メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: アニメ・漫画

1 :名無しさん@涙目です。:2017/11/15(水) 22:40:48.80 ID:Ql6S3W3p0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/hqueL4j.png
アニメ放送開始、『魔法使いの嫁』売上が好調
 10月期からアニメが放送開始となった『魔法使いの嫁』が、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が発表する「Anime Power Ranking(9月度)」の「総合シリーズ別」ランキングで3.0億円を売り上げ、8位にランクインした。

 イギリスを舞台に、孤独な少女が魔法使いと出会い、大切なものを取り戻していく物語。ヤマザキコレのコミックが原作で、14年にコミック専門出版社・マッグガーデン『月刊コミックブレイド』より連載がスタート。その後、『月刊コミックガーデン』に移行している。

 コミックは巻数を追うごとにセールスが伸びており、10/30付時点でのシリーズ累積売上部数は376.7万部。ムック本や小説も発売されているほか、アニメ放送前には『魔法使いの嫁 公式副読本 SupplementI』(17年7月発売)や『魔法使いの嫁公式原作ガイドブック Merkmal』(同8月発売)も発売されるなど、盛り上がりを見せている。

 アニメは、監督を『劇場版 弱虫ペダル』などを手がけた長沼範裕氏、脚本を『PSYCHOPASSサイコパス』などの高羽彩氏、アニメーション制作を『進撃の巨人』などのWIT STUDIOが手がけている。

 なお、「Anime Power Ranking(9月度)」の調査期間は、9/18付〜10/9付。「総合シリーズ別」部門は、 音楽ソフト(シングル、アルバム)、映像ソフト(DVD、Blu-ray Disc)、書籍(単行本等一般書、コミック、文庫本)の売上を映画、ドラマ、アニメ、コミック、小説、ゲーム等を原作とした作品をシリーズ単位で集計した売上額ランキング。

(『コンフィデンス』 17年11月6日号掲載)

https://www.oricon.co.jp/news/2100724/full/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/news.biglobe.ne.jp/entertainment/1114/2977352424/ori_20171114_000412_size640wh_9148_thum630.jpg
『電影少女』ビデオガール・アイに西野七瀬が決定! 衣装姿がかわいすぎ

テレビ東京系ドラマ『電影少女』に乃木坂46・西野七瀬が出演! 野村周平とのW主演に期待の声も。

テレビ東京で 2018年1月クールに放送されるドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』に乃木坂46のメンバー・西野
七瀬が出演することがわかった。

本作は『週刊少年ジャンプ』で連載されていた桂正和の恋愛SF漫画の傑作『電影少女』の映像化作品。時代設定を現
代に移し替え、原作の続編という立ち位置で制作される。

西野が演じるのはビデオガールのアイ。すでに発表済みの主人公・弄内翔役の野村周平に加えて、もう一人の主人公
を演じる。今回の出演に際し、西野は以下のようにコメント。

「嬉しいです。乃木坂46を離れて一人でドラマに出るのは久しぶりです。今回私が演じるアイは元気な子。自分とは
性格がだいぶ違くて少し不安です。

まず自分のことをオレっていうし、男言葉を結構よく使うし。他にも、一人だけ90年代のままの女の子って設定だっ
たりします。大丈夫かなって気持ちはありますけど、監督もプロデユーサーさんも一緒に頑張っていきましょうと仰
ってくださっています。一所懸命やるしかないです。私にできることはそれだけ。がんばります」

■役作りのために20センチバッサリ!

アイを演じるにあたり、西野は役作りのために髪をバッサリ切ったそう。

「元々、いつかは切りたいなと思っていました。乃木坂卒業したらきろうかなって感じで。

乃木坂にいる間は、切りたいけど、長い方がアレンジできるし制服とかも着るので似合いやすいから切らないかなと
思っていたんですけど、この役に挑戦するために20cmくらい切りました。良い機会でした。切ってよかったなって。

学生時代もずっと長かったから、人生初のショートカットです。ここまで、首が出てるのは初めてなのでスースーす
るから皆に風邪ひかないでねって言われました。ひく人いるみたいです。ここが冷えて(首を押さえながら)」

髪型も衣装もかわいすぎやしないか……アイドルファンも、『電影少女』をリアルタイムで読んでいた世代の必見の
作品になりそうだ。

■『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』あらすじ

ごく普通の高校生・弄内翔(野村周平)は、両親の離婚を機に、絵本作家の叔父・洋太の空き家で一人暮らしを始め
る。学校では同じクラスの美少女・奈々美に密かな恋心を抱いているが、奈々美は翔の親友・智章に好意を抱くとい
う一方通行状態。

