メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 科学

1 :名無しさん@涙目です。:2018/09/16(日) 11:03:13.20 ID:1LNKweEq0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/anime_jien02.gif  自民党総裁選の地方遊説が15日、始まった。安倍晋三首相と石破茂元幹事長がこの総裁選で初めて、市民や党員に向けて直接考えを語った。
しかし、議論が歓迎されないような閉塞(へいそく)感や、世論との隔たりも指摘される。遊説先の人たちはどう聴いたか。

15日夕、安倍、石破両氏は佐賀市中心部のJR佐賀駅前で演説会に臨んだ。安倍氏は「まっとうな経済を取り戻すことができた」と実績をアピール。石破氏は「もう一度地方に雇用と所得を取り戻す」と強調し、佐賀の観光産業の成功例などをたたえた。

 買い物帰りに足を止めた女性(60)は、安倍、石破両氏を見て「何の選挙だっけ?」。自民党の総裁選と知り最後まで聴かずに立ち去った。自民党国会議員の関係者は「盛り上がってはいないかな」と漏らす。

 「オスプレイの話が全く出なかった」。演説会を聞きに来た佐賀市議でノリ漁師の川崎直幸さん(68)は残念がった。県は今年8月、陸上自衛隊のオスプレイの佐賀空港への配備計画を容認。1998年の開港以来、経営が厳しい県営空港。
100億円を国から受ける条件をのんだ形だったが、地元では賛否が渦巻く。川崎さんは市議会で自民党会派に所属していたが、会派内で配備計画を容認する決議に賛成するよう求められ、昨年12月に離脱した。
「漁師には反対が多く、県民にも賛否がある。自分の意見を曲げ、反対の声を上げなかったら議員生命に関わる」と思った。

 賛否両論があるのに、自民の地方議員から異論が聞こえてこないのが不思議だ。「今の自民の議員は、なあなあに見える。来年の統一地方選など、次の選挙で党に支援してもらうことしか考えていない」。川崎さんにはそう映る。

 防災やにぎわいづくりなど佐賀市のまちづくりに取り組むNPO「地球市民の会」の事務局長の岩永清邦さん(35)は、安倍、石破両氏の演説に「貧困など地方の課題についてもっと議論を聞きたい。物足りなさがあった」と口にした。
https://www.asahi.com/articles/ASL9H5R9JL9HUTIL01G.html?iref=comtop_8_02

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/09/05(水) 10:56:02.75 ID:Tlt45o7x0

https://i1.wp.com/img.2ch.net/ico/8toushinnomonar32.gif 海洋汚染で本当に脅威となっているのはプラスチックではなく「タバコのフィルター」

廃棄プラスチックが川や海を流れ、微小な「マイクロプラスチック」となり海洋汚染に
大きく影響しています。こういった状況を解決すべく台湾では使い捨てストローやビニール袋の
使用が段階的に禁止されており、他にもスターバックスが2020年までにプラスチック製の
ストローを廃止すると発表しています。しかし、実際にはプラスチック製ストローは
海洋廃棄物の0.02%しか占めておらず、タバコ(紙巻タバコ)の方が大きな影響を与えていると報告されています。

世界中で毎年作られているタバコの総数は5兆6000億本で、その3分の2(約3兆7000億本)は
無責任に投棄されています。そのタバコの大部分がフィルターにセルロースアセテートと呼ばれる
プラスチックを使用しており、これを自然界で分解するには10年以上の年月がかかるとのこと。

セルロースアセテートでできたフィルターはタバコが体にもたらす悪影響を少しでも緩和するために
1990年代半ばに発明されたものです。しかし、サンディエゴ州立大学の公衆衛生学科で教授を務める
トーマス・ノボトニー氏は、「フィルターには健康上のメリットが一切ないことは明らかです。
フィルターは単なるマーケティングツールで、これがあることで多くの人が心理的に喫煙しやすくなる、
というだけのものです」と語っています。また、ノボトニー氏はタバコのフィルターこそがプラスチック
廃棄物の主要なものであり、「これを許可し続けることができないということは明白」と、一刻も早く
タバコのフィルターに何らかの規制をかけるべきだと訴えています。

