メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: スポーツ

1 :名無しさん@涙目です。:2017/12/10(日) 13:24:47.29 ID:SD5Li7Ju0

https://i1.wp.com/img.2ch.net/ico/nida.gif 平昌(ピョンチャン)冬季五輪期間中に1泊100万ウォン(約10万円)を超える宿泊料金を策定した平昌・江陵(カンルン)地域の宿泊業者が大規模な空室発生を懸念する自体に追い込まれている。

平昌冬季五輪大会組織委員会が事前契約した宿泊業者との客室予約を5500室ほどキャンセルした事実が9日に明らかになった。平昌冬季五輪組織委員会と江原道(カンウォンド)によると、IOCが大会主要関係者と顧客向けに配分を要求した宿泊施設の規模が2万1200室から1万5700室規模に減った。

組織委員会など大会関係企業が相次いで宿泊をキャンセルしたのは平昌冬季五輪に来る主要顧客の人数が減ったためだ。

組織委員会は儀典が必要な人たちとマーケティング関係者らのために競技場から1時間以内の距離にある3〜5つ星級ホテル、コンドミニアム、リゾートなどをあらかじめ押さえておいた。だが北朝鮮の挑発など韓半島(朝鮮半島)情勢が不安定になり主要顧客が減った。これを受け組織委員会は先月原州(ウォンジュ)にあるホテルと大型コンドミニアムとの契約を相次いでキャンセルした。

これについて組織委員会関係者はあるメディアに「国家五輪委員会(NOC)など海外から来るお客が平昌組織委員会を経ず独自に宿泊地を探して契約したり、参加団の規模を減らしたことから事前契約した客室数が減った」と話した。


2017年12月10日11時01分 [中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/351/236351.html?servcode=600&sectcode=670

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 【社説】平昌五輪参加を明言しない米国、一体何が起こっているのか

 米ホワイトハウスは7日、平昌冬季オリンピックに米国が参加する問題について「正式には
決まっていない」とコメントした。前日「米国の参加決定についてはすでに終わったことでは
ないのか」との質問に米国のヘイリー国連駐在大使が「今なお疑問だ」と回答したのに続き、
ホワイトハウスまで米国の平昌オリンピック参加に関する明言を避けた。米国務省の担当者も
この日「米国は韓国で開催されるオリンピックの一員になることを期待している」と語っただけで、
メディアの度重なる質問に「参加する」とは明言しなかった。ホワイトハウスの報道官もこの日
午後、ツイッターで「米国の参加を期待する」と同じように書き込んだ。まるで国務省と事前に
約束でもしたかのようだ。米国は冷戦の真っ只中にあった1980年、旧ソ連のモスクワで開催された
オリンピックへの参加をボイコットしたが、その後は冬季も夏季もオリンピック参加決定を先送り
したという話は聞いたことがないし、同盟国で開催されるオリンピックはなおさらだ。今米国が
表向き「参加未定」の立場を維持している理由は、北朝鮮の挑発により米国選手団の安全に問題が
生じる可能性があるからだ。国務省もヘイリー大使も「米国国民の安全が最優先」と発言している。

 韓国大統領府は米国でこのような発言が相次ぐことについて「理解できない」という雰囲気だと
いう。北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を試験発射した直後の先月30日、文在寅大統領と
トランプ大統領は電話会談を行ったが、その際にトランプ大統領は米国の平昌オリンピック参加を
約束し、米国オリンピック委員会(NOC)も2カ月前に平昌オリンピックへの参加を正式に発表した。
それが今になってこのような状況になったことに大統領府は戸惑いを隠せないようだ。(略)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/09/2017120900450.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2017/12/09(土) 07:10:47.54 ID:6StKCyuW0

https://i1.wp.com/img.2ch.net/ico/nida.gif 「韓日慰安婦合意」を検証している外交部タスクフォース(TF)の年内結果発表を控え、日本から韓国にもしTFが「合意破棄」の手順を踏む場合、安倍晋三総理の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック出席は難しいという意思が伝えられたことが分かった。

安倍総理は当初、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の平昌オリンピック出席要請に「国会が開かれる期間だが積極的に検討する」という立場を明らかにしてきた。しかし、オリンピックを二カ月、慰安婦TF結果発表を3週間ほど目前にした時点で「慰安婦合意」に対する政府の結論を見て出席可否を決めるという留保的姿勢に旋回したと解釈される。