そんな折、翔は家でテープが入ったままの壊れたビデオデッキを発見。デッキを直し再生すると“ビデオガール・天
野アイ”(西野七瀬)と名乗る女の子が画面から飛び出してきて…!? ビデオガール・アイと翔の3か月に及ぶ奇妙
な共同生活が始まる!
画像
https://i1.wp.com/cdn2.natalie.mu/media/comic/1711/1114/extra/news_header_videogirl2018_nishinonanase.jpg


VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured
https://sirabee.com/2017/11/14/20161372749/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2017/11/12(日) 17:08:40.94 ID:ETxF34aq0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/tBFmcbg.jpg
日本人漫画家のシバモトショウ氏、自身の漫画の英訳海賊版が出回っているのを発見し声明を発表

日本人有志が英訳して4chanに投下

4chan民「公式の英訳版が出ていない漫画の英訳海賊版が出たところで売上に影響は無いだろ」
4chan民「こういうのは公式が英訳版出さない限り無くならないと思う」
4chan民「公式版が無い以上俺たちが金を払うのは物理的に不可能。でももしクリエイター支援サイトとかに登録したら寄付して応援する」
etc...

海外の反応ブログがまとめる(アフィリエイト注意)
http://www.all-nationz.com/archives/1068421528.html
http://animekaigai.blogspot.jp/2017/11/dakini.html
http://animekaigai.blogspot.jp/2017/11/dakini2.html

コメ欄でネトウヨがレイシズム丸出しの罵詈雑言

4chan民がコメ欄に来襲。英語で多数のコメント

ネトウヨ「(英語コメに対して)さっきからお前、なぜか韓国の話はしてこないよな」
http://animekaigai.blogspot.jp/2017/11/dakini2.html?showComment=1510469146183#c6394685988727401320

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2017/11/12(日) 10:37:29.81 ID:ETxF34aq0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/opEFkFn.jpg
文春記者「芸能人のSNSはウソばかり」



10月28日に放送されたバラエティ番組「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ)に、
現役の「週刊文春」記者が出演。“スクープのポイント”のひとつとして、「芸能人のSNS」を挙げた。


記者によると、芸能人のSNSは常にチェックされており、例えばアイドルの「今から寝る」といった投稿は出かけるサインなのだとか。

「芸能人、タレントさんのSNSってウソばっかりなんですよね」

そう言い切る記者は、自身が張り込みなどをしている際に、SNSで「おやすみなさーい」と発信したあとに出かける人をよく見ているという。

この話を裏付けるように、ゲスト出演したタレントの橋本マナミは「昔、恋愛禁止の厳しい事務所にいたので、マネージャーへのアピールとして
『今から寝ます』とかはやってました」と告白。
あくまでも対事務所目的ながら“ウソ投稿”をしていた経験があるそうだ。

こうした話を聞いた番組MCの今田耕司は
「今後、人のSNSとか見て『おやすみ』ってなったら、全部出かけとんな(と思う)」と疑心暗鬼になっていた。

http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1029/nrn_171029_5595845712.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2017/11/11(土) 13:30:34.42 ID:GtPDQ2RQ0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/tmINAa6.jpg
『この世界の片隅に』などオスカー候補に名乗り!アカデミー賞長編アニメ部門エントリー作発表


現地時間10日、映画芸術科学アカデミーが第90回アカデミー賞長編アニメ映画部門にエントリーされた26作を発表した。
日本からは『この世界の片隅に』『メアリと魔女の花』『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』『映画 「聲の形」』『劇場版 ソードアート・オンライン −オーディナル・スケール−』という5作品が名乗りを上げている。


 中でも『この世界の片隅に』(片渕須直監督)は第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞に輝いたほか、世界最大のアニメーション映画祭・仏アヌシー国際アニメーション映画祭2017で審査員賞も受賞しており、ノミネートに期待がかかる。
日本では小規模公開ながら口コミが広がり、封切りから7か月で観客動員数200万人を突破する快挙を達成。
戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女が日々を明るく生きようとする姿を描いている。

このほかのエントリー作は、ディズニー/ピクサーの『カーズ/クロスロード』『リメンバー・ミー』、イルミネーション・エンターテインメントの『怪盗グルーのミニオン大脱走』、
アンジェリーナ・ジョリーがプロデュースした社会派アニメ『ザ・ブレッドウィナー(原題) / The Breadwinner』、
『レゴバットマン ザ・ムービー』『レゴ (R) ニンジャゴー ザ・ムービー』というレゴシリーズ2作、全編油絵の『ゴッホ 最期の手紙』、ドリームワークスアニメーションの『ボス・ベイビー』など。
エントリー作が正式にノミネートされるには、米国内での劇場公開などの規定を満たす必要がある。

 第90回アカデミー賞のノミネーションは2018年1月23日に発表され、長編アニメ映画部門では最大5作品が最終的な候補となる。(編集部・市川遥)
https://m.cinematoday.jp/news/N0096070.amp.html

続きを読む

↑このページのトップヘ