メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: ゲーム

1 ::2019/08/02(金) 20:39:53.91 ID:oFVS4qbC0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」、提訴される キャラ名を「無断使用」...「5」小説版作者が主張
https://i1.wp.com/amd.c.yimg.jp/amd/20190802-00000011-jct-000-3-view.jpg


映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の制作者委員会を相手取り、小説家の久美(くみ)沙織さんが民事訴訟を起こしたことが2019年8月2日、分かった。

【画像】争点となった主人公「リュカ」

 久美さんは『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の原作であるゲーム「ドラゴンクエストV」の、ノベライズ版の作者。
小説のキャラクターの名前が無断で使用されたなどとして、映画のクレジットに自身の名前の掲載などを求めている。

■「水を差すこともしたくはなかった」

 人気ゲーム「ドラゴンクエスト」の映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が、8月2日に公開された。

 久美さんは同日、ツイッターで自身の著書『小説ドラゴンクエスト5—天空の花嫁』(エニックス<現スクウェア・エニックス>)の主人公の略称「リュカ」を無断で使用され、本名の一部も改変されたとして、
使用許諾契約の締結や映画のクレジットへの自身の名前の掲載などを求め、長野地裁に提訴したと発表した。訴状は8月2日付。

 久美さんは報道向けの発表文で、「ドラゴンクエストVを映画化するにあたり、主人公の名にリュカを使うとしたら、それは私の小説が存在したゆえで、また、その読者のかたがたが多数おられたからだと思われました」と提訴に踏み切った理由を説明。

 続けて、「訴訟の請求事項は名誉回復のみであり、金銭賠償の請求はしておりません。また、映画の上映差し止めも請求しておりません。楽しい映画ですから、多くのかたにご覧頂きたいと、心底、思っております。
本当は本件訴訟のような水を差すこともしたくはなかったのです」と心境を明かし、「ファンのみなさまにおかけするご迷惑ができるだけ少ない方法で、事後承諾でいいので、契約し、クレジットしていただければ十分です」と要望した。

 ツイートは3000以上リツイートされ、ファンから

  「製作陣が先生に対して誠意ある対応をすることを願います」
  「まさか主人公の名前が無許可だとは...クレジットに久美沙織さんのお名前が並ぶことを切に願います」

といった声が寄せられている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190802-00000011-jct-ent

続きを読む

1 ::2019/07/22(月) 12:39:10.79 ID:+5MpV4nv0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 路上でポケモンGO、別のプレーヤーを殴った疑いで逮捕
スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」をプレー中に別のプレーヤーとトラブルとなり、
顔を殴ってけがをさせたとして、愛知県警は、同県豊田市の自称自営業の男(43)を逮捕し、22日発表した。容疑を認めているという。

 豊田署によると、男は5月22日深夜、豊田市の市民文化会館そばの路上で、
同じくポケモンGOをプレーしていた豊田市の派遣社員の男性(44)の顔を数回殴り、
鼻の骨が折れるなどのけがをさせた疑いがある。男は今月21日深夜に逮捕された。

 現場の市民文化会館周辺には、ゲーム上でポケモンと対戦できる「ジム」というスポットがあり、
ここでのプレーを巡ってトラブルになったという。
派遣社員から被害届を受けた県警が、アカウント情報などから容疑者を特定した。
https://www.asahi.com/articles/ASM7Q3FKGM7QOIPE00D.html

続きを読む

1 ::2019/07/10(水) 21:20:14.37 ID:JOwAEhmS0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/u_pata.gif  任天堂株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長:古川俊太郎)は、Nintendo Switchの「携帯モード」に特化することでその携帯性をさらに向上させた「Nintendo Switch Lite」を9月20日に発売いたします。
希望小売価格は、19,980円(税別)、本体カラーはイエロー、グレー、ターコイズの3色からお選びいただけます。

https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2019/190710.html

続きを読む

1 ::2019/06/29(土) 21:15:51.20 ID:qsLMi9QO0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif



「巨大馬 黒王に乗ってあのラオウになれる体験!!」

との謳い文句とともに目に飛び込んでくるのは、ケンシロウの義兄にして宿敵、「世紀末覇者 拳王」のラオウが愛馬の黒王号にまたがり、緑の小道を堂々と闊歩する姿を彷彿とさせるような写真。
漫画でもよく描かれていた印象的なシーンだ。


これは、体験型ふれあい動物園のノースサファリサッポロ(北海道札幌市)が7月13日より開始する、コスチュームを身につけた利用客がラオウになりきれるサービスだといい、馬上の記念撮影を行えるほか、短い距離ではあるが乗馬体験も楽しめるそう。

ファンの多いラオウだけに、早くもネット上では「こんなん体験できたら生涯に一片の悔いないわ」「このためだけに札幌へ行っても一片の悔いなし」 という、これまたラオウの最期の時の名言「我が生涯に一片の悔いなし」になぞらえた熱い声が沸き立っている。

開始前からすでに盛り上がりを見せているが、一体どのようにしてこのサービスは生まれたのか。担当者に聞いてみた。


「黒王みたい」きっかけは社長の一声
ーー企画が動き出した最初のきっかけは?

弊社は動物園のほかに、結婚式でフクロウに指輪を運んでもらうなどのサービスを行っております。ブライダルで白馬を使う新規サービスを模索中、社長が巨大な馬を目にしまして、「これ黒王みたいだな」と言い始めたあたりがきっかけです。

ーー社内に『北斗の拳』ファンはどのくらい?

社内には社長をはじめ、ファンがたくさんいます。


ーー社内からは当初どのように受け止められていた?

社内には20代から50代までいます。当然ジェネレーションギャップがあり一枚岩とはいえないものの、若い世代も「なんか面白そう」との反応でした。
https://sp.fnn.jp/posts/00046974HDK/201906280630_FNNjpeditorsroom_HDK

続きを読む

1 ::2019/06/24(月) 19:41:22.59 ID:butKmkZb0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/u_pata.gif  2019年6月24日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、プレイステーション4などに接続してテレビ番組の録画・再生が楽しめる機器“nasne(ナスネ)”について、商品サイトの内容を更新。同商品が近日出荷完了予定であることが明らかになった。

 これを受けて、編集部がSIEに取材を行ったところ「出荷完了次第、商品サイトをアップデートさせていただく予定です。また、“torne(トルネ)”や“nasneACCESS”のサービスについては、いましばらく継続いたします」とのコメントを得た。

 nasne(ナスネ)は、2012年に発売が開始されたネットワークレコーダー&メディアストレージ。プレイステーション製品やスマートフォン、タブレット、PCなど、さまざまな機器とつなげることができ、ネットワークを介して家の中でも外でも、
テレビ番組の視聴・録画や保存したコンテンツが楽しめる機器として人気を博している。SIEへの取材では、関連アプリケーションおよびサービスそのものがすぐに終わる、ということはなさそうだが、それも永続的なものではない模様だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00000002-famitsu-game

続きを読む

↑このページのトップヘ