メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: ゲーム

1 ::2019/08/19(月) 06:24:20.50 ID:uz8wy/FC0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/L1h1Jrl.jpg https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/kita1.gif
 映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の原作ということで、にわかに注目を集めている「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」。
映画が公開された後は、セールの効果もあってかなり長い期間、アプリストアのランキング1位に居座り続けており、
あらためてその人気に驚かされました。

 シリーズの中でも特に「名作」との呼び声が高い同作。
だからこそ映画の原作にも選ばれたわけですが、一体「ドラクエV」の何がそこまでユーザーを引きつけるのか? 
現役ゲーム開発者であり、ブログ「枯れた知識の水平思考」「色々水平思考」の管理人、hamatsuさんによる、
原作「ドラクエV」レビューをお送りします。




なぜ「ドラクエV」はここまで「語られる」のか? “ビアンカフローラ論争”がいつまでも終わらない理由と「ドラクエV」というゲームの巧妙さ
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/18/news035.html

続きを読む

1 ::2019/08/19(月) 10:06:29.84 ID:TWlsbC0i0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/uk86C6K.png https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/imanouchi_2.gif
https://switchsoku.com/soft/pokemon/39914
任天堂が「草」を商標登録

任天堂株式会社,株式会社クリーチャーズ,株式会社ゲームフリークがおもちゃジャンルで「草」を商標登録したとのこと

いちおう確認したところ確かにありました

こういうのもちゃんと登録しとかないといけないんですね。
大変だなぁ。

https://i1.wp.com/switchsoku.com/wp-content/uploads/2019/08/BRiyRXA.png
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-081203/91A8A1842BEB35CE72BA348AF4763421600DEB3D2503A79E3CFCB5563A7A8515/40/ja

続きを読む

1 ::2019/08/18(日) 11:35:11.75 ID:N++NIPTe0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Jtl6AqW.jpg https://i1.wp.com/img.5ch.net/premium/6931153.gif
DRAM輸出規制を日本の対抗カードとして使わなければならないという主張が提起されている。
与党の重鎮チェ・ジェソン日本経済侵略対策特別委員会委員長のこのような発言で注目を集めている。

チェ・ジェソン委員長は14日、一部の記者との懇談会で、「国産DRAMの日本輸出に対する規制は避けられない」とし「情報分析を政府・与党庁で共有する。DRAMは、ソニーや任天堂に強力な打撃を与えることができるカード」と言及した。
その一方で「これについて政府があれこれ話を先にする必要はない。必要なときに実行に移せば良い」と付け加えた。

半導体は戦略物資輸出統制品目に該当する。
ミサイル開発など大量破壊兵器の開発へ本来商業目的と別の「二重用途」として活用されることもあるという性格上、日本はもちろん、韓国の戦略物資輸出統制品目にも分類される。
メモリ、システム半導体はもちろん、その素材や装備などの半導体関連の具体的な詳細項目は、国内では産業通商資源部傘下の戦略物資管理院の判断の下、輸出規制に適用することができる。

日本は現在、韓国を戦略物資輸出優遇白国(ホワイトリスト)から排除しても、フォトレジスト、フッ化水素、フッ化ポリイミドなどの3種を除けば、直接個々の許可対象は指定されていない状況である。

議員の主張は、日本が追加規制カードを取り出したち場合の対抗次元で検討するオプションとしてDRAMを活用することができるということだ。

https://wb2.biz/2aB

続きを読む

1 ::2019/08/14(水) 20:04:04.90 ID:tG0B0FnU0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif 加えて、民主党は14日、国産Dラムの対日輸出規制が必要であると主張を策定した。

チェ・ジェソン、日本経済侵略対策特別委員会委員長はこの日、一部の記者との懇談会で、「国産Dラムの日本の輸出のために「キャッチオール」方式の規制が避けられない」と述べた。
「キャッチオール(Catch all・状況許可)」は、半導体のような、非戦略物資も大量破壊兵器などに活用されたり、専用することができる物品を輸出する際に、政府の個別の許可を受けるようにする輸出規制方式である。

崔議員の言葉は「Dラムが韓国政府の対応措置の一つである解釈は間違っていること」というゴミンジョン大統領府報道官の前日の発言との距離がある。
高スポークスマンは、キム・ヒョンジョン国アンボシル2次長が12日Dラム輸出と関連し、対日(對日)「カード」「オプション」などの表現を使用した後の議論が広がる進化に出たものと解釈された。

「食い違い」で見ることができる党・青の動きについて崔議員は「情報分析は、党・政・庁共有する。
Dラムは、ソニーや任天堂の強力な打撃を与えることができるカードだ。
ただしこれ持って、政府があれこれ話を先にする必要はない。必要なときに実行に移せば良い」と話した。

与党「私たちは、ソニー・任天堂殴る」・・・Dラム輸出規制策定
https://news.joins.com/article/23552381?cloc=joongang|home|newslist1

続きを読む

↑このページのトップヘ