メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 映画

1 :名無しさん@涙目です。:2018/09/21(金) 21:09:22.08 ID:Nto94F3T0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/pc3.gif 【9月21日 AFP】熱狂的なファンの多い人気SF映画「スター・ウォーズ(Star Wars)」シリーズだが、フォースに乱れが生じているようだ。
米ウォルト・ディズニー・カンパニー(The Walt Disney Company)のボブ・アイガー(Bob Iger)最高経営責任者(CEO)は、毎年シリーズ新作を
劇場公開するのは間違いだったと認め、公開ペースを落とす考えを明らかにした。芸能誌ハリウッド・リポーター(Hollywood Reporter)が20日、伝えた。

 アイガーCEOは、同誌とのインタビューで「私が公開のタイミングを決めた。でも振り返ってみると、その決断は間違っていたと思う。責任は私が取る。
少し行き過ぎで、ペースが速すぎた」と述べた。その上で「公開ペースは少々落ちるだろうが、新作を制作しないということではない」と語っている。

 ディズニーは、2012年にルーカスフィルム(Lucasfilm)を40億ドル(当時のレートで約3200億円)で買収。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒
(Star Wars: The Force Awakens)』を2015年に公開して以降、シリーズ新作を毎年公開すると約束していた。それこそが世界中のファンの
期待に応える計画だと信じての判断だった。

 それからディズニーは、1970年代後半に第1作が公開されたシリーズのメインエピソードとスピンオフ作品を交互に公開してきたが、
どうやらここにきて、ファンの期待は検討材料の一部にすぎないことを学んだようだ。

 今年公開されたスピンオフ作品『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(Solo: A Star Wars Story)』の全世界興行収入は、4億ドル(約450億円)にとどまった。
たいていの映画なら非常に素晴らしい成績だが、「スターウォーズ」シリーズとしては振るわない結果だ。実際、わずか半年前の2017年末に公開された
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ(Star Wars: The Last Jedi)』の全世界興行収入は13億ドル(約1460億円)を突破していた。

 業界観測筋からは「スター・ウォーズ疲れ」を指摘する声が多く上がっている。

 J・J・エイブラムス(J.J. Abrams)監督が手掛ける次回作『スター・ウォーズ エピソード9(原題、Star Wars: Episode IX)』は、2019年12月に公開される予定。(c)AFP/Susan STUMME
http://www.afpbb.com/articles/-/3190454

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/09/21(金) 06:39:15.08 ID:L3vSPW6A0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/araebi.gif トラウマになるほど後味が悪い名作映画ランキング

世の中には名作と呼ばれる映画が多数存在しますが、全てがハッピーエンドではありません。中には、見終わった後にズーンと心が沈むような
アンハッピーエンドで幕を閉じる作品も。
そこで今回は、名作だけどトラウマになるほど後味が悪い映画について探ってみました。

1位火垂るの墓 1,027票
2位セブン 157票
3位悪の教典 142票
4位ダンサー・イン・ザ・ダーク 103票
5位ミスト 101票
6位告白 82票
7位ミスミソウ 42票
8位冷たい熱帯魚 35票
9位風が吹くとき 34票
9位アウトレイジ 34票

https://ranking.goo.ne.jp/column/5386/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/09/19(水) 09:09:10.94 ID:0YjJI3S30

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif ろう者のスーパーヒーロー映画、監督が手話で作品解説!

手話を使い超能力を繰り出す、ろう者のスーパーヒーローを描いた映画
『サイン・ジーン 初代ろう者スーパーヒーロー』のジャパンプレミアが14日、
イタリア文化会館で開催され、本作の主演・監督・脚本を務めたエミリオ・インソレラが登壇した。
自身もろう者であるエミリオは、上映前の約20分間にわたり、映画の製作秘話を語った。

まずこれを解説して欲しい → アンダーザスキン 種の捕食
深夜にCSで見たが意味不明過ぎた
https://www.cinematoday.jp/news/N0103490

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/09/18(火) 12:29:10.73 ID:uSQWWYLp0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif [ロサンゼルス 16日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、
週末の北米映画興行収入ランキングは、SFホラー映画「プレデター」シリーズの4作目、「ザ・プレデター」が2400万ドル(約26億8200万円)を稼ぎ、
初登場で首位となった。

ただ、2010年の前作「プレデターズ」の2470万ドルには及ばなかった。

2位はワーナー・ブラザースのホラー映画「死霊館のシスター」(日本公開9月21日)で、1800万ドルを稼いだ。

「死霊館」シリーズ最新作となる同作は、公開2週で8500万ドルに達した。

3位は初登場のミステリー映画「A Simple Favor(原題)」で、1600万ドルの興収を上げた。
アナ・ケンドリックとブレイク・ライヴリーが共演する同作は、観客は女性が67%、25歳以上が86%を占めた。

4位も初登場映画の「White Boy Rick」。
880万ドルを稼いだ。マシュー・マコノヒー出演の同作は、デトロイトに実在したコカイン・ディーラー、リチャード・ワーシュ・ジュニアの半生を描いた映画。

5位は公開5週目に突入したアジア系俳優が主演するロマンティック・コメディー映画「クレイジー・リッチ!」(同9月28日)で、870万ドルだった。

https://i1.wp.com/amd.c.yimg.jp/im_siggFEmXaKHJdOYVkso9bPOA9w---x900-y600-q90-exp3h-pril/amd/20180918-00000038-reut-000-2-view.jpg
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000038-reut-ent

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/09/17(月) 18:40:58.67 ID:+c17sZwa0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/yukidaruma_3.gif 自民党総裁選(20日投開票)に立候補した石破茂元幹事長は17日、東京・銀座で街頭演説を行い、15日に死去した女優の樹木希林さん出演の映画「万引き家族」を引き合いに
「悪いことだが、万引しないと暮らせない家族がある。どうしたら幸せに暮らせていけるか。その人たちが働ける環境を作っていかないといけない」と語った。映画は、生活苦のため盗みを繰り返す一家を描いている。

 また、石破氏は「国民1人1人の所得を10年で3割伸ばす。消費税を上げてもやっていける経済環境を作るのが第一の仕事だ」と述べ、中小企業や農林水産業などで働く人の所得向上に力を入れるとした。

 街頭演説には中谷元・元防衛相や石井準一参院議員らも駆けつけ、通行人に石破氏への支持を呼びかけた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00000545-san-pol

続きを読む

↑このページのトップヘ