メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 科学

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/oGJiqbd.jpg
2017.11.13 14:01
【チバニアン】地球史に「千葉時代」誕生へ 日本初の地質年代名、国際審査でイタリア破る

地球の歴史で約77万〜12万6千年前の年代が「チバニアン」(千葉時代)と命名される見通しになったことが13日、
関係者への取材で分かった。この年代の基準地として千葉県の地層を国際学会に申請し、命名を目指す日本の研究チームが、
競合するイタリアを一次審査で破った。週内にも発表する。正式決定すれば地質年代に初めて日本の名前が付く快挙となる。

日本チームとイタリアの2チームは6月、この年代の国際標準となる基準地の地層を国際地質科学連合にそれぞれ申請。
各国の専門家で構成する作業部会が審査し、今月10日を期限に投票を行った結果、日本が全体の6割以上の支持を得て候補地に選ばれた。

日本は国立極地研究所や茨城大などのチームが千葉県市原市の地層を基準地として申請。
ラテン語で千葉時代を意味するチバニアンの年代名を提唱した。イタリアは「イオニアン」の年代名を目指して南部2カ所の地層を申請していた。

地球の歴史を区切る地質年代は、中生代や白亜紀といった大きな区分の名称が既に決まっているが、小さな区分は未定のものがある。
今回の年代はネアンデルタール人が生きていた「第四紀更新世」の中期に当たり、命名の行方が国際的に注目されていた。


http://www.sankei.com/life/news/171113/lif1711130023-n1.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/l6WUA26.jpg
今年も残すところ2カ月を切ったが、まだまだ予断を許さない状況が続いている。
トカナでもお伝えしたように、地球に壊滅的被害をもたらすとされる謎の惑星「ニビル」が今月19日にいよいよ地球に牙を向くと予言されているからだ。

 海外サイト「Planet X News」に掲載されている記事によれば、11月19日に太陽を挟んで地球とニビルが一直線に並ぶことで、地球の磁場に変化が生じ、地震活動が活発になる。
その後2週間以内に、M7以上の地震が発生するということだ。

 外れてくれるに越したことはないが、英紙「Express」(9日付)によると、今回はさらに緊迫した状況のようだ。
なんと、ニビルと思しき惑星が発見され、それと連動するかのように、いくつもの無視できない不吉な兆候が現れているというのだ!


【緊急警告】やはり11月19日付近で地球滅亡! ニビルが地球最接近で巨大地震連発、 “不吉な兆候3つと証拠映像”で判明!
http://tocana.jp/2017/11/post_15053_entry.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/livedoor.blogimg.jp/oboega-01/imgs/8/c/8c0b025c.jpg
「日本海」を消して「東海」に毀損…米スタンフォード大の地球儀発見

アメリカの名門大学の一つであるスタンフォード大学に設置されていた地球儀を、
誰かが元表記を毀損してSea of?? eastsea(東海)と落書きした痕跡が発見された。

米国カリフォルニア州スタンフォード大学で博士号課程を踏んでいる留学生キムソッキョン氏が
中央図書館に設置した直系1メートルを超える大型地球儀を誰かが毀損し、そこに「東海」と表記していたと情報提供した。

毀損された地球儀には、韓国東海の位置に、誰かが元表記を消して「East sea」(東海)と書いている。
元表記は「Sea of?? japan」だと推測される。

彼は「偶然大型地球儀を見て、嬉しい心で韓国を見たら、落書きを見つけた」とし
「もちろん意味はよく分かるが、それでも学校図書館の公共物に手を入れるのは、もう一度考えてみるべきことではないか」と伝えた。

このような行動は、過度な国家主義が生んだ毀損行為として「ヴァンダリズム」(公共物破壊行為)に該当する可能性がある。
韓国と日本が東海表記をめぐって尖鋭な対立をしていて、違う場所が被害を受けたわけだ。

パクキテ・サイバー外交使節団バンク代表は、「正しい行動ではないが、心情は理解する」とし
「しかし過度なナショナリズムは世界的に歓迎を受けない。東海が表記された地球儀や世界地図を配布する事業を通じて歓迎される東海広報活動の方法が必要である。
バンクは現在までに150万部を全世界に送る事業を行ってきている」と述べた。




