メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: ゲーム

1 : アキレス腱固め(神奈川県)@\(^o^)/ [GB]:2017/03/22(水) 17:53:28.64 ID:5UvVtCNg0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/zZtQH5p.png http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20170321/Labaq_51881640.html
アメリカの高校生「任天堂でゲームデザイナーとして働きたい、どうしたらいい?」→10年後、ゼルダの伝説のプログラマーになっていたと話題に

任天堂の新作「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(Nintendo Switch/Wii U)が世界中で評判となっており、早くも傑作との呼び声も上がっています。

そんな大作ゲームの製作者のクレジットの中に、日本人に混じって外国人プログラマーが名を連ねていたことから、気になって調べた人がいました。

するとそのプログラマーは10年前は高校生でした。

「こんにちは。僕は高校を卒業したところで、大学の出願はまだです。進学を考えていますが、まだはっきりしていません。

高校最後の年は日本の学校に5か月ほど交換留学しました(その前にも同じ学校に3週間)。留学の経験は素晴らしいもので、すぐにまた日本へ行きたいです。

日本で2年間、日本語学校で学んで最難関の資格テストに合格するプランを検討したけれど、地元の奨学金制度は日本で学ぶことは対象外でした。自費か利率の高いローンを組む必要があり、ハードルが高いです。

僕の夢は、日本で暮らして任天堂のゲームデザイナーになること。もちろん、いかに難しい目標であるかは理解しているつもりだけど、最初にマリオで遊んだときから、それが夢なのです。

この目標に向かうために何をするべきか、助けが必要です。ゲームデザイナーの専門知識を得るための学校や、仕事に必要な日本語のスキルの習得が必要なのはわかっています。それ以外に、何をするべきでしょうか?

この質問には具体性がないので、質問してもらってかまいません。アドバイスをよろしくおねがいします」
なんと当時の彼は任天堂で働くことを夢見ていた若者で、それを叶えるためのアドバイスを募っていたのです。

それから10年が経過した今、彼は見事に夢を叶えていました。

2015年には立命館大学で任天堂のインターンシップをしていたそうなので、入社後にいきなり大作のプログラマーに抜擢されていることから、それだけでも非常に優秀な人材であることが伺えます。

続きを読む

1 : アキレス腱固め(神奈川県)@\(^o^)/ [GB]:2017/03/22(水) 18:02:23.51 ID:5UvVtCNg0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/2ktFVAE.png https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000020-famitsu-game

『DARK SOULS III』アップデートver1.11を3月24日配信 “不死の闘技”システム、ステージ拡張、防具性能と重量の調整などを実施

 フロム・ソフトウェアは、発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『DARK SOULS III(ダークソウル III)』について、アップデートファイルver1.11を3月24日に配信することを発表した。

 なお、アップデートファイルver1.11にて実装される“不死の闘技”新ステージと対戦ルールは、追加ダウンロードコンテンツ購入者を対象としたもの。
DLC第1弾“ASHES OF ARIANDEL”(発売中)、第2弾“THE RINGED CITY”(3月28日配信予定)のいずれかひとつを購入すれば、“不死の闘技”の全機能を楽しむことができる。

続きを読む

1 : ファイヤーボールスプラッシュ(catv?)@\(^o^)/ [TH]:2017/03/17(金) 17:40:12.32 ID:peCTWGvw0

https://i1.wp.com/game.watch.impress.co.jp/img/gmw/docs/1050/044/ps3_02.jpg ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、2014年8月より発売を開始したプレイステーション 3の最新モデル「CECH-4300」の出荷を近日中に完了することを明らかにした。
今のところPS3の新型モデルは発表されておらず、2006年11月の発売から11年目で、ついにPS4にその役目を完全に譲ることになる。

 PS3はプレイステーションの生みの親である久夛良木健氏が手がけた据え置き型のゲーム機。
IBMや東芝との共同開発によって生み出されたCell Broadband Engineを搭載し、
ゲーム機としての能力のみならず、PCとしても利用できるスーパーコンピューターとして設計されたものの、
62,790円(発売前に49,980円に価格改定)という価格がネックとなり、ゲームプラットフォームとしては苦戦を強いられた。

