メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 科学

1 :名無しさん@涙目です。:2018/08/07(火) 22:11:20.64 ID:lJI9u7OT0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 地球から約20光年離れた宇宙で、木星の約12倍の大きさの惑星が「漂流」しているのが見つかった。

5日付けのインディペンデント紙によると、このような種類の惑星が電波望遠鏡を使って発見されたのは初めて。

分析の結果、同惑星の磁場は木星の磁場よりも200倍強力で、いかなる星とも結びつきがないことがわかったという。

(中略)

SIMP J01365663+0933473と名付けられたこの珍しい天体は、米ニューメキシコ州にある電波望遠鏡Very Large Arrayを使って2016年に発見された。当時学者らはこれを褐色矮星と判断したが、その後の観測で、はるかに若いことが分かった。これは、この天体が「自由に漂流する」惑星であることを意味している。

https://jp.sputniknews.com/science/201808065199612/

https://youtu.be/73v7UevhADs

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/08/07(火) 18:46:57.85 ID:hguUjCQx0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/folder1_03.gif 化石燃料による大気汚染がこのまま続けば、地球は危険な「温室」状態が永続することになりかねない──。

欧州などの研究者らが6日、そう警告する論文を米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表した。
環境保護と経済成長を両立させるグリーン経済への転換を地球規模で早急に実現する必要があると訴えている。

デンマークのコペンハーゲン大学(University of Copenhagen)やドイツのポツダム気候影響研究所
(Potsdam Institute for Climate Impact Research)、オーストラリア国立大学(Australian National University)などの
研究者がまとめた論文によると、このまま極地の氷が解け、森林が伐採され、温室効果ガスの排出量が増え続けていくと、
地球は転換点となるしきい値を超える。
そうなれば気温は産業革命前よりも4〜5度上昇し、海面は現在よりも10〜60メートル上昇する。

21世紀末までに各河川は氾濫し、沿岸地域は暴風雨にさらされ、サンゴ礁は消滅。地球の平均気温は過去120万年間のどの間氷期よりも高温になるという。

「温室化した地球(Hothouse Earth)」が現実のものになれば、地球は人が住める場所ではなくなってしまう」。
論文の共同執筆者であるスウェーデンのストックホルム・レジリエンス・センター(Stockholm Resilience Centre)所長、
ヨハン・ロックストローム(Johan Rockstrom)氏は危機感をあらわにする。

論文は、地球の気温が産業革命前比で2度上昇すると、この転換点を迎える可能性があると指摘する。
すでに1度上昇しており、10年間に0.17度の割合で上がり続けている。

http://www.afpbb.com/articles/-/3185176

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/07/21(土) 16:10:12.11 ID:ISFrpwfQ0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 猛暑、日本だけでなかった…北極圏で33・5度

【ジュネーブ=笹沢教一】世界気象機関(WMO)は20日の記者会見で、豪雨で大きな被害が出た日本が
今度は猛暑に見舞われていることなどに触れ、北半球で7月中旬以降、記録的な高温を伴う異常気象が
相次いでいると強い懸念を表明した。WMOは、異常気象は「全体の傾向としては、気候変動の結果だ」との見方を示している。

 WMO報道官は「日本は豪雨から猛暑に切り替わり、豪雨の被災者など
脆弱(ぜいじゃく)な状況の人々への影響が危惧される」と述べた。

 WMOによると、ノルウェーでは北部の北極圏で7月17日に7月としては史上最高の33・5度を記録し、
翌18日には北極圏の別の場所で夜間の最低気温が25・2度と、日本の熱帯夜に相当する温度を観測した。
スウェーデンでは7月中旬だけで、高温と乾燥による森林火災が約50件も起きた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00050062-yom-soci

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/07/21(土) 19:11:40.33 ID:Tem0Ez3Y0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/anime_syobon03.gif ウルトラマンシリーズの中でも人気の高い「ウルトラセブン」の中で、神回とも言われることもある第8話「狙われた街」。
内容は、人間同士の信頼感を利用して人類の滅亡を企てる宇宙人「メトロン星人」のお話。

水生生物がモチーフと言われている、ウルトラ怪獣の中でもかなり奇怪な姿の部類に入るメトロン星人ですが、そのメト
ロン星人にいつでもすぐ変身できる「メトロン星人 パーカー」が登場しました!

https://i1.wp.com/mag.japaaan.com/wp-content/uploads/2018/07/metron-660x350.jpg

https://mag.japaaan.com/archives/77723

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/07/18(水) 14:44:04.19 ID:bYTIOL9J0

https://i1.wp.com/img.2ch.net/ico/8toushinnomonar32.gif 1000兆トンのダイヤモンドが地中深くに眠っていることが判明

「ダイヤモンドは地球規模で考えればまったく珍しいものではなく、比較的ありふれた鉱物だ」と
研究者が語るほど、大量のダイヤモンドが地球内部に眠っていることが、マサチューセッツ工科大学(MIT)や
ハーバード大学などの共同研究によってわかりました。

天然では最も硬い物質であることで知られているダイヤモンドは、炭素が地球内部の高温高圧な条件で
結晶化したもので、地殻中の採掘可能な深さにまで浮上してくることで入手できるようになります。
このようなルートを辿るためダイヤモンドの産出量は1年に20〜30トンほどと少なく、その希少性と
透明度の高さから、非常に高価な宝石となっています。

ダイヤモンドが産出される場所は限られていて、北アメリカ・東ヨーロッパ・アフリカなど、「クラトン」あるいは
「安定陸塊」と呼ばれる地殻部分上です。クラトンは、地球の表面を覆う地殻の中でも古くても5億年は
安定している部分で、マントルにまで食い込んでいるため地殻変動の影響をほとんど受けません。

研究チームが、地殻を伝わる地震波の速度を研究していたところ、クラトン深部の「根」と呼ばれる部分で
地震波の伝わる速度が速くなることがわかりました。なぜ地震波が速くなるのか、地震波の速度から
クラトンの根の成分を解析したところ、根の部分はダイヤモンド・マントル由来のかんらん岩・エクロジャイトで
構成されていることが明らかになりました。研究チームによると、ダイヤモンドの体積比はクラトンの根の
最大2%で、その総量はおよそ1000兆トンになるとのことです。ただし、クラトンの根は深さおよそ
100〜200キロメートルもあり、今の技術ではその深さまで採掘を進めることは不可能だとのこと。

MITの地球・大気・惑星科学の研究者であるウルリッヒ・フォール氏は「ダイヤモンドは地球規模で考えれば
まったく珍しいものではなく、比較的ありふれた鉱物だということがわかりました。地中深くに眠る
ダイヤモンドを入手することは現代の技術では不可能ですが、それでもこれまでに考えていたものよりも
ずっと多くのダイヤモンドが地中に存在しているのです」と語っています

https://gigazine.net/news/20180718-diamond-in-the-earth/

続きを読む

↑このページのトップヘ