メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 経済

1 : キドクラッチ(東日本)@\(^o^)/ [US]:2017/03/13(月) 10:17:17.05 ID:HYHcAcCC0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Cv4bOp1.jpg 給付型奨学金については、こんな意見も浮かび上がる。

「Fランク大学に入る学生に返さなくても良い奨学金をやっても無駄だ」

Fランクを「不合格者が少なすぎる」「偏差値が低い」などと、生やさしい表現は止めよう。受ければ誰でも入れる大学だ。
日本には781校(国立:86 公立:92 私立:603)の大学があるが、そのうちFランクは、河合塾のボーダーラインによるとざっと言って、
日本の大学の60%である。

問題があるのはFランク大学の方である。利子付きの奨学金であろうが、何だろうが、それらを、学生を通して収入として受け取っているのが
大学側だからである。悪い言い方をすれば学生はカネづるなのだ。

「カネさえ貰えれば、入学もできるし、卒業もできる。ウチの大学はそれで良いのだ」

ということに他ならない。文科省から補助金(税金)も出ている。こういう大学が多すぎるのではないか。もちろん「そうではない」と
反論する大学関係者は多いだろう。「それをしなければ、大学がつぶれてしまいます」という大学もあるだろう。実際つぶれる大学もある。

http://blogos.com/article/213549/

続きを読む

1 : ミッドナイトエクスプレス(東日本)@\(^o^)/ [JP]:2017/03/11(土) 05:36:46.52 ID:D0QEOTX70

https://i1.wp.com/i.imgur.com/iH0Vjfw.jpg 日韓スワップ交渉「凍結状態」 政治不安で協議再開の糸口見えず

韓国の朴槿恵大統領の罷免が決定し、同国の政界は新たな局面に入るが、日本政府は現在中断している韓国との通貨交換(スワップ)
協定再開に向けた協議に慎重な姿勢を崩していない。弾道ミサイルの発射など北朝鮮の脅威が高まり、両国が協力する必要性は増しているとはいえ、
韓国政治が安定しなければ本格的な交渉に臨むのは難しいためだ。

日韓通貨スワップは島根県・竹島の領有権問題などをめぐる関係悪化で2015年に打ち切られたが、16年夏の日韓財務対話で韓国側が
再開に向けた協議の開始を持ちかけ、日本側も受け入れた。ただ今年1月、日本政府は韓国・釜山の日本総領事館前の慰安婦像設置などへの
対抗措置として協議を中断。現在も「凍結状態にある」(政府幹部)。

韓国が慰安婦像撤去など具体的な動きを起こしていない上、朴政権が不安定化し、協議に入れなかったことが大きい。麻生太郎財務相は
「信頼関係をきちんとつくった上でやらないと(通貨スワップが)安定したものにならない」と、くぎを刺す。

韓国経済は輸出や消費が伸び悩み、下振れリスクが高まっている。ドルなど外貨を融通し合うスワップ協定は、韓国が通貨危機などに
陥った際に日本が救済するという側面が強い。

朴大統領の罷免が決まったことで、今後は次期政権の対応が重要になってくるが、慰安婦問題をめぐる日韓合意の履行などで不透明感は根強く、
協議再開の糸口は見えないままだ。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170311/mca1703110500002-n1.htm

続きを読む

1 : ローリングソバット(北海道)@\(^o^)/ [CL]:2017/03/10(金) 19:22:09.44 ID:cuQm36L00

https://i1.wp.com/i.imgur.com/a2GJNRW.jpg 文科省が公開した「平成28年度学校基本調査」によれば、大学在学者数は前年度に比べて1万3000人増加の287万4000人。大学進学率も前年度より上昇しており、過去最高を記録した。
しかし、高学歴だからといって必ずしも正規雇用にありつけるわけではない。

 こうした流れのなかで浮上しているのが、「高学歴女子の貧困」問題だ。今回は国内屈指の美術大学を卒業した女性・夏美さん(27歳・仮名)が貧困生活を強いられている現状をレポートする。

 * * *
 夏美、27歳。埼玉県出身、東京在住。

 某有名市立美大の修士課程を卒業したのち、現在は油絵を描きながら公立中学で非常勤の美術講師をしているという。元美大生ではあるものの、極めて地味なファッションを身にまとい、都内の喫茶店に現われた。

「26歳まで仕事がなくて、近くのチェーンのお寿司屋さんでアルバイトしていました。お寿司屋さんにした理由は、たまたま通りかかって募集していたからです。時給が1000円で、
アルバイト代が月に10万〜12万円くらいだったかな。

 一人暮らしも諦めて友達と4万円ずつ出し合ってシェアハウス暮らしを始めました。残りのお金で画材や絵の具を買ったり、生活費を捻出していて、辛かったですね。
本当に貧乏生活でした。エリートになって一流企業でおしゃれデザイナー生活をしている友人のFacebookを見るのが一番辛かった」

