メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: アニメ・漫画

1 : サッカーボールキック(神奈川県)@\(^o^)/ [GB]:2017/04/16(日) 15:24:16.89 ID:eCf2c+3A0.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Abk52Vg.jpg

『ハヤテのごとく!』13年の連載に幕。ファンからは惜しむ声続々「感慨深い… 素敵な作品だったなー!」

畑健二郎による大人気漫画『ハヤテのごとく!』が2017年4月12日(水)発売の『週刊少年サンデー』20号で最終回を迎え、「感慨深い… 素敵な作品だったなー!」「漫画ずっと買ってたから終わるのマジで寂しい」と連載終了を惜しむ声が続出している。


 同作品は、大富豪の令嬢・三千院ナギとひょんなことからナギの執事として仕えることになった薄幸の少年・綾崎ハヤテを中心とした“執事コメディ漫画”で、2004年に連載開始、2007年にはアニメ化もされた。
.

 最終回は29ページとボリュームアップされ、ラスト3ページはカラーページに。最終回を見届けた読者は「切ないけど素敵な終わり方でした…」「学校で読むんじゃなかった号泣した」「遂に終わってしまった… 感無量とはこのことか」と感動に包まれており、
「畑先生、ハヤテくん、ナギ、みんなお疲れ様でした!」「13年長かったなぁ。先生本当にありがとうございました」と畑を労う声も後を絶たない。
.

 さらに誌上では13年の連載を振り返る特集記事も掲載。読み切り版から最終回までのエピソードや名シーンのほか、畑が「永遠の師匠」と慕っている久米田康治から、ナギとハヤテのイラストとメッセージも寄せられた。
『サンデー』WEBサイトの「サンデーまんが家BACK STAGE」では、畑が13年の連載を振り返る文章を綴っており、最終話の裏話もたっぷり語られている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170416-00367882-davinci-ent

続きを読む

1 : アキレス腱固め(神奈川県)@\(^o^)/ [DO]:2017/04/15(土) 14:12:34.69 ID:KF0AUMnS0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/6IwMUtK.jpg
ベトナムに一時帰国しているリンさんの両親の反応です。

 「もし今日、リンちゃんが学校に行っていたら私は幸せ。リンちゃんが学校に行くのが見たい」(リンさんの父親)

 リンさんの両親の元には14日、日本大使館から梅田邦夫ベトナム大使が訪れ、容疑者の逮捕が伝えられたということです。

 リンさんの母親は、JNNの取材に対し「防犯パトロールの格好をした澁谷容疑者を見たことがある」と話していて、今後はリンさんと澁谷容疑者が普段から面識があったのかが捜査の焦点となります。(15日10:57)

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170415-00000030-jnn-soci

続きを読む

1 : ジャンピングDDT(千葉県)@\(^o^)/ [GB]:2017/04/12(水) 20:32:32.75 ID:x5SI5+4K0.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Ns6QI2E.jpg
9日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で、木下優樹菜が夫婦喧嘩をした際、夫のFUJIWARA・藤本敏史が大切にしている物を勝手に捨てたと告白した。

番組では、ゲストの木下が結婚生活を明らかにした。
8年目になる藤本との結婚生活だが、今もお互いを「だぁ」(藤本)、「にゃぁ」(木下)とあだ名で呼び合う伊ほど仲が良いとのこと。

ところが木下は、夫の行動がどうしても許せなかったとき、藤本が大切にしているフィギュアや怪獣消しゴムを勝手に捨てるそうだ。
VTRで登場した藤本は、木下が捨てているのに気付いていなかったらしく、スタッフから教えられると一瞬無言になった後、「え?!」と一言。

さらに全部捨てられたと知らされ「全部!」と大声を出して頭を抱え「ウソや!」と嘆いていた。
捨てられたのは藤本が「幼きころの思い出」だとするもので、小学校低学年のときに少ない小遣いを貯めて買ったグッズなのだそうだ。

VTR明け、司会の明石家さんまが「フィギュアはあかん」と木下を諭す。
だが木下はなおも「でもホント、邪魔なんです」と反論した。

そして捨てたものは「気持ち悪い」「本当に気持ち悪い」と何度も繰り返した。
さんまはキン肉マン消しゴムは今、何万円もするほどプレミアが付いているものだと、再び木下に理解するよう迫る。
それでも木下は「じゃあさっさと売れよ、って思うんですよ」と、悪びれない態度をとっていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/12914748/

続きを読む

1 : マシンガンチョップ(やわらか銀行)@\(^o^)/ [ニダ]:2017/04/11(火) 00:16:04.92 ID:bwTkCiaJ0

https://i1.wp.com/cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2017/04/01-1.jpg
現在最も注目されているゲーム機といえばNintendo Switchだろう。

その中でも、Nintendo Switchの特性を活かしたソフトとして「スーパーボンバーマン R」が注目されている。確かに、複数人での対戦をしやすいNintendo Switchとボンバーマンの相性の良さは疑う余地がない。

ところが、コロコロコミック系の雑誌やゲームラボなどで漫画を執筆している人気漫画家のピョコタン先生も「スーパーボンバーマン R」を購入したそうだが、あまりの操作性の悪さに憤慨。Youtubeで怒りを爆発させているのだ。

・ピョコタン先生のコメント
「なぜこんなに怒りがわいたかというと、スイッチのボンバーマンの「開発のこだわり」みたいな開発者記事を読んだから。いい加減にしろ! よくもまあこんなことをぬけぬけと言えたもんだな! なにが「こだわりの操作性」だ! 赤ちゃんからやり直せ!」

「スイッチのボンバーマン開発者にめちゃくちゃ説教してやりたい。ハッキリ言って頭が悪すぎる。ゲームをなめるな。やればやるほどクソ。こういうゲームの操作は1ドット勝負。レスポンスが最重要。なぜ30年前にできてたことが今できないのか?こだわる部分が全て裏目。ゲームを何も理解してない」

「つくづく、スイッチのボンバーマンのセンスの無さにガッカリする。ゲームとして力を入れる部分をわかってない。この最悪の操作性でなぜ発売できると思ったのか?誰も止める人間はいなかったのか?アップデートされても根本のクソ操作は何も改善されてない」

http://buzz-plus.com/article/2017/04/10/nintendo-switch-youtube/
https://i1.wp.com/pbs.twimg.com/media/C7UtqsjVAAEEdh4.jpg
https://youtu.be/xRr-oqwt6Ng

続きを読む

1 : ジャーマンスープレックス(千葉県)@\(^o^)/ [GB]:2017/04/09(日) 20:17:53.68 ID:mJL993Qq0.net

https://i1.wp.com/www.gundam.info/uploads/image/20160601193934-97371.jpg
イタリア・ローマで開催中のアニメ・マンガイベント「Romics」では、4月8日(土)に『ガンダム Gのレコンギスタ』の上映会とともに、スペシャルゲストとして招待された富野由悠季総監督のファンミーティングが行われた。

会場では、現地のアニメファンとの交流を深めるとともに、『ガンダム Gのレコンギスタ』の新プロジェクトが企画進行中であることも語られた。

新プロジェクトについては情報が入り次第お届けしていくので、今後の続報をお楽しみに。


http://www.gundam.info/topic/17864

続きを読む

↑このページのトップヘ