1986年以来海水浴場の清掃活動を支援してきたオーシャンコンサーバンシーによると、
タバコの吸い殻は32年連続で世界の浜辺で最も多く集められたゴミだそうです。これは浜辺で
収集されたゴミの約3分の1を占めており、過去32年間での総数は約6000万本にものぼるそうです。
タバコのフィルターには自然界で分解されづらいプラスチックが使用されているため、これが使い捨て
ストローなどよりも海洋汚染に影響を及ぼしていることは明らかです。

https://gigazine.net/news/20180904-cigarette-butts-worse-plastic-straws/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/09/05(水) 06:24:06.65 ID:nejNf66K0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif 韓国がついに“高齢社会”へと突入した。65歳以上の人口の比率が初めて14%を超えたのだ。

最近、ソウルの地下鉄で高齢者同士のケンカが増えているとは聞いていたが、いよいよといった感じもする。

韓国統計庁が8月27日に発表した「2017年人口住宅総調査」によると、韓国在住の総人口は5142万3000人。そのうち65歳以上の
高齢者は前年より34万人増の712万人で、人口全体の14.2%となった。

貧困率や自殺率が高い

一般的に、高齢者人口の比率が7%以上を「高齢化社会」、14%以上を「高齢社会」、21%以上を「超高齢社会」と呼ぶが、
韓国もついに高齢社会に入ったわけだ。

http://s-korea.jp/archives/47838

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/08/07(火) 22:11:20.64 ID:lJI9u7OT0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 地球から約20光年離れた宇宙で、木星の約12倍の大きさの惑星が「漂流」しているのが見つかった。

5日付けのインディペンデント紙によると、このような種類の惑星が電波望遠鏡を使って発見されたのは初めて。

分析の結果、同惑星の磁場は木星の磁場よりも200倍強力で、いかなる星とも結びつきがないことがわかったという。

(中略)

SIMP J01365663+0933473と名付けられたこの珍しい天体は、米ニューメキシコ州にある電波望遠鏡Very Large Arrayを使って2016年に発見された。当時学者らはこれを褐色矮星と判断したが、その後の観測で、はるかに若いことが分かった。これは、この天体が「自由に漂流する」惑星であることを意味している。

https://jp.sputniknews.com/science/201808065199612/

https://youtu.be/73v7UevhADs

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/08/07(火) 18:46:57.85 ID:hguUjCQx0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/folder1_03.gif 化石燃料による大気汚染がこのまま続けば、地球は危険な「温室」状態が永続することになりかねない──。

欧州などの研究者らが6日、そう警告する論文を米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表した。
環境保護と経済成長を両立させるグリーン経済への転換を地球規模で早急に実現する必要があると訴えている。

デンマークのコペンハーゲン大学(University of Copenhagen)やドイツのポツダム気候影響研究所
(Potsdam Institute for Climate Impact Research)、オーストラリア国立大学(Australian National University)などの
研究者がまとめた論文によると、このまま極地の氷が解け、森林が伐採され、温室効果ガスの排出量が増え続けていくと、
地球は転換点となるしきい値を超える。
そうなれば気温は産業革命前よりも4〜5度上昇し、海面は現在よりも10〜60メートル上昇する。

21世紀末までに各河川は氾濫し、沿岸地域は暴風雨にさらされ、サンゴ礁は消滅。地球の平均気温は過去120万年間のどの間氷期よりも高温になるという。

「温室化した地球(Hothouse Earth)」が現実のものになれば、地球は人が住める場所ではなくなってしまう」。
論文の共同執筆者であるスウェーデンのストックホルム・レジリエンス・センター(Stockholm Resilience Centre)所長、
ヨハン・ロックストローム(Johan Rockstrom)氏は危機感をあらわにする。

論文は、地球の気温が産業革命前比で2度上昇すると、この転換点を迎える可能性があると指摘する。
すでに1度上昇しており、10年間に0.17度の割合で上がり続けている。

http://www.afpbb.com/articles/-/3185176

続きを読む

↑このページのトップヘ