メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 芸能・TV

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/11(日) 12:16:46.94 ID:GBeTDMSX0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/pc3.gif 週に12時間も フジテレビが「坂上忍頼み」な3つの理由

 毒舌と巧みな司会術でテレビ局から引っ張りだこなのが坂上忍(50才)。中でも、彼にもっとも頼っているテレビ局がフジテレビだ。
いったいなぜか。その背景に迫ると、3つの理由が見えてきた。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 先日、3月で放送終了する『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系、以下『みなおか』に略)の後番組に「坂上忍さんの
新番組が決まった」と複数紙が報じました。現時点では正式発表されていないものの、有力であることは間違いなく、実現したら
フジテレビでは『バイキング』(月〜金曜11時55分〜13時45分)、『ダウンタウンなう』(金曜21時55分〜22時52分)に続くレギュラーとなり、
毎週約12時間も出演することになります。

 さらに、昨年秋以降だけでも10月27日に『坂上忍と大激論!ニッポンの危機』、12月19日に『坂上忍のどうぶつ珍プレー好プレー大賞』、
12月22日に『バイキング・ザ・ゴールデン』、今年1月1日に『ニッポンよ!世界を倒せ!フジヤマ』、1月27日に『坂上探検隊』と、
テーマの異なる多くの特番でMCを担当。なかにはレギュラー化を強烈に意識したものもあり、局内にはさらに出演番組が増えそうな
ムードが漂っています。

◆過去のピンチで見せた男気と実績

 フジテレビは、なぜ坂上忍さんへのオファーを続けているのか。私が取材した限りでは、以下3つの理由が考えられます。

1つ目の理由は、芸人にオファーを出しにくく、芸人がオファーを受けにくい状況。『みなおか』の後継については、「後輩芸人がやりにくい」
という心境なのは間違いないでしょう。とんねるずというレジェンド芸人のあとを務めるのは大きな負担であり、実際に某芸能事務所の
マネージャーから「企画の良し悪しや視聴率うんぬんとは別の問題で避けたい」という声を聞きました。

全文
http://www.news-postseven.com/archives/20180211_651286.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 残酷なオーディション番組で“ラストアイドル”になれなかった4人が語る本音「一番つらかったのは…」

究極のアイドルグループのメンバーを決めるオーディション番組『ラストアイドル』。挑戦者が暫定メンバー7人からひとりを指名し、
1対1のパフォーマンスバトルで挑戦者が勝てば、新たな暫定メンバーとして加入するーー。
斬新かつ残酷なシステムによって去年12月ついに正式メンバー7人は決定した。

光があれば影もある。その7人を強いまなざしで見つめるのは、挑戦者に敗れステージを降りることとなった、
4人の暫定初期メンバーだ。彼女たちはセカンドユニットに所属し「ラストアイドルファミリー」の一員としてアイドル活動を継続している。
言葉だけでは伝え切れない部分をインタビューの最中、ある人はじんわりと、ある人はとめどなく、涙を流して伝えた…。

断髪パワハラにより目が死んでる
https://i1.wp.com/tvcap.info/2018/2/11/vkjg180211-0023510658.jpg
https://i1.wp.com/tvcap.info/2018/2/11/vkjg180211-0023550745.jpg
https://i1.wp.com/tvcap.info/2018/2/11/vkjg180211-0024020316.jpg
https://i1.wp.com/tvcap.info/2018/2/11/vkjg180211-0024060056.jpg
https://i1.wp.com/tvcap.info/2018/2/11/vkjg180211-0024090681.jpg
https://i1.wp.com/tvcap.info/2018/2/11/vkjg180211-0024130665.jpg
https://i1.wp.com/tvcap.info/2018/2/11/vkjg180211-0024170781.jpg
https://i1.wp.com/tvcap.info/2018/2/11/vkjg180211-0024220599.jpg
https://i1.wp.com/tvcap.info/2018/2/11/vkjg180211-0024340872.jpg
https://i1.wp.com/tvcap.info/2018/2/11/vkjg180211-0043070858.jpg
断髪前
https://i1.wp.com/tvcap.info/2017/12/24/vkjg171224-0013050345.jpg


VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12176-99431/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/10(土) 16:36:03.35 ID:HbXv04/+0

https://i1.wp.com/img.2ch.net/ico/yukidaruma_3.gif 9日に行われた平昌五輪開会式のNHKの生中継番組で、司会の桑子真帆アナウンサーが締めくくりで「閉会式」と言い間違えた。番組はそのまま終了した。

 ツイッターでは「閉会式? オリンピック終わったの???」「桑子アナ…。閉会式ではありませんよ」「雰囲気がまぁ閉会式だったのは否定はできない」などのつぶやきが相次いだ。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000601-san-spo

