メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 科学

1 :名無しさん@涙目です。:2018/03/23(金) 14:20:56.18 ID:cUgBwbSf0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/anime_jien03.gif 米航空宇宙局(NASA)は、直径500メートルを超す巨大小惑星「ベンヌ」が、2135年9月22日
に地球に衝突する可能性があると発表した。衝突の可能性は低いものの、衝突した場合の威力は、米国が現在
配備している核弾道ミサイル群に匹敵するとしている。

NASAはベンヌが地球に接近する事態を想定して、衝突回避のための計画「HAMMER」の宇宙船コン
セプトデザインを設計した。このHAMMERをベンヌに突っ込ませるか、核装置を使うかのいずれかの
手段で、地球に向かうベンヌの軌道を変えさせることを期待する。

HAMMERはNASAの実際的なプログラムではない。目的は、こうした装置を設計する際の技術的課題
について調べることにある。同様の取り組みは、1998年のSF映画「アルマゲドン」などでドラマ化された。

実際のところ、ベンヌが地球に衝突する確率は小さい。しかし、いつか同じような小惑星が地球に接近する
可能性はある。

2013年にロシアのチェリャビンスク付近の上空で爆発した隕石は、直径20メートルほどと比較的小型
だったが、相当の被害を引き起こした。放出したエネルギーは広島の原爆の約30倍に相当し、窓ガラス
が吹き飛ぶなどして1500人が手当てを受けた。

6500万年前にユカタン半島を直撃した直径約16キロの隕石は、恐竜を絶滅させ、全長約150キロの
クレーターを残した。

チェリャビンスクのような隕石はそれほど珍しくない。小さな隕石だったとしても相当の損害を発生させる
可能性はあるが、幸運なことに、ほとんどの場合、影響は海上や無人地帯にとどまっている。それでももし、
大都市の上空で発生すれば壊滅的な被害を生じさせかねず、大量の人命が失われる事態を防ぐためには人類
が介入する必要がある。

小惑星は、予想される衝突の何年も前であれば、小さな力を加えるだけで、簡単に軌道を変えることができる。
一方、直前に介入しようとすれば多大な威力が必要になり、衝突が避けられない事態にもなりかねない。

そうした事態を想定して、NASAは「惑星防衛調整局」を設置している。トップの肩書は「惑星防衛責任
者(PDO)」。同局はHAMMERのような衝突回避策について研究するほか、地球に接近する恐れがある
小惑星の軌道研究も担う。

同プログラムを通じてこれまでに発見された地球接近天体(NEO)は約1万8000個に上り、うち約10
00個は直径1キロを超す極めて危険な天体に分類される。NEO研究プログラムは、さまざまな形で1970
年代から存在してきた。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35116569.html

続きを読む

1 : :2018/03/19(月) 23:01:15.17 ID:0LS68EWc0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/premium/6931153.gif 全長487メートル、エンパイアステートビル大の小惑星「ベンヌ(Bennu)」。現在、時速10万kmで太陽を周回しており、来世紀、地球に衝突する可能性が指摘されている。
以前トカナでは、「もし、ベンヌが地球と衝突する可能性が高まってきた場合の対応策などは、まだまだこれからの課題になるであろうが、
1910年にハレー彗星が接近した時に世界がパニックに陥った100年前とは、分析力も、科学的対応力も格段に上がっている」と、映画「アルマゲドン」のように小惑星の爆破、
あるいは軌道変更によって地球衝突が避けられると期待を語ったが、どうやらそう簡単にはいかないようだ。
意識高い系ニュース「Big Think」(16日付)によると、Lawrence Livemore National LaboratoyとNASAは、地球との衝突軌道に入った小惑星にロケットをぶつけて軌道を変更する計画
「HAMMER(緊急対応用超高速小惑星緩和ミッション)」を立てているが、ベンヌサイズの巨大小惑星に対しては全くの無力だというのだ。
代替案として、人工衛星を小惑星近傍に送り込み、その重力により軌道を変更するというプランもあるそうだが、これもベンヌほど巨大な小惑星には効果がないという。
ベンヌの軌道を変更することができるほぼ唯一の方法は、核弾頭をベンヌに打ち込むことだ。しかし、放射能を帯びた小惑星の破片が地球に降り注ぐ可能性が高いため、推奨できるプランではないという。
万策尽き、ベンヌが地球に衝突すると仮定すると、その衝撃は高性能爆薬の30億トン分の爆発力、広島に投下された原爆の200倍に匹敵すると言われている。世界規模の大惨事は免れないだろう。
ちなみに人類は22世紀頃までに滅亡することを数学的に証明した「終末論法(doomsday argument)」という議論がある。
西暦2000年付近に生きている私たちは、人類が発生してから滅亡するまでの総人数のうち例外的に初期のメンバーである可能性は低い。
たとえば、人類発生から人類滅亡まで合計で100人の人間がいたと仮定しよう。
その時、この私が最初の5人の誰かとして生まれるよりも、それ以外の95人のどれかにあた・・・・(以下ソース

