メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 動物

1 :名無しさん@涙目です。:2018/11/16(金) 13:41:52.27 ID:+73diFuj0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/1fu.gif 犬の成長と共に飼い主が抱っこをして自撮りするというツイートが話題になっている。

仔犬の頃から抱っこして自撮りを続けるも犬の成長があまりにはやく、1年後には成犬に。
飼っていた犬はラブラドールレトリバーだったため、思いのほか大きくなったため、抱っこするのも大変な状態に。

1年経った誕生日にはお祝いの帽子を被せて自撮り。さすがに体が大きくなった犬は抱っこされるのも嫌がっている様子。

しかしこのツイートがたちまち話題になり、28万リツイート、100万いいねと大拡散。

EVEと名付けられたこの犬は誕生日に犬用のケーキを与えらられたという。

https://i1.wp.com/gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/11/01-1.png
https://i1.wp.com/gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/11/02.png
https://i1.wp.com/gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/11/03.png
https://i1.wp.com/gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/11/04.png
https://i1.wp.com/gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/11/06-3.jpg
http://gogotsu.com/archives/45285

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/11/06(火) 21:38:34.54 ID:wh1zpHm20

https://i1.wp.com/img.5ch.net/premium/1372836.gif  子ども3人を連れ、東京都墨田区の児童館を訪れたところ、「大人1人につき子ども2人」というルールがあり、利用を断られたと明かしたタレント熊田曜子さん(36)のブログ記事が議論を呼んでいる。
児童館の対応について「子どもの多い家族を排除するのか」との批判の一方、「安全を考えると、仕方がない」との擁護の声も出ている。

 「3人育児」と題した4日付の記事によると、熊田さんは1人で5歳、3歳、4カ月の子どもを連れ、墨田区の児童館を訪れた。就学前の子どもが遊べる「すくすくルーム」に入ろうとし、スタッフに止められた。

 区によると、この児童館は10月にオープン。すくすくルームは約70平方メートルの室内に、ボールプールやジャングルジムを備える。
通常、児童館は保護者1人当たりの子どもの人数を制限していないが、この施設は遊具があり、目が行き届く範囲を考慮し、2人までとしたという。

 ブログによると、熊田さんは4カ月の子をだっこすると申し出たが、入室は認められなかった。熊田さんは「まさか、そんな決まりがあったなんて」「事前に確認するべきですね」とつづった。

 「あまりにしゃくし定規」。ブログを読んだ、2人の子どもを育てる東京都の女性(36)は首をひねり「児童館が使えないのはつらい」と嘆く。

 一方、墨田区の担当者は「子どもの多い家族を排除するつもりは全くないが、安全のためのルール」と説明。
1歳児を育てる別の女性(36)は「うちはまだよちよち歩きで、走り回る大きな子たちとぶつからないか心配。2人までというのは一理ある」と理解を示す。

 区によると、3人以上の子どもを連れた保護者が訪れた場合、1人を連れた保護者と一緒に利用することも呼び掛けているという。
担当者は「熊田さんには、適切な案内ができなかった。ホームページの記載も分かりにくく、改善したい」と語る。

 子育てに詳しい「保育園を考える親の会」代表の普光院亜紀さんは「児童館は、地域の子育て支援の重要拠点。大勢のきょうだいがいても、工夫して受け入れを進めてほしい」と訴えた。

https://this.kiji.is/432500276216005729

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/11/05(月) 13:10:37.11 ID:FPhhy7ua0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 【竹内謙礼】ワークマンのカジュアル店が「ユニクロ」「ZOZO」よりすごいワケ 安くて超高性能な商品にお客が殺到
https://i1.wp.com/image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/0/f0f6b_1413_e5a49abc_11610f8e.jpg
2018年11月2日 11時0分 現代ビジネス

