メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

2019年08月

1 ::2019/08/31(土) 17:32:31.18 ID:WEzRJCgT0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/1fu.gif https://i1.wp.com/livedoor.blogimg.jp/kaikaihanno/imgs/7/4/74b710fb.jpg

ハリー・ハリス駐韓米国大使が29日、在郷軍人会(以下、郷軍)など、当初予定された公開行事の出席日程を取り消し、
米国のハンバーガーフランチャイズの開店式に出席したことが確認された。
30日、駐韓米大使館などによると、ハリス大使は、前日午後1時頃から約1時間の間、鍾路区公平洞に位置する
シェイクシャック鐘閣店の開店式に出席した。
ハリス大使も、当日、ツイッターに「シェイクシャックは、米国品種”アンガス牛肉(Angus beef)”100%で作る偉大な米国ブランド」と強調し、
ハンバーガーを食べている写真で開店式に出席したことを直接、確認した。
ハリス大使が米企業関連の行事に出席したのは、以前にもあったが、この日のシェイクシャック開店式の
出席が目を引くのは、これに先立ち午前に参加する予定だった
安保テーマの行事を相次いでキャンセルした中、電撃的に行われたためだ。
ハリス大使は当初、同日午前11時、龍山区の戦争記念館で開かれた郷軍行事で「韓半島の安保情勢と韓米同盟の強化」を
テーマに講演を行う予定だったが、前日、突然キャンセルした。また、これに先立ち、午前9時30分から
出席する予定だった対外経済政策研究院(KIEP)主催「DMZ平和経済国際フォーラム」の開幕式も相次いでキャンセルした。
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/55771388.html

続きを読む

1 ::2019/08/31(土) 14:56:43.15 ID:vqVh+UZu0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 朝日新聞が中国製を「日本製」と偽装する実態を告発する「追跡 メイド・イン・ジャパン」公開へ


中国で量産される完成品 「刻印は入れるなと言われた」
追跡メイドインジャパン
https://www.asahi.com/special/mij/

続きを読む

1 ::2019/08/31(土) 15:23:52.77 ID:okEBJuds0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 動画
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1166381296697794560/pu/vid/720x1280/UWWfrDmm-yF_T4in.mp4
手にはエルメス
https://i1.wp.com/i.imgur.com/WPHVt2q.jpg


中国若者の消費スタイル、まるで米国人

 欧米諸国のエコノミストらは以前から、中国経済が持続的に成長するためには米国のような消費スタイルを持つ人々が必要だと指摘してきた。そして今、そうした消費者層が中国にも現れた。若者たちだ。

 上の世代の人たちは、社会のセーフティーネットが弱い環境下で経済的混乱期を生きてきたため、質素な倹約家だった。
しかし、1990〜2009年に生まれた3億3000万人以上の中国人の生活様式は、ずっと米国人に近い。電子機器の購入や娯楽、旅行にお金をつぎこむ。

 こうした自由気ままな消費は、経済状況が厳...


https://jp.wsj.com/articles/SB12600967349057934523104585519262808692230

続きを読む

1 ::2019/08/31(土) 13:29:02.92 ID:zqhiecKk0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 中国人の「京アニを助けたい」を信用できない日本人の残念さ

京アニ放火事件直後から、多くの中国人が「京アニの力になりたい」と語ってきた。しかし過去、中国人とのビジネスで苦い思いをしたり、爆買い観光客の行儀の悪さを目の当たりにした日本人たちからは
「京アニを利用して金もうけをたくらんでいるのか」との声も上がる。中国でコンテンツビジネスを手がけてきた立場から言わせていただくと、非常に残念な考え方である。(アジアピクチャーズエンタテインメント社長 寺田 元)

放火事件当日から殺到した

「京アニを助けたい」という声
 京アニ放火事件が起きた7月18日、私のところに中国人から多くの連絡がきた。例をいくつか挙げよう。

 中国の某大手映画会社——「京アニの力になりたい」
 中国の某大手配給会社——「何かできることはないか」
 中国の制作会社——「なるべく高い金額でコンテンツを買い、寄付をしたい」

 日本の皆さんは、すぐには理解できないかもしれない。「京アニの事件を利用して金もうけをたくらんでいるに違いない」と思うかもしれない。しかし私は、「そうではない」と断言したい。

