メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: スポーツ

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/2B5cOrs.jpg
そうしなければうちのような弱いチームは勝てない
???事の発端は2017年8月14日付けの「日刊ゲンダイ」。坂原監督の見開きインタビューが掲載されていて、「文武両道という言葉が大嫌い。あり得ない」という大きな見出しが付いている。下関国際高校の偏差値が「36」(山口県下関市に
ある予備校)ということもあってか、進学校の野球部に対する強烈なライバル心をむき出しにしている。05年に監督に就任当時はかなり野球部が荒れていた。そのためマナーを徹底的に叩き込み半強制的に練習をさせてきた。
遅い時は23時までやらせる。それは野球技術を磨くだけでなく選手間の連帯感を持たせるため。そして、
「そういうものを大切にしていかないと、うちのような弱いチームは他に勝てない。進学校さんはそういうやり方が嫌いだと思いますけど」
と語っている。自主性をうたう進学校には絶対に負けたくないし、進学校と対戦する時は普段練習していないだろうと思い、試合時間を長引かせ相手をヘトヘトに疲れさせてやる。野球と勉強の両立について聞かれると、
「無理です。『一流』というのは『一つの流れ』。例えば野球ひとつに集中してやるということ。文武両道って響きはいいですけど、絶対逃げてますからね」
とし、文武両道は「二流」だとした。そして、他校の監督は「楽しい野球」というが嘘ばっかりだ、とも。自分は現役の時に日々の練習が楽しいと思ったことはないし、「楽しく」という餌をまかなければ選手を集められない学校を否定した。

https://www.j-cast.com/2017/08/18306219.html?p=all

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/kIzIKqM.jpg
平昌五輪、熱気はどこへ 開幕まで半年 チケットや後援金不振

8/9(水) 7:55配信

 ■参加呼びかけ、北は無視

 【ソウル=桜井紀雄】平昌五輪開幕まで9日で半年となった。競技場はほぼ完成し、韓国政府は、ハード面での万全の態勢をアピールする。
だが、肝心の国民は盛り上がりに欠け、資金不足にも直面。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が支援を呼びかける事態となっている。

文氏は対北「対話」の突破口にと、北朝鮮の参加も提案したが、北朝鮮側に無視され、暗礁に乗り上げている。 平昌五輪は、主な会場を30分以内に移動できる「コンパクト五輪」を売りにする。

平昌五輪組織委員会によると、7月現在、新設の6競技場の完成度を示す平均工程率は97%に達し、全ての競技場が10月に完成予定だ。
開・閉会式を行うオリンピックプラザも急ピッチで工事が進み、9月中の完成を見込んでいる。

 ソウルと平昌を58分で結ぶ高速鉄道のKTXも年末の開通を予定。道路網も11月には完工する見通しだ。

 文氏は7月下旬、開幕まで200日を記念したイベントで「五輪を成功させ、国民が韓国に再び誇りと希望を持てる契機になることを期待する」と語った。

朴槿恵(パク・クネ)前大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件で分断された国民世論を一つにする国家的祭典にしたいとの思いを込めた言葉だ。

 だが、文化体育観光省が発表した最新の世論調査では、平昌五輪に関心があるとの回答は35・1%と5月の調査より5・2ポイント下落。
競技を直接観戦したいとの答えは7・9%にとどまる。6月までのチケット販売も国内分は目標の6・9%と振るわない状況だ。

 加えて、組織委は、スポンサーからの後援金が目標まで約500億ウォン(約49億円)不足。既に後援金が目標を上回った東京五輪をうらやむ声が出ている。

韓国紙、東亜日報は、全体での運営資金の不足額は約3千億ウォンに上ると報じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00000061-san-kr

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/W39hLRz.jpg
 新潟県加茂市の加茂暁星高校で7月、野球部の練習直後に倒れ、意識不明になっていた
2年生の女子マネジャー(16)が、5日に入院先の新潟市内の病院で亡くなったことが県警
への取材で分かった。死因は低酸素脳症だった。

 同校によると、女子生徒は7月21日午後5時半すぎ、同校から約3・5キロ離れた野球場
での練習に参加。午後7時半ごろに練習を終え、男子部員と一緒に走って学校に戻った直
後、玄関前で倒れたという。

 女子生徒は普段、球場を行き来する際は、用具などを積み込むマイクロバスに乗ってい
た。この日はけがをした部員がバスに乗るなどしたため、監督が「マネジャーはマイペース
で走って帰るように」と指示していた。女子生徒が倒れた直後、駆けつけた監督は「呼吸は
弱いけれどある」と判断し、救急車が来るまでの間、AED(自動体外式除細動器)は使用し
なかったという。

  女子生徒は救急搬送された病院で治療を受けていたが、5日午後6時すぎに亡くなっ
た。加茂署は業務上過失致死の疑いも視野に、関係者から事情を聴く方針。同校は朝日
新聞の取材に対し、「生徒のご家族には誠意を持って対応し、このようなことが起こらない
ように対策を取りたい」とコメントしている。

http://www.asahi.com/articles/ASK8656TGK86UOHB00S.html

続きを読む

↑このページのトップヘ