https://i1.wp.com/tocana.jp/images/bennu500_01.jpg
https://i1.wp.com/tocana.jp/images/bennu500_02.jpg
https://i1.wp.com/tocana.jp/images/bennu500_03.jpg
https://i1.wp.com/tocana.jp/images/bennu500_04.jpg
http://tocana.jp/2018/03/post_16352_entry.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/03/18(日) 09:30:27.64 ID:fpx3pVQj0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/1fu.gif 宇宙の小型宇宙ステーション『天宮1号』が早ければ今月30日に地球に落下するのではと見られている。
この小型宇宙ステーション『天宮1号』は制御不能になっており、3月16日にESA(欧州宇宙機関)が
「3月30日から4月6日の間に、北緯43度から南緯43度の間に落下する可能性が高いと分析。

「空の宮殿」という意味を持つ『天宮1号』は2011年9月に打ち上げられた中国初の宇宙ステーションである。

昨年3月に任務を終えた『天宮1号』だが、制御が効かなくなってしまっている。通常であれば宇宙ステーションや衛星は
海に落下させるのが通例だが、『天宮1号』は制御不能なためどこに落下するのか見当も付かない。

地球に落下する際に大気圏で大部分が無くなるが破片や残骸が地球に落下してくる可能性は大いにある。

落下してくる可能性のある場所は11ヵ国に絞られており、ロサンゼルス、ニューヨーク、マイアミのアメリカの州、
ブラジルのリオ、イタリアのローマ、南アフリカのケープタウン、オーストラリアのシドニー、タイのバンコク、
インドのムンバイ、日本の東京、中国の北京などが含まれている。実際に落下する1週間前には明確な
墜落地点が絞られるという。

『天宮1号』が制御不能になったことは昨年11月に伝えられたが、その落下時期は今回初めて発表された。

https://i1.wp.com/gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/03/01-18.jpg
http://gogotsu.com/archives/38011

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/03/15(木) 19:13:35.13 ID:bBnkrxKl0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif  現地調査のために未来からやって来た考古学者が、この時代から抜け出せなくなったと訴えてYouTube動画に出演した。彼を襲ったアクシデントの原因は、
先日の“スーパー・ブルー・ブラッドムーン”であったという。


■西暦6491年の別の惑星から来た“考古学者”

 先の1月31日夜、ミステリアスな皆既月食に前後して血の色を彷彿させる美しい「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が世界各地で観測された。
幸いにも好天に恵まれた地域の人々はなかなか見る機会のない稀有な月の姿に魅了されたが、その陰で思いもよらぬSF的な事件が発生していたという。

 実にSF的なそのアクシデントとは、超光速で巡航する宇宙船=タイムマシンの故障だ。ちょうど地球に到達していた未来から来たその宇宙船は当日、
このスーパー・ブルー・ブラッドムーンの影響で通信が途絶し地球に取り残されることになったのだ。