 26歳になり、ようやく都内の中学で美術の非常勤講師の仕事が決まった。

「もともと学校も勉強も嫌いだったんですが、もう美術講師をして食べていくしかないんです。努力してないけど、なんとなく人よりも絵が上手かったというだけでここまで来たので、教育への興味も関心も熱意もない。
でも、非常勤に採用してもらったことで、ようやく社会に出られたんだとホッとした。

 週に5コマ持っているのですが、非常勤なのでコマ単位の給料なんです。1コマ3000円ほどで、月に6万円くらいしか得られない。シェアハウスの家賃程度ですからね。もちろんこれだけでは食べていけないので、
新しい就職先を探しながら、家の近くの喫茶店でアルバイトもしています。その2つを合わせて、月収は12万円くらい。一番節約しているのは服ですね。おしゃれは完全に諦めているし、
シェアメイトの友達の服を借りることもあります」

 美大卒、修士号取得者という高学歴女子であるにもかかわらず、このままの生活が続けば年収が150万円弱になる計算だ。絵を描きながら都内で一人暮らしをすることは困難だろう。

「好きなことをやってきたはずなのに辛い。就活時代は広告代理店に行った友人たちを冷めた目で見ていたけど、自分もある程度勉強をして、しっかりと就職活動すればよかったと後悔することも多いです。
修士号を持っていても、美術の場合、全然それが稼ぎに繋がりません」

 女性の高学歴層が増加傾向にある反面、社会にはまだ、彼女たちの受け皿が少ないというのが実態なのだろう。http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170310-00010002-moneypost-bus_all&p=2

続きを読む

1 : ドラゴンスクリュー(愛知県)@\(^o^)/ [US]:2017/03/10(金) 20:40:51.07 ID:FEi5DX2e0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/C6GlHGh.jpg 戦費でみる大東亜戦争の異常性 GDP換算4400兆円の驚異

加谷珪一(経済評論家)

 参院選で改憲勢力が3分の2を超えたことで、憲法改正が具体的な視野に入り始めた。
だが日本の安全保障に関する議論においてスッポリと抜け落ちているものがある。それは経済と金融の視点だ。
経済体力を無視して戦争を遂行することはできないし、それを強行すれば太平洋戦争のように国家財政を完全に破たんさせてしまう。

 日本は明治の近代化以降、日清戦争、日露戦争、太平洋戦争という3つの大きな戦争を経験してきた。
日清・日露戦争は経済体力の範囲内で遂行された合理的な戦争といってよいが、太平洋戦争だけはまるで状況が異なっている。
太平洋戦争の異常さは数字を見れば一目瞭然である。
 
 日清戦争における戦費総額のGDP(国内総生産)比は約0.17倍だった。当時の国家予算(一般会計)との比較では約3倍となっている。
近代兵器が投入された日露戦争は戦費が大幅に膨らみ、GDP比では約0.6倍、国家予算比では約6.5倍になった。
日露戦争はかなり無理をした戦争だったが、それでも国内の経済活動を犠牲にしなくても済むギリギリの水準に収めたとみてよいだろう。

 ところが太平洋戦争になると根本的にケタが変わってくる。太平洋戦争(日中戦争を含む)の名目上の戦費総額は約7600億円だが、
これはGDP比では33倍、国家予算に対する比率では280倍という途方もない数字である。
当時の日本は、無理な戦費調達から歯止めの効かないインフレが進行しており、見かけ上の戦費が大きく膨れあがった。

 インフレを考慮した実質的な戦費は2000億円程度になるが、それでもGDPとの比率では約8.8倍、国家予算との比率では74倍である。
先ほどの数字よりは小さいものの、現在のGDPに換算すると4400兆円であり、天文学的なレベルであることに変わりはない。
戦費を経済体力の範囲内に納め、国民生活に影響を与えることなく第二次大戦を乗り切った米国との違いはあまりにも大きい。

http://ironna.jp/article/3827

続きを読む

1 : アイアンクロー(新潟県)@\(^o^)/ [CN]:2017/03/06(月) 13:05:58.29 ID:NSX5LuGw0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/85kPShp.jpg 新潟産コシヒカリ、43年ぶり安値 豊作・競争激化で
2017/3/6 12:30日本経済新聞 電子版

ブランド米の代表格「新潟産コシヒカリ」が値下がりしている。
コメ卸業者が取引する価格は43年ぶりの安値に落ち込み、店頭価格も低水準で推移する。
農林水産省によると2016年産の新潟産米は39年ぶりの豊作だった。
コメ消費が減り続けるなか、在庫が増加している。
競合するブランド米も増えており、新潟産コシヒカリのブランド力に陰りが見えてきた。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ01H27_W7A300C1MM0000/

続きを読む

↑このページのトップヘ