メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 動物

1 :名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [HU]:2017/05/21(日) 01:03:53.13 ID:YExjuUt40.net

https://i1.wp.com/image.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/19/l_kutsu_170519his01.jpg
 中国の玉林市では毎年6月夏至の時期に、犬料理を食べる「狗肉茘枝節」が行われています。
俗に「犬肉祭」と呼ばれるこの行事には近年国内外から批判が相次いでおり、
今年は政府がレストランや業者による犬肉の販売を禁じる決定を下しました。
動物保護団体のHSI(HUMANE SOCIETY INTERNATIONAL)が伝えています。

 中国における犬食は紀元前から続く文化ですが、犬肉祭は伝統行事でなく、2010年に犬肉業者が発案したキャンペーンとHSIは指摘。
近年玉林市では行事の期間中に1万〜1万5000匹もの犬が殺されて3000匹以下に減少、しかも殺された犬のほとんどが盗まれたペットだとしています。

 地元でも行事への賛否は割れており、中国国営新華社通信の世論調査では、中国人の約半数が犬肉の売買を全面禁止してほしいと回答しています。
アメリカのアルシー・L・ヘースティングス下院議員が売買禁止を中国に求める決議案を提出するなど、海外からも批判の声が。
WHO(世界保健機関)からも、犬肉マーケットとコレラや狂犬病の伝染との関連性が指摘されています。

 HSIは2016年に犬肉祭の中止を求める運動を行い、1100万の署名を集め玉林市当局に申請。
さらに市場の犬を保護し里親を募っています。こうした活動は、今回の政府決定に影響しているとみられます。

 禁止令の施行は、行事の1週間前となる6月15日から。違反者には最高10万元(約160万円)の罰金が課されます。
規制は一時的なものであり、HSIは犬肉売買の永久禁止を求めて活動を続けています。



中国の「犬肉祭」に規制 動物保護団体など国内外から批判受け犬肉販売が禁止に

HSIの発表。ぎゅうぎゅう詰めで市場へ輸送される、痛ましい犬の姿が
2016の犬肉祭反対キャンペーン
https://i1.wp.com/image.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/19/l_kutsu_170519his02.jpg
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/19/news095.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。(千葉県)@\(^o^)/ [CA]:2017/05/19(金) 16:32:00.58 ID:Dh0oGJK00.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/bFAomzZ.jpg
 猫が多い港町として知られる景勝地・鞆(とも)の浦(広島県福山市)で、原則使用が禁止されている鉄製わな「トラバサミ」に脚を挟まれる猫の被害が相次いでいる。
仕掛けた男性は「自宅敷地内での害獣駆除目的で、法律違反には当たらない」と主張。県警は、鳥獣保護法違反の疑いもあるとみて慎重に調べている。【真下信幸】

 ◇仕掛けた男性「敷地内」

 地元で猫の保護活動を進める女性によると4月上旬、猫が多く集まる寺の近くにある男性方の敷地内で、左前脚をトラバサミに挟まれた猫1匹が見つかり、左前脚を切断する大けが。
福山市動物愛護センターなどによると、昨年5月にも同じ場所で脚を挟まれた猫1匹が見つかり、保護した後に死んだ。トラバサミでけがをした猫は少なくとも4匹いるという。

 トラバサミは、バネ仕掛けで踏んだ動物の脚を挟む猟具。無差別に動物を傷つけるとして2007年以降、鳥獣保護法で狩猟での使用が禁止。
有害鳥獣の捕獲に限り、自治体の許可があれば使用が可能だが、福山市が許可した例はない。
ただし、ネズミやモグラの捕獲目的で農業者が自ら管理する畑に設置する例などは法規制の対象外とされる。

 鞆の浦には年々、猫が増え、著名な動物写真家の岩合光昭さんの写真集の舞台にもなった。
猫の保護に当たる住民らは、野良猫が増えすぎないよう不妊去勢手術やトイレの設置などの対応も取っている。

 活動の中心となる女性は「トラバサミは猫に苦痛を与える装置で、動物虐待だ」として男性に撤去を要請。
男性は「自宅敷地のネズミ駆除が目的で、猫を狙ったわけではない」と主張する一方、
「猫のふん尿や鳴き声に悩まされ、猫よけの超音波発生器も置いている。
敷地に入ってきた猫がトラバサミに掛かっても私に責任はない」としている。

 福山市は「鳥獣保護法の趣旨に反するが、私有地なので強制撤去は難しい」としている。
県警も男性からトラバサミを設置した経緯などについて事情を聴いているという。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000040-mai-soci