YouTubeチャンネル「ApexTV」に先日投稿された動画では、ジェイムス・オリバーと名乗る人物が、
今回身の上に起こったハプニングをカメラに向かって話している。オリバー氏は自分は未来からやって来た考古学者であると説明している。

「私はこことは違う惑星系からやって来ました。曖昧な言い方で申し訳ないが、私はある組織に属していて、
それに関わることについての詳細を話すことはできません。あえて言えば私は“考古学者”のような存在です」(ジェイムス・オリバー氏)

 オリバー氏は1月31日、乗っていた宇宙船と本部との通信回線がスーパー・ブルー・ブラッドムーンの影響で断絶し、
地球に残留する羽目になったと説明している。オリバー氏の方からは所属する組織に連絡する手立てがなくなったため、今は捜索隊の到着を待つしかないということだ。

 さすがは学者ということなのか、オリバー氏はこの地球についてかなりの知識を有していて、1年が365日であることも把握している。
彼の惑星は恒星との距離が太陽と地球よりも離れているため1年はもう少し長いという。オリバー氏の惑星が太陽系からそれほど離れていない惑星系なのか、
それとも銀河系外の星なのかは明かされていない。しかしやって来た時代については独自の計算で導き出している。

「ありがたいことに年月日を割り出す数式があります。地球の西暦に換算して計算したところ、私は西暦6491年から来たことになります」(ジェイムス・オリバー氏)

 西暦6491年という途方もない未来からやってきたオリバー氏だが、いったい何をしにこの2018年の地球にやって来たのか?
http://tocana.jp/2018/03/post_16269_entry.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/03/15(木) 18:53:45.40 ID:bBnkrxKl0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif  天候に恵まれれば多くの人々が行楽を楽しむであろう次の日曜日を迎えるにあたって、ロシア科学アカデミーから水を差すような警告が発せられている。
この日、強い太陽風が地球を直撃するというのだ。


■3月18日に太陽風が地球を直撃か?

 ロシア科学アカデミー傘下、レベデフ物理学研究所の太陽観測実験室「Laboratory of X-ray astronomy of the Sun」が先日発表した予測によれば、
この3月18日にいわゆる太陽風である磁気嵐(geomagnetic storm)が発生することが報告されている。15日から太陽表面のフレア活動が活発になり、
18日に太陽風が発生。そして活動が活発な状態が少し続き、22日と26日にも太陽風の発生が予測されている。
そしてオルタナティブメディア「Mysterious Universe」などの記事によれば、18日の太陽風は地球にヒットする可能性が高いことが指摘されている。
太陽風が地球を直撃する当日、どのような影響が考えられるのだろうか。

強い太陽風は各種の人工衛星に悪影響を及ぼし、GPSシステムをはじめとする通信機器にダメージを与えることが知られている。
あまりにも強い太陽風の発生が見込まれる場合は政府や通信各社が前もって一時的にサービスを停止する措置をとることもあり得るということだ。

 電子機器への影響だけではない。太陽風が地球を直撃した場合は、人体にも少なからぬ影響を与えることが指摘されている。
実際に太陽風が地球にヒットした日には脳卒中患者が増えると言われていて、頭痛やめまい、不眠の症状を訴える人が世界規模で多くなるということだ。
またメンタルの健康にも悪影響を与えるといわれ、太陽風が直撃した日にはうつや思考の混乱、注意力の欠如によるミスが多くなるとも言われている。

 太陽風は、太陽から宇宙空間へ突発的にプラズマの塊が放出される現象「コロナ質量放出」(Coronal mass ejection)に伴うイベントで、
直撃を受ければ地球の磁場に影響を及ぼす。

 北国の夜空を彩る美しいオーロラは地球の磁力圏に入り込んだ太陽風が引き起こす現象であると考えられているが、もちろんオーロラ程度の影響であれば実害はほとんどない。しかし強力な太陽風となれば、地球への影響も無視できないものになる。1989年にはカナダ・ケベック州全体で太陽風が原因の9時間にも及ぶ大停電が起こっている。
http://tocana.jp/2018/03/post_16326_entry.html

続きを読む

↑このページのトップヘ