 中国でのコンテンツビジネスを手がけている私からすれば、彼らは正しいと思うことをしようとしているだけだ。では、なぜ京アニを助けることが、彼らにとって正しいことなのか。

 実は今の中国の大人たちは皆、子ども時代に日本のアニメを見て育ったのだ。当時は残念ながら海賊版だったが。
しかしそのことが余計に、日本のアニメへの強い憧れとなった。それが今の中国のアニメ業界の土台となっている。日本のアニメには高い尊敬の念を持っているのだ。

 これは今年、中国でリバイバル上映されたアニメ映画「千と千尋の神隠し」が興収約77億円を超えていることからも明らかだ。
名前は出せないが、ほかにも日本の過去の有名アニメを中国で上映したいというオファーが、私のもとにたくさんきている。

 中国人の日本のアニメへの憧れをあらわす例をもう1つ挙げると、中国企業による日本アニメスタジオの買収だ。
大手ではなく小さな制作会社だが、少しずつ買収されている。買収という言葉のイメージがあまりよくないかもしれないが、要はそれだけ好きだということだ。

 そんな憧れの日本アニメの制作スタジオが不幸な事故に巻き込まれたのだから、中国人としては何かできることをしたいという思いが自然と湧いてくるのだ。

中国人は信用ならないという
イメージは嘘である

 日本人が中国人に持つのは、爆買いの行列のイメージや、順番待ちを守らないイメージだろう。しかし真実は、少し違うのだ。この際に私が知っている中国人の本当の姿をここに伝えたいと思う。

 今の中国経済の中枢をつくっている人たちは、当然ながら爆買いをする旅行者ではない。北京、上海、深センなどで企業に属するビジネスマンたちである。
しかし、あまり日本のメディアに出てくることはない。だから日本人は、その本当の姿を知らないだろう。

続く
https://diamond.jp/articles/-/213170?page=2

続きを読む

1 ::2019/08/31(土) 12:29:03.73 ID:y5uDsnUR0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/ps3.gif ‪京アニ放火事件、25人の身元公表 全犠牲者明らかに:朝日新聞デジタル

京都アニメーション第1スタジオで7月18日に起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、犠牲になった35人のうち25人の身元を公表した。
府警は今月2日に亡くなった10人の身元を公表しており、事件発生から40日を経て、犠牲者全員の氏名が公表された。
府警によると、公表された25人は、京都府や大阪府、奈良県に住む21〜49歳の男性8人と女性17人。
京アニの人気アニメ「涼宮(すずみや)ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」や「響け!ユーフォニアム」で、原作の小説から、アニメのキャラクターを描いた寺脇(池田)晶子さん(44)も含まれていた。
寺脇さんは京アニの取締役の一人でもあった。

事件発生から犠牲者全員の身元公表まで時間がかかった理由について、府警の西山亮二捜査1課長は「被害者のご遺族と実名公表に反対しておられる会社側の意向を丁寧に聞き取りつつ、
葬儀の実施状況を考慮し、公表の方法とタイミングを慎重に検討を進めた結果」と説明した。すべての犠牲者の葬儀が終了しているという。
府警は、25人のうち5人の遺族からは実名公表への承諾を得られたが、20人の遺族は拒否の意向だったと説明している。
そうした状況で、実名公表した理由について、西山捜査1課長は「事件の重大性、公益性から実名を提供すべきだと判断した。報道機関や一般の方も非常に関心が高く、
身元を匿名にするといろんな臆測も広がり、間違ったプロフィールも流れる。亡くなった方の名誉が著しく傷つけられる」と話した。

 身元の公表を巡って、京アニ側は先月22日、府警に対し、「プライバシーが侵害され、ご遺族が甚大な被害を受ける可能性がある」として実名公表を控えるよう要望。京アニの代理人は27日、
「度重なる要請や一部ご遺族の意向にかかわらず、実名が公表されたことは大変遺憾」とコメントした。

中略

朝日新聞は事件報道に際して実名で報じることを原則としています。
犠牲者の方々のプライバシーに配慮しながらも、お一人お一人の尊い命が奪われた重い現実を共有するためには、実名による報道が必要だと考えています。
https://www.asahi.com/articles/ASM8W56V2M8WPTIL00X.html‬

続きを読む

↑このページのトップヘ