 PS3もまた、PS2時代と同様に、数年に1度、小型軽量化が図られた新モデルがリリースされ、
現行の「CECH-4300」は、4世代目となるCECH-4000シリーズの最終モデルとなる。
初期モデルと比較して、本体重量は半分以下(5kg→2.1kg)、HDD容量は25倍(20GB→500GB)、そして価格は約半分(49,800円→25,980円)になっている。

プレイステーション 3がついに出荷終了へ
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1050044.html


ソニー平井氏「PS3は10年闘える」
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2012-01-10/LXLTWI0YHQ0X01

続きを読む

1 : 逆落とし(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/[US]:2017/03/14(火) 17:02:54.45 ID:+DUCjlyV0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/yP2wY4S.jpg PS4ゲームがPlayStation Now対応。本体を買わずPCで定額遊び放題に

ソニーのストリーミングゲームサービス PlayStation Now (PS Now)に、ついにプレイステーション4タイトルが加わることが明らかになりました。

Windows PC用のPS Nowアプリを使えば、PS4本体を買わずにPS4のゲームが遊べるようになります。

プレイステーションNow (PS Now)はソニーが運営するクラウドゲームサービス。ソニーが保有するサーバ上で動くゲームをインターネットごしに映像とし
てストリーミングして、プレーヤー側からはコントローラの信号を送り返すことで遊ぶ仕組みです。

実質的に動画配信やインターネットごしのリモートプレイなので、利用には当然ながら常時ネット接続が必須。快適に遊ぶにはある程度の帯域(推奨12Mbp
s)と、遅延の少ない回線環境が必要です。

一方、利点はゲームをまるごとダウンロードもインストールもする必要がないため、すぐに遊べること。記録容量がほとんど不要なこと。

またクライアント側の機器は動画再生ができてコントローラの信号を送れる程度の性能があれば良いため、非力な薄型ノートなどでも快適に遊べます。た
とえば他社が展開するPC向けのストリーミングゲームサービスでは、数十万円クラスのゲーミングPCで動かしたゲームをタブレットでも遊べることを売り
としています。

このように、サーバ側で用意さえすればどんなゲームでも遊べることがストリーミングゲームの大きな特徴のはずですが、ソニーの提供するPS Nowでは遊
べるゲームのライブラリが従来はPS3タイトルしかなく、結構な定額を支払って旧作が遊べる微妙なサービスか、PS4のPS3疑似互換のような位置付けでし
た。

新たにPS4のゲームが加われば、ソニーがライブラリに用意する範囲で、PS3に加えてPS4の最新ゲームもストリーミングで試し放題&遊び放題になります。

PS Now の PS4 ゲーム対応は、現在は米国向けにプライベートベータテストが発表された段階。開始予定は2017年中。具体的なゲームリストや正式サービ
スの開始日時、日本国内での展開予定や仕様などは明らかになっていません。

プレイステーションNowがPC対応。本体なしでPS3をプレイ、Xboxアプリで録画・配信も

なおWindows PC用のPS Nowクライアントアプリは長らく海外でのみ提供でしたが、国内でも近日中にリリースが予定されています。

更新:ソニー、PS Now対応機器を大幅縮小。PS3、Vita、Vita TV、ブラビアやBDプレーヤは切捨て、PS4とWindowsに注力して継続

ストリーミングゲームの特性を活かして、携帯機のPS Vita や テレビのブラビア、ソニー製BDプレーヤーなどでも遊べていたPS Now ですが、対応機種を
大幅に減らし、今後はPS4とPCのみに注力して展開する計画です。

PS3やPS Vitaも非対応。PS3を買えばPS4ゲームが遊べる、プレイステーションはネットに溶けてゆき同じハードでもクラウド側で進化してゆく、という時
代には残念ながらなりませんでした。
http://japanese.engadget.com/2017/03/13/ps4-ps-now-pc/

続きを読む

↑このページのトップヘ