メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 映画

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/03(土) 11:54:37.87 ID:lHpD8yNO0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/gomi1.gif 布施広の地球議
韓国は嫌いですか(3)

以下は個人的な感想である。

昨年の大みそか、NHKの紅白歌合戦で人気グループの「TWICE」が歌って踊るのを見てうれしくなる。
愛らしい容姿もさることながら、韓国5人、日本3人、台湾1人の混成が「東アジアの協調」を思わせる。

年明け早々の1月10日、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が日韓の慰安婦合意(2015年)を「誤った結び目」と言うのを聞いてげんなりする。
“ゴールポスト”を動かして問題を解決させない戦術の最たるものと思えてくる。

お断りしたように個人の感想だが、多分こんなふうに日本人は韓国が苦手になる。
韓流のドラマも映画もK−POPも韓国料理も好きなのに、韓国人はどうも付き合いにくい、と。

だが、そこで終わっては進歩がない。
メールで韓国紙「国民日報」の編集担当取締役、趙容来(チョヨンネ)さん(60)の意見を聞くと
「韓日両国は互いに見たいことだけを見てきている。相手を理解しようとしない」旨の長い返信をいただいた。

(以下略)

(専門編集委員)

https://mainichi.jp/articles/20180202/ddm/005/070/014000c

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/img.2ch.net/ico/folder1_03.gif ポール・バーホーベン監督による大ヒット映画「ロボコップ(1987)」の続編が企画されているようだ。

英エンパイアによれば、1987年のオリジナル版「ロボコップ」の脚本を手がけたエドワード・ニューマイヤーが、
MGMと続編製作を模索していると語ったようだ。ニューマイヤーは、新作について「『ロボコップ』関連の作品は
たくさんあって、数年前にはリメイク版も作られているけれど、今回は最初の映画に立ち返って、
その続きを描くことになる」と明かしている。

バーホーベン監督&ピーター・ウェラー主演のオリジナル版「ロボコップ」は、犯罪多発都市デトロイトを舞台に、
死の淵からよみがえってロボット警官=ロボコップとなった主人公アレックス・マーフィーの活躍を描いたSFアクション。

その後、アービン・カーシュナー監督&ウェラー主演の「ロボコップ2」(90)、
フレッド・デッカー監督&ロバート・ジョン・バーク主演の「ロボコップ3」(93)が製作されたほか、
テレビシリーズ、ジョゼ・パジーリャ監督&ジョエル・キナマン主演のリメイク版「ロボコップ」(14)などが製作されている。

http://eiga.com/news/20180125/9/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/img.5ch.net/premium/6931153.gif 感情を抑えることが美徳とされる日本社会で、「ハンサム」な男性に涙を拭ってもらうサービスが人気を集めていると、ナショナルジオグラフィック協会のウェブサイトが伝えている。
このサービスは、日本の実業家である寺井広樹氏が発案した「涙活」に基づいた「イケメソ宅泣便」。
「涙活 Official website」によると、「涙活」とは「能動的に涙を流すことによって心のデトックスを図る活動」のこと。
「日経ウーマンオンライン」は、意識的に泣くことが医学的にみても理にかなったストレス解消法だとして、
「涙を流すことによって、緊張やストレスに関係する交感神経から、脳がリラックスした状態の副交感神経へとスイッチが切り替わる」との専門家の話を伝えている。
中でも「イケメソ宅泣便」は、「イケメソ男子がオフィスに出張して涙を拭う『法人限定』サービス」(「涙活 Official website」より)。
同サービスのウェブサイトは、「イケメソ男子(イケメンでメソメソ泣く男性)がオフィスに出張涙活。泣ける動画などを一緒に見て泣いてスッキリしていただきます」としている。

https://jp.sputniknews.com/japan/201801184484083/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/img.2ch.net/ico/yukidaruma_3.gif  大学入試センターは13、14日のセンター試験中に不正行為が4都府県で4件あったと発表した。不正をした男女4人は全教科の結果が無効となった。
確認できる2006年以降で最多だった昨年より8件減り、2番目に少なかった。昨年まで2年連続で発覚したスマートフォンを使った不正はなかった。

 大分県で受験生が13日の英語のリスニング試験の開始前に問題冊子を開き、ICプレーヤーを装着して操作した。福岡県では受験生が14日の数学(1)で、使用が禁じられている分度器を使った。

 このほか、13日に京都府で、14日に東京都で試験終了後にマークシートを修正した受験生が1人ずついた。4人とも不正を認めているという。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000074-mai-life

続きを読む

↑このページのトップヘ