メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: アニメ・漫画

1 ::2020/07/04(土) 10:39:20.13 ID:bPUW5uZJ0

続きを読む

1 :(東京都) [US]:2020/07/03(金) 18:59:50

https://i1.wp.com/i.imgur.com/fLoNiUU.jpg https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/odenmen2.gif
漫画家もりしげ氏死去 「花右京メイド隊」「こいこい7」など 秋田書店追悼「才能あふれる作家」

アニメ化もされた「花右京メイド隊」「こいこい7」などで知られる漫画家・もりしげ氏が6月30日、死去した。秋田書店が3日、公式サイトで発表した。

秋田書店の発表は以下の通り。

去る6月30日、もりしげ先生がご逝去されました。

小社においては「花右京メイド隊」「こいこい7」「学徒のベクトル」「サクラサクラ」「おしかけメイドの白雪さん」の連載など多数の作品を発表され、多くの読者の皆様に愛される才能あふれる作家でした。

あらためて、その業績を讃え感謝するとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f87eb4d940cf5adc04d28ae6fa9b5cf41f10256f

続きを読む

1 ::2020/06/30(火) 12:53:59.81 ID:jNQOEbEJ0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif 今月、参議院の参考人質問に呼ばれましたが、国会議員から「日本の漫画が世界で生き残るにはどのような方策が必要か?」という質問がありました。
私からは、「まずは何と言っても表現の自由。日本は諸外国に比べて自由な創作ができるのが強み。ただ外資系プラットフォームが寡占化する中で、→

→日本作品が海外の基準で規制される事態は避けたい。」と申し上げました。
また「今回見送られたナショナルMANGAセンターで、生原稿の保管・展示・マネタイズを行い、海外流出も防ぐ。」
「これらができれば、日本漫画は今後10年は盤石。」とも。議員の先生方も、大きくうなづいておりました。

(deleted an unsolicited ad)
https://twitter.com/kenakamatsu/status/1277578343538257921?s=21

続きを読む

1 :ソマリ(青森県) [SV]:2020/07/01(水) 23:09:05

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Tq0QtV1.jpg https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif
米アニメで声優務め「心からお詫び」、「有色人種の役は有色の人々が常にやるべき」

アリソン・ブリー(37)が、アニメ『ボージャック・ホースマン』でベトナム系アメリカ人役を務めたことを
謝罪した。ネットフリックスによる同シリーズのキャラクター、ダイアン・ニューエンの声優であった
アリソンだが、同人種の人が務めるべきだったとして、役を引き受けたのを後悔しているとしている。

アリソンはインスタグラムにこう綴る。「もう遅いけど、ダイアン・ニューエンの声をやらなければ
良かったと思う。有色人種の役は有色の人々が常にやるべきだと今は分かる。ベトナム系アメリカ人の
コミュニティを正確かつ尊厳をもって表現する最高の機会を失った。このことに関して、心からお詫びします。

ここ最近、(人種が違うとして)声優の仕事を断った人々に拍手を送ります。彼らから私はたくさんのことを
学んだから」つい先日にはクリステン・ベルが、『セントラル・パーク』で演じていた有色人種のモリ−役から、
ジェニー・スレイトが『ビッグ・マウス』での有色人種のミッシー役からの降板を発表、クリステンはインスタグラムに
こうコメントを残していた。

「私達が共犯だということを認める時。これは私から」「『セントラル・パーク』でモリーのキャラクターを
演じることは、私がその蔓延した特権を持っていると認識していなかったことを示している。白人女優を
混血のキャラクターに配役することは、アメリカにおける混血の人々、そしてアフリカ系アメリカ人の人々の
経験をないがしろにすることになる。

それは正しいことではないし、私達、『セントラル・パーク』のチームは、それを正すと約束する」「私は喜んで、
私よりももっと正確に描写が出来る人に、この役を引き継ぎたい。そして、平等と包括を目指し、学び成長し、
私がやるべきことをやって行くと決意している」
https://news.yahoo.co.jp/articles/f9869233249036bcb072ab7eb4d97ffb478cefa9

続きを読む

1 :ウォルフ・ライエ星(愛知県) [US]:2020/06/29(月) 17:39:47

https://i1.wp.com/i.imgur.com/RWE5q0v.jpg https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/anime_jien03.gif
 27、28日の土・日曜日、映画の観客動員数は、「千と千尋の神隠し」などスタジオジブリの旧作3作が、米ハリウッドの新作
「ランボー ラスト・ブラッド」などを抑えてトップ3を独占したことが29日、興行通信社が公表したランキングで分かった。

 興行通信社は週末ごとの映画の動員数を集計、公表しているが、27、28日についての集計結果は
1位が「千と千尋の神隠し」、2位が「もののけ姫」、3位が「風の谷のナウシカ」となった。

 スタジオジブリの旧作は「一生に一度は、映画館でジブリを」をキャッチフレーズに、「ゲド戦記」と合わせて4作が26日から全国372館の映画館で上映されている。

「ゲド戦記」は9位だった。

 興行通信社の担当者は、「トップ3を独占するとは」と驚いた様子。「旧作はランキングの対象としていないが、今回は配給元と協議し、集計した異例のケース。
まだ新作の数が少なく、動員数は前年同期の3割に届いていない。その中で、とても大胆な企画といえる」と話した。

 同じ26日からシルベスター・スタローンさんが主演するシリーズ「ランボー」の12年ぶり新作「ラスト・ブラッド」も封切られたが、
4位と「風の谷のナウシカ」の後塵(こうじん)を拝した。やはり26日公開の「ソニック・ザ・ムービー」は6位だった。前週1位の「ドクター・ドリトル」は5位に後退した。

https://www.sankei.com/smp/entertainments/news/200629/ent2006290009-s1.html

続きを読む

↑このページのトップヘ