メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

2019年02月

1 :名無しさん@涙目です。:2019/02/27(水) 14:10:02.34 ID:VYbElBUc0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/boruzyoa.gif 「ねじ不足」でラグビーW杯ピンチ!?人手不足に次ぐ建設業界の受難
2019.2.27

今秋開催されるラグビーワールドカップで会場の一つとなる「えがお健康スタジアム」(熊本市)で、
大型ビジョンの鉄骨土台の建設が止まっている。原因は業界が「まさか足りなくなるわけがない」と
思っていた小さな部材、ねじにある。

橋や高層ビル、細長いオフィスビルなどの鉄骨をつなぐ鉄鋼製の高力(ハイテンション)ボルト
と呼ばれるねじの不足が、全国各所で工事を遅延させているのだ。

不足は昨夏ごろから始まった。10〜11月時点では、高力ボルトを扱う会社の8割以上で
工期に影響が出ていた(国土交通省の調査)。そこで、年末に国交省が買いだめを控えるよう
業界に要請したが、改善に時間がかかっている。

国内にはボルトメーカーが十数社あり、商社や問屋を通してゼネコンに供給される。
平時では、先々の分を注文する方法と、問屋が持つ在庫を供給するルートがあるが、
後者の在庫がなくなっている。本来は発注から1ヵ月半程度で届くはずが、
半年近く待たされるケースも出ているのだ。
(中略)
不足の背景は、東京オリンピック・パラリンピックの関連工事や、
都市部を中心とした再開発の増加で鉄骨の需要が高まったことにある。
「建設用に加工する鉄鋼全体が、約2年前から不足している」(鉄鋼大手の社員)のだが、
なぜ、こと高力ボルトで問題が深刻なのか。

建設業界の人手不足に対処すべく行われた建設の工法変更が不足に拍車を掛けたからである。

コンクリートを流し込むための型枠を作る職人が足りないため、柱や梁など建物の骨組みの製作は、
コンクリートを鉄筋で補強した構造材を使う鉄筋コンクリート(RC)造りから、
鉄骨(S)造りに変え、工期短縮を図るケースが増えている。これが裏目に出た。
S造にすると、高力ボルトが必要になる。その需要増に対応し切れなくなったのだ。

(中略)
職人不足が元になった部材の不足は、鉄の表面を覆う耐火被膜でも同様に起きている。
建設投資は2010年を底に増加しているが、1992年をピークに“失われた18年間”で
他業界に人材が流出し、若手の採用を絞ったことは業界の大きな痛手となっている。

https://diamond.jp/articles/-/195128

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2019/02/27(水) 15:29:38.28 ID:H7blNJvV0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif

このほどトルコから、クラスメートらの水筒に糊を混入した9歳男児のニュースが届いた。
男児は普段からいじめを受けており、「その仕返しにやった」と話しているという。『Mirror』などが伝えた。
https://i1.wp.com/image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/a/fa6f5_196_9f62138c_682d7de5.jpg
トルコ北西部ブルサ県ユルドゥルム(Yildirim)にある小学校で、
クラスメート25人の児童らの具合が急に悪くなるという出来事が起こり、救急車が駆けつけた。

クラスメートらの水筒の中に液状の糊を混入したのは、同じクラスの9歳男児(名は非公開)で、
彼は他の児童らが体育の授業で外に出ていた間に教室へ忍び込み、クラスメート全員の水筒の蓋を開けて糊を流し込み、再び蓋を閉じた。

体育の授業が終わり、喉が渇いた児童らは教室に戻り水筒の水を飲んだが、その後具合が悪くなった。
学校は救急車を要請し、親らに連絡。児童らは「Bursa Training and Research Hospital(ブルサトレーニング&リサーチ病院)へ搬送され検査を受けたが、
幸いにも大事に至らず、病院のスポークスマンによると「どの児童も深刻な状態ではなく、検査後まもなくして帰宅した」とのことだ。

クラスメート全員の水筒に糊を入れた男児は、「自分をいじめていたクラスメートらに仕返しした」と教師に話したという。
その後、教育関係者らがこの件を捜査しているか否かは明らかになっていない。
また、トルコの法律では14歳以上が罪に問われるため、この件に関して警察が関与することはないとみられている。
http://news.livedoor.com/article/detail/16074156/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2019/02/27(水) 10:32:48.07 ID:+72nFHgw0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/folder1_03.gif 大阪・新世界のパチンコ店で男性刺される 店内は騒然
2019年2月27日01時24分

26日午後9時40分ごろ、大阪市浪速区恵美須東3丁目の「MEGAドン・キホーテ 新世界店」の
男性店員から「包丁を持った男が店内を徘徊(はいかい)している」と110番通報があった。