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/[FR]:2017/05/18(木) 19:07:13.50 ID:A5RppPIx0

https://i1.wp.com/stat.ameba.jp/user_images/44/af/10007841901.jpg
日本で現在最も多くの家庭で親しまれているペットと言えば猫になるだろう。自由気ままなライフスタイルに魅了され、そして癒しを感じる人が続出しているのである。日本における猫の飼育数も近年犬を上回るという見込みになっているそうだ。

・猫はあまり死に際を見せない
たとえ家族のように愛された猫でも、いずれお別れのときはやってくる。猫の平均寿命は15歳程度と人間よりも格段に短いため、長く飼っていれば必ず死と向き合わなければならないのだ。

しかし、猫は死に際に姿を消すとよく言われている。これには諸説あり、ひと目から離れた場所でじっと体調を回復させているという説や、もともと単独行動で生きてきた動物であるため、本能的に弱っている姿を隠しているという説が有力なようだ。

・飼い主にはお別れの挨拶を……
ところが、そんな猫も死期を悟ると、普段から心を許している飼い主に対してだけは特別な行動をとることが多いようだ。普段とは違う雰囲気を放ちながら飼い主に近寄り、いつもと違う鳴き声で甘えてくることがあるという。

この行動は死期を悟った猫が飼い主に対して、最期に感謝の気持ちを示しているものだと言われている。普段から愛情を注いで育ててきた愛猫であれば、きっとその行動がお別れの挨拶だということに気づけることだろう。

・飼い主としての採点をされる
あなたの愛猫が最期の時を迎えるとき、果たしてあなたにお別れの挨拶をしてくれるだろうか。猫がお別れの挨拶をしようと思ってくれるような飼い方をしてあげたいものである。

https://i1.wp.com/cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2016/02/nuco.jpg
https://i1.wp.com/i.imgur.com/1UQq7Ea.jpg
http://buzz-plus.com/article/2017/05/18/neko-sayonara/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ [AU]:2017/05/17(水) 12:28:42.37 ID:8Xcznou+0.net

https://i1.wp.com/www.j-cast.com/assets_c/2017/05/news_20170517121336-thumb-645xauto-112337.jpg
タレントの熊田曜子さん(35)が、2017年5月16日に自身のインスタグラムを更新。

35歳とは思えない、現役感漂わせる「セーラー服」姿を公開し、反響を呼んでいる。


https://www.j-cast.com/2017/05/17298146.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [US]:2017/05/17(水) 17:35:18.07 ID:ovFMcveK0.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/x5Kg4kd.jpg
未来や過去へ時間を飛び越えて移動するタイムマシンは、科学的に本当に不可能な想像上の産物であり続けるものなのであろうかというテーマに、一石を投じるような研究発表が先日された。
数学的に、タイムトラベルが可能であることが証明されたというのだ。イギリスの「Daily Mail」紙が、この発表についてレポートしている。

 カナダのブリティッシュ・コロンビア大学のベン・ティペット教授による最新の研究発表によれば、タイムトラベルは不可能であると思われる見解が多いが、数学的には可能であるとのことである。

 教授によれば、私たちの生活している空間は、縦横奥行で認識される3次元空間であるが、タイムトラベルを考える場合に、時間という4つ目の次元を切り離して考えてはならず、
4つの次元がそれぞれ異なる方向へ伸びている時空連続体として認識しなければならないという。

 さらに、その時空連続体はアインシュタインの理論にのっとり湾曲しているので、日常生活で目にする3次元の世界から想像することは難しいが、この時空連続体の湾曲こそがタイムトラベルに重要な意味をもっているとのことである。

 わかりやすい例でいえば、もし恒星や惑星がアインシュタインの理論を無視する物理法則で運動していれば、星は直線的に移動し、恒星の周りを惑星が公転するという現象は起き得ないとのことらしい。

 また、時間という4つ目の次元の軸も、巨大な重力を持つブラックホールに近づくにつれて遅く流れるという証拠も見つかっており、湾曲していることが確認されている。
よって、ティペット教授によれば、そういった湾曲した時空連続体に「Traversable Acausal Retrograde Domain in Space-time(時空間における横断可能で非因果的な逆行可能領域)」と呼ばれる泡のような領域をつくることによって、
時空間を自由に前後することができるという計算が成り立つとのことである。

 この泡状の領域は、光よりも速い速度で移動することができるので、タイムトラベルが可能であることが証明されたということである。

タイムトラベルが可能であることが、数学的に証明される! 教授「タイムマシン製造にはエキゾチックマターが必要」
http://tocana.jp/2017/05/post_13189_entry.html

続きを読む

↑このページのトップヘ