寮費が無料という話なので向こうのほうが稼げるのではないかという疑念があります。
「何とかなりませんか」とクレームはいれましたが「何ともなりません」という回答しか引き出せず、かといって転職も難しいので深く考えないようにしています。
こういうことが予想できたので、働き始める前は派遣ではなく直接雇用を狙っていました。


(以下略)
https://gigazine.net/news/20181028-seasonal-factory-worker-payslip/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/10/30(火) 08:15:04.35 ID:Oq+JMm750

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 「進撃の巨人」ハリウッドで実写映画化
10/30(火) 8:06配信



 「別冊少年マガジン」(講談社)で連載中の人気漫画「進撃の巨人」がハリウッドで実写映画化されることが30日、分かった。講談社の公式サイトで発表された。

 監督は「MAMA」「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」のアンディ・ムスキエティ氏。プロデューサーは「ハリー・ポッター」シリーズのデイビッド・ヘイマン氏、「HEROES/ヒーローズ」の出演でも知られるマシ・オカ、監督の姉であるバルバラ・ムスキエティ氏の3名が務める。

 製作・配給はワーナー・ブラザース。制作は「ハリー・ポッター」シリーズのヘイデイ・フィルムズに決定している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000070-spnannex-ent

続きを読む

↑このページのトップヘ