メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 映画

1 ::2020/07/22(水) 07:49:44.21 ●

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/2hikky.gif  
あんな@annaPHd9pj

私が映画好きだということが話題になると、絶対に映画を進めたがる男性が一定数いるんですが、
勧めるくせに結構メジャーなのしか言ってこないんですよね、「スタンドバイミー」とか。
それって結局、女の私の「映画好き」を見下してるんですよね。

女性だから恋愛映画しか見てないんだろうとか、最近の映画しか見てないんだろう、とか。
事前情報が全くないのに、なぜか絶対自分の方が知っているという確信を持ってるんですよ。それが透けて見える。

別パターンだと、誰も知らないような超コア映画の話をしだして「俺はこんなに映画を知っている」自慢をする人もいる。
とにかく両者全然話してて楽しくないので秒で目が死にます。
女性と映画の話をしても絶対このどちらにもならないのに

 
(deleted an unsolicited ad)
https://twitter.com/annaPHd9pj/status/1285579937013854208

続きを読む

1 ::2020/07/12(日) 23:55:30.15 ID:NcQF780B0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/kasiwamoti.gif

ボリウッド人気俳優一家がコロナ感染 アミターブ・バッチャンさんら インド
https://news.yahoo.co.jp/articles/fc3033f09ff85186bc33c684787e38dc9846ee12

続きを読む

1 :パンパスネコ(ジパング) [JP]:2020/07/10(金) 18:22:52

https://i1.wp.com/gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/12/fujimon01.jpg https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif
6日に突如引退を発表した木下優樹菜さん。
引退の際に事務所が発表した文章にはは「弊社所属・木下優樹菜は7月1日に
活動再開を発表いたしましたが、今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが
著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は
芸能界引退する事となりました」と書かれており、「信頼関係を維持することが著しく困難であると判断」と気になる箇所があった。

この気になる「信頼関係を維持することが著しく困難であると判断」としている新たな問題とは、既に周知されている男性関係とは別に
不倫が発覚したという。しかもその相手とは最近まで関係が続いていたという。更にその相手に対してもInstagramで仄めかすような文章が
投稿されていたと言うから驚きだ。噂になっている某スポーツ選手は縦読みが発覚したが、発見されていない仄めかす文章、
または写真があったということだろう。しかし木下優樹菜さんはInstagramを全て削除しており過去に遡って捜索するのは困難になってしまった。

気になる相手はネット上で噂されている有名グループではなく、世間では知られていない音楽グループだという。
また俳優としても活躍しており、ドラマ、映画、CMにも出演しているという。

既に芸能マスコミはこのことを嗅ぎつけており、裏取りをしているという。数日中にも報じられることは間違い無いだろう。

この男性は既婚者で、木下優樹菜さんが離婚前から不倫状態にあったという、つまりダブル不倫状態だった。
元旦那の藤本敏史さんとの離婚は、これら不倫が切っ掛けだったのかもしれない。5日に放送されたワイドナショーで松本人志さんは
「フジモンから色々聞かされている」と語っており、藤本さんが想像以上のことを把握していたかのようで、その翌日、
6日に木下優樹菜さんの引退発表という流れとなった。

ただ男性関係だけなら通常なら普通は活動自粛、木下優樹菜さんの場合は自粛延期。しかし引退にまでとなると
相当ややこしいナニかがあるようだ。

https://gogotsu.com/archives/58324

続きを読む

1 :令和大日本憂国義勇隊:2020/07/04(土) 19:43:04.66 ●

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/anime_syobon02.gif 「ブラックパンサー」マイケル・B・ジョーダン、ハリウッドで黒人の雇用を訴える

[映画.com ニュース] 「ブラックパンサー」や「クリード」シリーズで知られる黒人俳優のマイケル・B・ジョーダンが、警察の暴行に抗議するデモで、ハリウッドでの黒人の雇用を訴えたと米ハリウッド・レポーターが報じている。

つづき
https://eiga.com/news/20200610/14/

続きを読む

1 :ウォルフ・ライエ星(愛知県) [US]:2020/06/29(月) 17:39:47

https://i1.wp.com/i.imgur.com/RWE5q0v.jpg https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/anime_jien03.gif
 27、28日の土・日曜日、映画の観客動員数は、「千と千尋の神隠し」などスタジオジブリの旧作3作が、米ハリウッドの新作
「ランボー ラスト・ブラッド」などを抑えてトップ3を独占したことが29日、興行通信社が公表したランキングで分かった。

 興行通信社は週末ごとの映画の動員数を集計、公表しているが、27、28日についての集計結果は
1位が「千と千尋の神隠し」、2位が「もののけ姫」、3位が「風の谷のナウシカ」となった。

 スタジオジブリの旧作は「一生に一度は、映画館でジブリを」をキャッチフレーズに、「ゲド戦記」と合わせて4作が26日から全国372館の映画館で上映されている。

「ゲド戦記」は9位だった。

 興行通信社の担当者は、「トップ3を独占するとは」と驚いた様子。「旧作はランキングの対象としていないが、今回は配給元と協議し、集計した異例のケース。
まだ新作の数が少なく、動員数は前年同期の3割に届いていない。その中で、とても大胆な企画といえる」と話した。

 同じ26日からシルベスター・スタローンさんが主演するシリーズ「ランボー」の12年ぶり新作「ラスト・ブラッド」も封切られたが、
4位と「風の谷のナウシカ」の後塵(こうじん)を拝した。やはり26日公開の「ソニック・ザ・ムービー」は6位だった。前週1位の「ドクター・ドリトル」は5位に後退した。

https://www.sankei.com/smp/entertainments/news/200629/ent2006290009-s1.html

続きを読む

↑このページのトップヘ