メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 経済

1 :名無しさん@涙目です。:2018/05/13(日) 21:34:42.74 ID:ybPTxGzE0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif カードやモバイル決済、Eコマース等の普及によってキャッシュレス化が進む現代。どんどん便利になっていく…と思いきや、人によっては「現金払いではないからこそ」の不便さを感じる時もあるらしい。

■混雑してるのにわざわざ署名
投稿者はクレカでの支払い時に署名を求められることに不満を持っている人物。「レジ前に行列が出来てて、混雑してる状態で、わざわざ署名させて、無駄な時間を浪費させないで欲しい」と考えているようで、うんざりした結果、最近ではSuicaで支払っているのだとか。

たしかに名前を書く書かないでかかる時間はそれなりに変わってくるだろうし、それが何人も続くと行列の原因にすらなり得るだろう。


https://sirabee.com/2018/05/13/20161619313/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/05/17(木) 09:31:22.68 ID:w/YR16hT0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif お笑い芸人・平野ノラのブレイクにより、再び注目を集めているバブル時代の文化。バブル時代をほうふつとさせるヘアメイクや流行語、
アイテムはもちろん、当時はやっていた音楽も注目したいところ。
そこで今回は、バブル時代を思い出す楽曲について探ってみました。

1位ダンシング・ヒーロー(Eat You Up) 荻野目洋子 169票
https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51yfugdlKgL._SL160_.jpg
2位六本木心中 アン・ルイス 156票
https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31xp6PuVCwL._SL160_.jpg
3位ラブ・ストーリーは突然に 小田和正 153票
https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41y27IDrypL._SL160_.jpg
4位浪漫飛行 米米CLUB 141票
https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/617bLlqw6nL._SL160_.jpg
5位CHA-CHA-CHA 石井明美 134票
https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51qCJn2OHXL._SL160_.jpg
6位愛は勝つ KAN 123票
https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41ek0EkmMKL._SL160_.jpg
7位おどるポンポコリン B.B.クィーンズ 110票
https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/6100IsCLlTL._SL160_.jpg
9位1986年のマリリン 本田美奈子.(故人) 94票
https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Mttzts1sL._SL160_.jpg
10位愛が止まらない〜Turn It Into Love〜 Wink 89票
https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51ZdGqWKvNL._SL160_.jpg

11位WON'T BE LONG バブルガム・ブラザーズ 83票
11位Runner 爆風スランプ 83票
13位今すぐKiss Me LINDBERG 75票
14位Choo Choo TRAIN ZOO 67票
14位会いたい 沢田知可子 67票
14位男と女のラブゲーム 日野美歌&葵司朗など 67票
17位MUGO・ん・・・色っぽい 工藤静香 63票

https://ranking.goo.ne.jp/column/5139/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/05/13(日) 21:12:39.04 ID:aZp2FQ530

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif ”助けてください” こぼれ落ちた女性たち
あるSNSのアカウントには、救いを求める女性たちから次々とメッセージが寄せられています。
毎日を乗り切るのに必死で、心も体もボロボロで、そんな彼女たちが最後の最後に振り絞った”SOS”。行政の支援からはこぼれ落ち、助け合うはずの家族には足を引っ張られ…。
彼女たちは追い詰められていました。

そこは熊本市東区にある女性の支援団体でした。代表の佐藤彩己子さん(65)にはほぼ毎日、手紙やSNSで”助けて”というメッセージが寄せられているといいます。

佐藤さんにメッセージの送り主を聞いてみると、そのほとんどが、シングルマザーたちからだというのです。
お米を買うことを断念も
こうした”SOS”は熊本地震のあとから急増しているといいます。

佐藤さんが、特に驚いたのが、日々の食事もままならないシングルマザーたちが少なくないことでした。
家計を切り詰めるため、お米を買うことさえもあきらめてしまうという人までいました。

こうした状況に危機感を強めた佐藤さんは、シングルマザー向けの食糧支援を始めます。
全国の会社や福祉団体などから集めた米や野菜、それにレトルトカレーなどを段ボールいっぱいに積み込んで毎月、支援が必要な人たちに送っています。
セーフティーネットからもこぼれ落ちた
彼女たちは、なぜ、そこまで追い込まれてしまったのか。
佐藤さんが支援しているシングルマザーのひとりに話を聞くことができました。

幼い息子を育てているマキさん(仮名20代)。熊本地震の影響で仕事を失い、収入は児童手当など月に数万円ほどになってしまいました。
食費を節約するため、小麦粉を水でのばしたものを2歳の息子と分け合って空腹をしのぐほど、生活は困窮したといいます。

どうして? なぜ? 頭にいくつもの疑問が浮かびました。

「実家には頼れないんですか?」。私がそう尋ねると、彼女は言いづらそうに答えました。

「両親とは同居していましたが、あまり働いてくれなくて、逆に私の手当からお金を取っていってしまうんです」

マキさんは親に頼るどころか、逆に経済的に依存される状況だったのです。それでもなんとか再就職先を見つけましたが、今度は息子が病気がちになり、看護のため仕事を辞めざるをえなくなりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180511/k10011435091000.html?utm_int=news_contents_netnewsup_001

続きを読む

↑このページのトップヘ