メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: スポーツ

1 :名無しさん@涙目です。:2018/04/12(木) 21:35:46.02 ID:lhM9jKZw0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 最近とあるネット掲示板で、「中学校の部活」について様々な意見が寄せられていました。中でも「部活への強制参加」には、反対の意見が多いようです。

部活動強制は学習指導要領に反している?
さっそく反対意見を見てみると、「嫌々入部しても有意義にはならないだろうし、ストレスになるだけ」「やりたくない部活で土日が潰れるの
は可哀そう」「勉強に時間を使いたい子どもだっているでしょ。というか学校はそもそも勉強を教わる場所」といった声が。また「“強制”って
そもそも“自主的”とはかけ離れた指導の仕方だよね」との意見も寄せられています。

たしかに「中学校学習指導要領」の第1章「総則」には、「教師と生徒の信頼関係及び生徒相互の好ましい人間関係を育てるとともに生徒理解を深
め,生徒が自主的に判断,行動し積極的に自己を生かしていくことができるよう,生徒指導の充実を図ること」との文面が。そのため部活動の強
制参加と、「学習指導要領」で強調されている“自主性”の間に矛盾を感じる人も多いようです。

また「最近では共働きの家庭も多いのに、親の負担にもなる部活を生徒に強制するのは時代遅れ」「子どもがやりたいならいくらでも応援する。
だけど強制された部活で負担を被るのはあまりにも理不尽」といった声も。様々な家庭の形がある現代において、部活動の強制は時代に合っていないとも言われていました。

ちなみにスポーツ庁が行った「平成29年度『運動部活動等に関する実態調査』」では、3割の公立中学校が「生徒全員が部活動を行う部に所属し、
活動も原則参加させている」と回答。さらに『全員が運動部と文化部に1つずつ所属するが活動参加は生徒の意思』と答えた学校は0%だったので、基本的に“幽霊部員”は認められていないようです。

“強制”以外にも様々な部活動問題が!

最近では部活顧問が生徒を不当に罵倒したりする“ブラック部活”も話題になっているので、「強制参加した挙句ブラック部活だったら目も当てられな
い」といった声も。また部活動は先生にとっても“ブラック”になってしまうケースがあるようです。

もともと部活動の顧問という仕事は、「報酬が安すぎる」と問題になっていました。例えば顧問を引き受けた先生は休日も“出勤”することになるの
ですが、その場合に支給される「部活動手当」は4時間で3,600円。これでも2016年以前よりは高くなっているのですが、ネット上では「それでも安すぎるでしょ!」と話題になっています。

実は何かと問題が多い学校の部活ですが、このような現状を変えるため2017年には「日本部活動学会」が設立されました。同学会の発起人代表・長沼
豊教授は毎日新聞の取材で、学校の部活動について「実際には教員も生徒も強制されています」と指摘。今後学校の部活動は、どのように見直されていくのでしょうか。
https://news.walkerplus.com/article/142149/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/04/13(金) 00:34:36.28 ID:EWF5rBsP0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 西野ジャパンが原点回帰する。サッカー日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(65)の電撃解任を受け、
新指揮官に就任した西野朗氏(63)が10日、都内のJFAハウスにA代表監督として初出勤した。
ロシアW杯まで残り2か月での緊急登板で手腕が注目される中、新たな方針としてハリル流との決別を宣言。
チーム再建の「秘策」は“日本の元エース”FW本田圭佑(31=パチューカ)のトップ下起用になるという。
果たして日本代表は奇跡を起こせるのか——。

 中略

 その目玉となるのは“元エース”本田のトップ下起用だ。田嶋会長と西野監督が掲げる「パスをつなぐサッカー」は、
前回2014年ブラジルW杯を戦ったザックジャパンの代名詞。その大前提となっていたのは、
攻撃の要となるトップ下に君臨していた本田だ。攻撃時には絶妙なタメをつくり効果的にパスを供給。
ときには高い決定力でゴールを量産する。日本がパスサッカーを目指すならば“トップ下・本田”が欠かせないのだ。


ロシアW杯に臨む“名将”西野監督は目標のベスト8を実現させるために本田のトップ下回帰で「現状打破」を図る。
写真
https://i1.wp.com/amd.c.yimg.jp/amd/20180412-00000010-tospoweb-000-8-view.jpg

4/12(木) 12:28配信 東スポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000010-tospoweb-socc

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/04/12(木) 23:23:27.92 ID:lhM9jKZw0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif

女児を土俵に上げないのは安全確保と芝田山広報部長「顔に傷が残ることになってはいけない」
2018年4月12日21時25分 スポーツ報知

 8日に静岡市で開催された大相撲春巡業で関取が子どもに稽古をつける「ちびっ子相撲」に参加予定だった女児が、日本相撲協
会の要請で土俵に上がれなかった問題で、芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は12日、「安全確保のためです」と説明した。

 巡業では小学生らを対象にちびっこ相撲が行われており、静岡市での巡業は13年から毎年開催されており、女子もほぼ毎年土俵に上がっていた。

 今回女子の参加を見送る要請をしたのは昨年9、10月に巡業部の会議で土俵に上がる子どもは男子のみで、今年春巡業から実
施するという方針が固まっていたからだという。

 その背景として、これまでの巡業で保護者などから男子より女子がちびっこ相撲で負傷するケースが目立つとの意見があった。
「男子はけがをしていいというわけではないが、女の子が万一、けがをして顔に(一生残る)傷が残ることになってはいけない。安全面も考えてそうなった」(芝田山部長)という。

 また4日の宝塚市や10、11日の長野県内での巡業でも、同様の要請が協会からあった。「女性を(土俵に)上げる、上げないの
ではなく危機管理の問題」と芝田山部長は一部報道であった女性排除ではないと強調した。
http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20180412-OHT1T50238.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 「ぷよぷよ」初のプロライセンス選手決定 「もこう」「Kamestry」「くまちょむ」など11人
4月15日に初のプロ大会を開催予定。

 セガゲームスは、日本eスポーツ連合(JeSU)の認定タイトル「ぷよぷよ」初のプロライセンス選手が決定したと発表しまし
た。ゲーム実況者としても有名な「もこう」さんも名を連ねています。

 付与されるのはJeSUが15歳以上のプレイヤーを対象に発行する「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」。今回のプロライ
センスは、過去の大会で著しく優秀な成績を収めた選手をセガゲームスが推薦し、発行されたものとなるそうです。

 プロライセンスが発行されたのは「Tom」「live」「めいせつ」「もこう」「Tema」「あめみや たいよう」「くまちょむ」
「Kamestry」「Kuroro」「へーょまは」「Oka」の11人(順不同、敬称略)。

有名プレイヤーが名を連ねています

 プロライセンスを発行された選手は、4月15日に東京・ベルサール秋葉原で開催される「ぷよぷよ」初のプロ大会「ぷよぷよ
チャンピオンシップ in セガフェス2018」に参戦する予定です。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/09/news098.html

ガチでプロゲーマーになりました。【ぷよぷよ】


VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured
https://www.youtube.com/watch?v=sLCjxoDqOFQ

続きを読む

↑このページのトップヘ