【韓国の反応】米スタンフォード大に設置された地球儀、「日本海」をガリガリ消して「東海」を書き込んだ状態で発見される…「公共物破壊行為」の可能性
http://oboega-01.blog.jp/archives/1068641893.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/n.mynv.jp/news/2017/11/02/189/images/001l.jpg
海の水は、あと6億年でなくなりそうな勢いで地球に吸い込まれている

地球には海がある。46億年前に地球が誕生してから10億年後までには海ができ、そこで生まれた生物が、
やがて陸に上がってきた。海はそんな大昔から、つねに地球とともにあった。だが、地球には海があるもの
だという「常識」は、たんなる思い込みなのかもしれない。広島大学博士課程の畠山航平(はたけやま こうへい)さん、
片山郁夫(かたやま いくお)教授らがこのほど発表した論文によると、海の水は、予想より速いペースで
地球内部に取り込まれているという。単純に計算すると、6億年後にはなくなってしまうペースなのだ。

図 大陸プレートの下に潜り込む海洋プレート。海溝より沖にアウターライズ断層ができたあたりから、
その亀裂を伝ってマントルが水を含むようになり、地殻とともに潜り込む。2.5×109tは、25億トンの意味。
0.2×109tは2億トン。(畠山さんら研究グループ提供)

地球上の水は、姿を変えながら地球全体をめぐっている。海の水が蒸発し、それが雨となって降ってくる。
陸に降った雨は川になって、海に注ぐ。この循環に、世界の海を旅する深層の海流を含めて考えたとしても、
ひと回りするのに必要な時間は、せいぜい数千年だ。

(略)

アウターライズ断層は、海溝より沖の海底にできる亀裂だ。この亀裂から、海水が海底下に浸み込んでいく。
海水に接している地殻に水が含まれていることは従来から分かっていたが、最近になって、海水は、亀裂が
及んでいるマントルにも含まれていることが、地震波の観測から明らかになってきた。しかし、このマントル
上部に何%くらいの水が含まれるのかという具体的な点が、よく分かっていなかった。

地下のマントルが水を含むと「蛇紋岩」という岩石になり、過去の地殻変動で地表や海底に現われていることがある。
畠山さんらは、千葉県の房総半島やマリアナ海溝の近くで採取された蛇紋岩を使って、マントルが地下でどれくらいの
水を含んでいるのかを、実験で求めた。

その結果、海洋プレートのマントルは約2.3%の水を含むことができ、地殻が含む水分の約2.1%に匹敵することが
分かった。地殻の厚さが5キロメートルくらいであるのに対し、その下のマントルに水が浸み込む深さは約7キロメートル。
海洋プレートが大陸プレートの下に潜り込むあたりでは、上層の地殻にも下層のマントルにも、同じくらいの量の
水が含まれていることになる。つまり、海底にしみこんだ海水は、これまで考えられていた速さの2倍のペースで、
地球内部に吸い込まれていく。この水の量は地球全体で毎年23億トンくらいになり、現在の海から毎年この量が
失われていくとすると、約6億年で海の水はなくなる計算だという。

こうして大陸の下に潜っていった海洋プレートからは、水が絞り出され、上昇したマグマと一緒に地上に放出される。
だが、その量は、地球内部に潜り込む水に比べると、はるかに少ないとみられている。やがて海の水はなくなって
しまうという説は、以前からあった。畠山さんらの研究で、それがいっそう現実味を増した。

http://news.mynavi.jp/news/2017/11/02/189/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/kmi7ib7.jpg
集英社の2017新刊発表会が16日、都内で行われた。
席上で、尾田栄一郎氏原作で、連載開始20周年を迎えた漫画「ONE PIECE」のコミックス発行部数が、
全世界累計4億3000万部を突破したと発表された。

4億3000万部の内訳は国内3億6000万部、海外7000万部だという。
週刊少年ジャンプの中野博之編集長は、主人公のモンキー・D・ルフィの懸賞金にちなみ
「(累計発行部数を)懸賞金の5億に乗せられる日が来ることを確信しております」と語った。

「ONE PIECE」は“海賊王”を目指して新世界を旅するルフィ率いる海賊団“麦わらの一味”の冒険物語


「ONE PIECE」全世界で4・3億部突破
2017年10月16日
http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01710169628.html

続きを読む

↑このページのトップヘ