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/07(水) 17:29:17.85 ID:7jO2yGR00

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif

有賀さつきアナ、フジが「死因特定」に異様な執着!? 病室への侵入画策にブーイングの嵐

 2月5日、「スポーツニッポン」によって、突然の訃報が伝えられた元フジテレビの有賀さつきアナウンサー。

父親の洋さんは、故人の遺志により、死因を公表しない意向を示したが、古巣であるフジの情報番組が死因特定のため、“行き過ぎた取材”を行い、マスコミ関係者の間で批判が続出しているという。

 報道が出た5日、翌6日と、フジの各情報番組では、有賀さんの早すぎる死を特集。そのVTR内で、元同僚のアナウンサー、元夫でフジテレビ解説委員を務めた和田圭氏に取材を行っていたが、さらに洋さんを“囲い込む”ような行動に出たとのこと。

「フジは、洋さんが自宅と病院を往復する際の車を用意して、彼を囲い込み、取材を進めようとしていました。

フジは有賀さんの古巣だけに、こうした取材方法も理解できるのですが、問題視されているのは『病院内への突撃を試みた』という部分です」(テレビ局関係者)

 フジの取材班は、有賀さんの入院していた病室のフロアを、洋さんから聞き出し、そこへスタッフを“侵入”させようと画策していたという。

「当然、関係者以外が病室に出入りすることは禁止されているだけに、フジの取材方法はあり得ませんよ。

どうやら、いまだ明らかになっていない死因を特定したいようですが、病室内への侵入が成功したところで、わかるはずもない。他社からも、フジに対するブーイングが巻き起こっています」(同)

 また、洋さんが取材に応じた際、死因が書かれているであろう「死亡診断書」に食いつき、「カメラに映させてください」と食い下がっていたのも、フジ関係者だったそうだ。

「一部では、有賀の病名について触れるメディアもありますが、『この状況で病名を特定してスクープすることに、そこまでの意義があるのか』と悩んでいるマスコミ関係者は多いですよ。
そんな中、有賀と最も関係の深い局であるフジが、ルール違反ギリギリの取材を行うのは、見ていて気持ちのいいものではありませんね」(週刊誌記者)
http://news.livedoor.com/article/detail/14268378/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/10(土) 01:18:33.27 ID:092w63zK0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/pc3.gif  視聴率3冠王だった時代はとうの昔。民放キー局の17年4〜9月期決算ではフジ(テレビ局単体)だけが営業赤字に陥っている。

「モチベーションの低下です」——。歯止めがかからない落ち込みの原因について、30代の現役フジテレビ局員は、表情を曇らせこう話す。

「“凡ミス”続発中ですが、その原因は急激なコストカット。制作畑出身ではない宮内(正喜)社長は、真っ先にコストカットを掲げ、
制作費や局員の給与にメスを入れているが、今までが潤沢だったため、右往左往している」

 しかも、社員の平均年収が約1500万円といわれるフジでも、若手は相当きついという。同局員の嘆きは止まらない。

「バブル期を経験した50〜60代が現在も高給なのに、若手の年収は下がっている。全盛期の半分以下。キー局で夏冬のボーナスが
100万円の大台に届かないのはウチだけ。上は働かず、下は働いても上がらない。これじゃ士気が上がるはずがない。仕事量は増えているのに
人手不足で現場は疲弊している。ミスが起きたと聞いても『そうなんだ』と人ごとです」

 一説には50歳以上の社員を対象に早期退職者を募り、通常の退職金に7000万円を上乗せする案を検討中だそうだが、前出局員に言わせれば
「ふざけんなって話。7000万円は手厚すぎる!」。局内でもブーイングが飛び交っている。

 フジでは4月スタートの新番組「プライムニュース」に起用予定だった同局の秋元優里アナウンサー(34)と、元NHKの登坂淳一アナウンサー(46)に
それぞれスキャンダルが発覚。前者は番組プロデューサーとの“竹林不倫”、後者はNHK時代のセクハラ疑惑が報じられ、降板を余儀なくされた。
この時もフジの“身体検査”の甘さがヤリ玉に挙げられた。

「上の人間は『とにかく数字を取れ』しか言わない。下の人間はロボットのように従うだけ。斬新な番組企画など出るはずもなく、他局のパクリか、
知名度のある人物をメインに据えるだけ。身内に甘いのもフジならではで、秋元アナ以上にヤバい人はごまんといる。既婚の某役員なんか、
お気に入りの女性局員と沖縄ばかり行ってますからね」(別のフジ局員)

 負のスパイラルに陥ったフジに挽回策はあるのか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000034-tospoweb-ent

続きを読む

↑このページのトップヘ