ワークマンのカジュアル店はしたたか過ぎる
「いま最も勢いのある会社はどこですか?」と聞かれれば、私は迷わずワークマンと答える。

へたをすれば将来的にユニクロやZOZOにとって脅威の存在になっていってもおかしくはない存在といえる。

「それは言い過ぎでしょ」

そう思われる人が多いだろう。

実際、ユニクロの今年度の売上は2兆円を突破する見込み。対してワークマンの年商見込みは800億円と20分の1程度しかない。
ZOZOにしても流通額は2800億円。2社にとってワークマンは相手にもされない異業種の小さな会社といってもいい存在といえる。

しかし、それでも私はワークマンが実店舗とネットの両業界にとって厄介な伏兵企業になっていくことを予想している。

その根拠はワークマンが新たに展開する『ワークマンプラス』という店舗がとても“したたか”な戦略をとっているからである。

●アウトドア、スポーツユーザーが「作業服」を買う

「調べてみたら来店客の2割が一般客だったんです」

そう話すのは一般客向けのカジュアルウエアを販売する新業態『ワークマンプラス』を取り仕切る土屋哲雄常務。
3年ほど前にワークマンの来店者を調べたところ、作業員以外にもサラリーマンや女性客が増えていたことが判明。

さらに調査を進めてみると、作業着をアウトドアウエアやスポーツウエアとして購入している人が増えていることが分かった。

「作業着の丈夫で安くて長持ちというイメージが定着し始めたんだと思います。これはチャンスだと思って一般客向けの商品を強化することにしたんです」

手始めに地味な作業着に派手目な色をラインナップ。加えてデザインをスタイリッシュにしただけで作業着が一般客にいきなり売れ始めた。

●ブロガー、インフルエンサーの意見をいかす商品開発

ただ、ここで思わぬ壁にぶつかってしまう。
http://news.livedoor.com/article/detail/15536175/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/11/03(土) 08:32:29.04 ID:RMfvXOuL0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/premium/8114876.gif 現在、アメリカでは37%の世帯が猫を飼っている。
日本では2017年、953万匹の猫が飼育されていると推測され、1994年の調査開始以来、初めて猫の飼育数が犬を上回った。

 猫は世界征服を果たしたといっても過言ではない。
では、なぜこれほどまでに猫は世界中に広がっていったのだろう。

 当時の猫のDNAを調べた研究結果によると、1万5千年前に起源をもつ、近東とエジプトで初めて飼育された猫たちが、その後の大きな2つの流れによりヨーロッパ各地に広がっていったという。

・猫が世界に広がるまでの歴史を研究

 猫は1万5千年前頃、近東とエジプトで初めてペットとして飼育されてきたことが分かっているが、その後どういった過程で世界中に広がったのかは謎が多い。


2016年にオックスフォード大学で開かれた「生体物質的考古学」のインターナショナル・シンポジウムで、
1万5千年前から3700年前の古代猫とその後18世紀までの209種類の猫のDNAとを調査した研究結果が報告された。

中略

・今いる猫は、ヴァイキングの猫の子孫の可能性

 研究チームの1人である、フランスのジャック・モノー研究所の進化遺伝子学者、
エヴァ・マリア・ゲイルによると、猫のDNAはそれ以後大きな変化がほとんど見られないという。

 母親から遺伝する猫のDNAはヴァイキングがドイツ北部に居た8世紀から11世紀の時代から変化していないのだ。

 ということは、今私たちのそばにいる猫は全て、その時代の名残を残したヴァイキングの猫の子孫である可能性が高いということだ。

 犬はその生息や遺伝についての研究が進んでいるが猫の謎解きは始まったばかりだ。
だが今後、徐々に猫の真実もわかってくるかもしれない。あの暗躍するNNNの活動の全貌とかも。

・人間が猫を飼っているのではない。猫が人間を飼いならしているのだ(アメリカ人女性作家の考察)

猫が世界を征服するまで。猫はヴァイキングの船に乗って世界に広がっていった可能性
https://i1.wp.com/livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/4/b/4becc7ca.jpg
https://news.biglobe.ne.jp/animal/1102/kpa_181102_1232605308.html

続きを読む

↑このページのトップヘ