浪速署員が駆けつけると、1階のパチンコ店「マルハン新世界店」で男性(53)が血を流して倒れていた。
署は、刃物を持って近くにいた男が関与を認めたなどとして、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、発表した。

署によると、男性は腹部など数カ所を刺され、病院に搬送された。意識はあるという。

逮捕された男は同市西成区、無職納(おさめ)泰夫(やすお)容疑者(51)。
逮捕容疑は26日午後9時45分ごろ、パチンコ店内にいた男性を包丁で刺して殺害しようとしたというもの。
納容疑者は容疑を認めているといい、署で詳しい事情を聴いている。

現場は通天閣の南約280メートルの繁華街にあり、2階がドン・キホーテ、1階がパチンコ店。
納容疑者は2階で包丁を持っている姿が目撃された後、1階で事件が起きたといい、
署は経緯や包丁の入手先を調べている。店内は営業中で、周囲は一時騒然となった。

https://www.asahi.com/articles/ASM2W04M9M2VPTIL029.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2019/02/28(木) 10:25:30.14 ID:ycyfEwNs0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif 「10分どん兵衛」を応援した日清の機転

失敗を成功に変えるには、なにが必要なのか。神戸大学大学院の栗木契教授が、マーケティングにおける「失敗→成功」の事例を検証したところ、
代表例として浮かび上がったのが日清食品の「10分どん兵衛」だった——。
■どん兵衛の売上が前年比1.5倍になったワケ
読者のみなさんは「10分どん兵衛」という言葉をご存じだろうか。

きっかけは、2015年に芸人のマキタスポーツ氏がラジオで、「(カップ麺の)どん兵衛は10分待って食べるとおいしい」と発言し、SNSで話題になったことだった。
これまで日清食品がパッケージなどで推奨してきた待ち時間は「5分」であり、それよりおいしい食べ方があったのであれば、
食品会社としてはたいへんな失敗である。

日清食品はこの事態にすばやく反応して、「5分でお客様においしさを届けることに縛られすぎていて 世の中の多様性を見抜けていなかったことを
深く反省しております」とのお詫び文をホームページに掲載した。SNSでの話題はさらに広がり、「日清のどん兵衛 きつねうどん」の売り上げは
前年比1.5倍になった。失敗もうまく使えば、マーケティング上の大きな成果につながる。

https://i1.wp.com/image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/3/33594_1238_745d88ce7bd1be68241bc2e742860a75.jpg

気をつけていても失敗は起こる。だが慌ててはいけない。起きてしまった失敗には、真摯に向き合い、対策を重ねる。そうすれば、
その後のマーケティング活動は確実に高度化する。

いやその前に、気を落ち着けて、考えてみるべきことがある。マーケティング活動の組み立てを見直せば、失敗に見えていた
活動が別のところで大きな価値を生み出すかもしれないのだ。

マキタスポーツ
https://i1.wp.com/dot.asahi.com/S2000/upload/2018110200025_1.jpg
http://news.livedoor.com/article/detail/16087138/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2019/02/27(水) 21:10:15.42 ID:l+CeN//u0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif 生まれつき茶髪なのに「黒髪に染めろ」と言ってきたり、下着の色を指定してきたりと、「ブラック校則」がここ最近話題です。

そして先日ツイッターで大きな話題となったのは、現役の中学3年生だという投稿者による「中学校でのタイツ禁止が辛い」というツイート。

彼女の通う中学校では、学校のルールとして、どれだけ寒い日でも制服のスカートの下にタイツを履いてはいけないのだとか。

彼女のツイートには「自分の学校もそうだった」「意味がわからない」「健康被害が出る危険性が高まる」などさまざまな声があがっています。

【彼女だけじゃない!? 昔からあったタイツ禁止のルール】
意外にも「タイツ禁止」の学校は多いみたいで……わがPouch編集部にも同じ経験をした人がいました!

「私もマイナス5度の通学でタイツ禁止でした(※長野県出身)。
くるぶしほどのソックスじゃないとダメと言われ、髪の毛が凍る中、必死に5km以上の自転車通学。
スカートの丈はひざ下で長めではあるものの、スカート内にどんどん冷たい風(または雪)が入ってきて、
生理中はお腹がどんどん痛くなるし、具合が悪くなる友達もいました。

そんなに先生達は生足がいいのか? 見たいのか? それならスカートで通学してみてくれよ、すっごく寒いから! ってずっと思っていました。」

【どう思う?】寒い冬、女子生徒に「タイツ禁止!」と言う学校が話題に / 「意味がわからない」「自分もそうだった」などの声があがっています
https://i1.wp.com/news.biglobe.ne.jp/trend/0227/6796752335/00_pp58_pp.jpg.jpg
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0227/pou_190227_6796752335.html

続きを読む

↑このページのトップヘ