メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 動物

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/P0fgi6v.jpg
「解散批判は負け犬の遠ぼえだ」日本維新の会・松井一郎氏がばっさり

■松井一郎・日本維新の会代表(発言録)

 選挙は戦いだから、有利な時期に解散をするというのは、だからこそ総理に解散権がある。
いつも衆院議員は常在戦場って言っている。批判してもしょうがない。それ批判するのは、負け犬の遠ぼえだ。

 (争点について)我々は消費増税そのものの凍結。凍結してもやりくりできる。消費増税凍結、政治改革、身を切る改革で教育無償化実現。
これを大阪でやれているんだから、国でもやれる。これを全面的に掲げて、総選挙を戦いたい。
首相は9条改正、1項、2項を残して3項で自衛隊を明記すると言っているから、憲法も争点になる。

 (大阪の小選挙区で)真っ正面から公明党とけんかはできない。公明党に正面からけんかを売られたんなら理由があるが、今そういう状況じゃない。
公明党と大阪の政治については前へ進める協力はして頂いている。こちらからけんかを売ろうとは思わない。(堺市で記者団に)

(朝日新聞デジタル 2017年09月18日 21時51分)

http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/18/ichiro-matsui_a_23214039/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/www.nishinippon.co.jp/import/national/20170919/201709190004_000_m.jpg
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
九州7県のHIV・エイズ報告者数(グラフ)

 福岡県を中心に、九州でエイズ患者や
エイズウイルス(HIV)感染者が増えている。東京や大阪など
都市部を含めて全国的には減少か横ばい傾向にあるだけに、
九州の増加が目立つ。専門家は、感染者の多いアジアとの
往来が増えてウイルスが持ち込まれるケースや、
予防啓発活動の不十分さが一因とみており「危機的状況で、
より効果的な予防啓発が必要だ」と警鐘を鳴らしている。

 国のエイズ発生動向調査によると、2016年の福岡県の
HIV感染者、エイズ患者の新規報告者数は、いずれも46人で
計92人と過去最多。15年と比べて61%増えており、
特に40代や50歳以上が増加している。佐賀計9人、
熊本計19人も過去最多となった。16年の地域別では九州が
計169人で32%増。これに対し、関東・甲信越は695人で
4%増と横ばい、近畿は265人で11%減など、
5地域は前年より減少していた(福岡県以外は速報値)。

 新規報告者数(15年)で全国の感染者・患者の内訳は、
日本人男性が約9割、感染原因は同性間性的接触が最多の
約6割だった。福岡県も全国と同様の傾向だが、患者が3割程度の
全国データに対して、福岡県の患者比率はほぼ半数で、
発症してから報告されるケースが際立っている。

 エイズ治療の九州ブロック拠点病院、
国立病院機構九州医療センター(福岡市)の
AIDS/HIV総合治療センターの山本政弘部長は
「福岡での感染の広がりが九州全体に広がっている印象。
患者の比率から、実際の感染者は報告よりも
かなり多いはずだ」と指摘する。

 各自治体では無料検査を定期的に実施。山本部長は
「感染、発症が分かっても、今は薬でウイルスの増殖を抑えられる。
検査を受けて早期に発見・治療できれば、感染者自身の健康も維持でき、
感染拡大のリスクも減らせる。心当たりがある人は
早く検査に行ってほしい」と呼び掛けている。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/359651/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/6/36b95_1509_fdc5c8f4_9957f3a8-m.jpg
大阪でツキノワグマ目撃 付近に住宅街、小学校や大学も
2017年9月13日 21時42分


大阪府は13日、同府箕面市彩都粟生南(さいとあおみなみ)3丁目の水路沿いで
ツキノワグマが目撃された、と発表した。けが人の情報は無いが、
付近には住宅街が広がり、大阪大学箕面キャンパスや小学校も近くにあることから、
府は注意を呼びかけている。

府動物愛護畜産課によると、ツキノワグマは12日午後1時半ごろに目撃され、
13日になって動画とともに府や箕面市に情報提供があったという。
1日と5日にも、今回の発見場所から5〜8キロ離れた大阪府茨木市内で、
体長1メートルほどとみられるツキノワグマの目撃情報があった。
府は動画を確認し、体の大きさなどから同じツキノワグマだった可能性が高いとみている。

府によると、ツキノワグマは京都や兵庫、和歌山など近隣府県に生息。
大阪府は生息地域ではないが、全国的に出没地域が拡大しており、
夏から秋にかけて行動が活発になるという。
発見場所は大阪モノレール彩都西駅の南西約400メートル。

府内では2014年6月に箕面市と同じ府北部の豊能町で初めて野生の
ツキノワグマを捕獲。同年以降この地域で目撃情報が府に寄せられるようになり、
京都や兵庫など近隣府県のクマの生息地域の南下が指摘されていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13608725/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/cbBXv8h.jpg
逃げても熊が追ってきた 男性負傷 栃木・佐野
2017.9.11 15:33

11日午前11時25分ごろ、栃木県佐野市役所から県警佐野署に「男性が熊に襲われた」と通報があった。
同署によると、午前11時5分ごろ、同市飛駒町の山林で、キノコ採りに来ていた
群馬県太田市の無職男性(73)が林道入り口の木の上に熊がいるのを発見。
車を置いた場所まで走って逃げたが、熊に追い付かれ、もみ合った際、
あごや右腕、下腹部にすり傷を負った。全治1、2週間の軽傷とみられる。

男性が手当てを受けた診療所から同市に連絡があった。

熊は体長1・2メートル程度だったといい、すぐに走り去った。
同署は付近の小学校や猟友会に連絡し、周辺を警戒している。
現場は栃木、群馬両県の県境から約1キロの山林で、周辺に住宅はない。

http://www.sankei.com/affairs/news/170911/afr1709110022-n1.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/WwNNyXn.jpg
飼ったことのあるペットについて調査しました。総合ランキング1位は「犬」で54.1%、2位は「魚」で49.1%、3位は「鳥」で45.6%、
4位は「猫」で36.7%、5位は「昆虫類」で27.7%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「犬」 54.1%
2位 「魚」 49.1%
3位 「鳥」 45.6%
4位 「猫」 36.7%
5位 「昆虫類」 27.7%
6位 「カメ」 22.6%
7位 「うさぎ」 15.7%

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「犬」 54.0%
2位 「魚」 49.4%
3位 「鳥」 44.3%
4位 「猫」 35.8%
5位 「昆虫類」 28.7%
6位 「カメ」 22.6%
7位 「うさぎ」 15.8%

【女性】
1位 「犬」 52.7%
2位 「鳥」 51.1%
3位 「魚」 47.9%
4位 「猫」 38.5%
5位 「昆虫類」 22.9%
6位 「カメ」 21.9%
7位 「ハムスター」 21.3%

https://news.nifty.com/article/item/neta/12225-170906012796/
https://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1360473.gif

続きを読む

↑このページのトップヘ