政府消息筋は「日本が慰安婦合意と平昌オリンピックを結びつけて問題提起したことはない」として「慰安婦合意に対する日本国内の否定的世論を考慮した原則的立場と解釈している」と伝えた。慰安婦合意TF発表が平昌オリンピックを控えた敏感な時点に予定されており、日本国内政治変数に気を遣わずにはいられない日本首脳も尖鋭な利害関係を持って眺めていると解釈される。

慰安婦TFは合意2周年をむかえる12月28日前には検証結果を発表すると発表したが、オ・テギュTF委員長は「まだ何も決まっていない」として「TFは検討結果を発表するだけで実際の破棄や再協議あるいは合意履行権限は政府にある」とした。
(後略:経緯等)

[パク・テイン記者]

ソース:毎日経済(韓国語) [単独]日の脅迫…「慰安婦合意破棄すれば安倍平昌出席難しい」
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?year=2017&no=814636

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2017/12/09(土) 09:18:28.05 ID:8hIER4Ti0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 富岡八幡宮殺人 姉の首を日本刀で切った元宮司の弟「ボンちゃん」の悪評〈AERA〉

「深川の八幡さま」として知られる富岡八幡宮(東京都江東区)周辺で、宮司の富岡長子さん(58)らが襲われ、3人が死亡した事件。目撃者から話を聞いた近隣住人がこう話す。

【写真】殺害された富岡長子さんと現場周辺

「弟の(富岡)茂永容疑者が日本刀を振りかざし、姉の長子さんの首を切り、そのまま胸をひとつき。日本刀は割れていたようです」

 3人を殺傷した後に自身も自殺したと見られる富岡茂永容疑者(56)。警視庁が殺人容疑で調べている。茂永容疑者と地元小学校、中学校の同窓生である50代の男性はこう話した。

「事件の速報を聞いたとき、過去にきょうだいのいさかいがあったので、茂永(容疑者)の犯行ではないかと思った。同時に凶器が日本刀だと聞いて、そんな根性のあるやつじゃないとも思った」

 茂永容疑者とはどのような人物なのか。男性は続ける。

「学生時代のあだ名は『ボンちゃん』。ボンボンのボンです。勉強もスポーツもできるほうではないが、お金は持っている。イジメの対象になっていた」

 そんな茂永容疑者が変わったのは大学進学後のことだという。

「お金で釣った悪友をボディーガードみたいにつけるようになった。移動はいつも車で、18歳のときには外車のリンカーンを乗り回していましたね」

 そうした過去を知っているからこそ、茂永容疑者が父親の後を継ぎ宮司になったときには、「ふざんけんな」と陰口をたたく地元の人間が多かったという。

 しかし、茂永容疑者はその後、2001年に宮司を辞めさせられている。その理由を富岡八幡宮の関係者はこう話した。

「神社本庁に収めるお金を使い込んでいることが明らかになり、辞めさせられたのです。辞めさせられたというよりは、追放したと言ったほうがいい。
宮司になってからは毎晩銀座を飲み歩き、月に100万、200万円を使いこんでいた。女性にだらしなく、複数回離婚している。神社からは退職金というか、手切れ金として結構な額を渡している」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171208-00000069-sasahi-soci

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2017/12/07(木) 01:40:28.87 ID:7UXoRKQL0

https://i1.wp.com/img.2ch.net/ico/imanouchi_2.gif 対北朝鮮、「先制攻撃」容認せず=五輪契機に対話期待—韓国大統領
 韓国の文在寅大統領は6日、「北朝鮮の核問題は必ず解決しなければならず、圧力もかけ
なければならない」と述べる一方、「軍事的先制攻撃で戦争が起きることは断じて容認でき
ない」と強調した。
 また、「『われわれの同意なくして朝鮮半島での軍事行動はあり得ない』と米国にはっきりと
伝えている」と語り、平和的な解決策を模索する考えを改めて示した。
 大統領府が宗教界代表者との懇談での発言を公表した。文大統領は「今は緊張が高まって
いるが、この状態が続くことはあり得ない」と楽観。「結局、(対話は)時期の問題だとみられる。
その過程に平昌冬季五輪がある」と述べ、五輪をきっかけとした対話局面への転換に期待感を
表明した。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000166-jij-kr

続きを読む

↑このページのトップヘ