メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 動物

1 :名無しさん@涙目です。:2017/12/10(日) 08:40:26.25 ID:1p1wcjtU0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 「アメリカン・アイドル」「Xファクター」の司会などの音楽プロデューサーのサイモン・コーウェル氏が
イギリスITVの朝の情報番組「グッド・モーニング・ブリテン」で韓国の犬肉産業について語った。

コーウェル氏は3匹のヨークシャー・テリアをペットとして飼っており、動物愛護団体ヒューマン・ソシエティ・インターナショナルのキャン
ペーンに賛同している。団体の最近の救出キャンペーンにより韓国の南楊州市にある牧場から170匹が救われたという。

韓国には17000の食用犬肉牧場があり、毎年250万匹が食用のため殺されている。

氏は「まるで友達を食べているようだ」「友好的で親切で可愛らしい動物なのに」
「我々は動物殺戮を止めなければならない」と語った。

テレビ番組「ジ・オンリー・ウェイ・イズ・エセックス」の出演で有名なピート・ウィックス氏は救出キャン
ペーンに参加し、食用牧場を見たことは私の人生の中で最も恐ろしいの経験の1つだと語った。

コーウェル氏とウィックス氏はキャンペーンに共同で賛同している。


5th December 2017, 8:23 am 依頼ですが間違っていたなら自分の責任です。
 
以下画像
https://i1.wp.com/www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2017/12/cowells.png?strip=all&w=960&quality=100
https://i1.wp.com/www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2017/12/co.png?strip=all&w=960&quality=100
https://i1.wp.com/www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2017/12/nintchdbpict000340156902.jpg?strip=all&w=960&quality=100
https://i1.wp.com/www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2017/12/nintchdbpict000340156924.jpg?strip=all&w=960&quality=100
https://i1.wp.com/www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2017/12/nintchdbpict000340156898.jpg?strip=all&w=960&quality=100
https://i1.wp.com/www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2017/12/dd54.png?strip=all&w=960&quality=100
https://i1.wp.com/www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2017/12/dd5433.png?strip=all&w=960&quality=100
https://i1.wp.com/www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2017/12/nintchdbpict000371099751.jpg?strip=all&w=609&quality=100
https://i1.wp.com/www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2017/12/dd5643.png?strip=all&w=960&quality=100
https://i1.wp.com/www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2017/12/nintchdbpict000340156913.jpg?strip=all&w=960&quality=100
https://www.thesun.co.uk/tvandshowbiz/5068912/x-factors-simon-cowell-reveals-sheer-horror-at-south-korea-dog-meat-farming-trade/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2017/12/05(火) 22:49:56.31 ID:5Cg1tLC70

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif とある犬の写真を見た感想が、ネット上で真っ二つに割れていました。
・「ありふれた普通の顔」と感じる人
・「すごく変わった顔」と感じる人

奇妙なことに、中間の意見はほとんどないのです。

気になるその犬の顔をご覧ださい。

https://i1.wp.com/livedoor.blogimg.jp/laba_q/imgs/5/2/52947897.jpg

こちらがそのワンちゃん。

奥にいるほうが話題の犬です。

この顔を見て、あなたは変わった顔だと思いますか?
それとも普通だと思いますか?

海外掲示板の意見をご紹介します。

http://labaq.com/archives/51891353.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/D2gUZmU.jpg
 築地市場の移転先である豊洲市場(東京都江東区)で「ゼネコンの乱」が起きている。
来年7月までに終えなければならない追加工事で、
ゼネコンが示す工事費が東京都が算出した予定価格より高いだけでなく、入札辞退も相次いでいるのだ。
国政選挙で大敗した東京都知事、小池百合子にまた難題が降りかかっている。不信の原点はどこにあるのか。



小池知事に激怒 ゼネコン「豊洲の乱」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24221020U7A201C1000000/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/FWqIKUG.jpg
11月22日に開会した熊本市の定例市議会に、生後7カ月の長男を抱いて議場に入った緒方夕佳議員。

緒方議員の狙いはどこにあったのか。海外で報じられるまでに騒動が拡大したことについて、どう感じているのか。BuzzFeed Newsは本人に直接取材した。

ーーなぜ今回、お子さんを議場に連れてきたのでしょうか

世の中には多くの働く母親が直面している「厳しさ」があります。

仕事と子育てが両立できない、0歳児でも預けないといけない、預けられないから仕事を諦めたーー。議員活動をしているなかで、多くの子育て世代の人たちから、数限りない声を受けてきました。

職場や社会では「個人の問題」「自己責任」というような形で扱われてしまう。負担がのしかかりながらも、なんとかしようと頑張っている方々がたくさんいます。

私自身も今回、第二子の出産を機にそういった厳しさに直面しました。「みんなの悲痛な声をいい加減聞いてほしい」と感じ、議場に赤ちゃんと座ることで、多くの声を体現しようと考えたんです。

ーーその行動に至る経緯は

2016年11月、議会事務局に妊娠報告をした折に、「妊娠中や産後も、議員活動を続けていきますので、サポートお願いします」と伝え、たとえば議場に赤ちゃんを連れて行くことや、託児所の設置などを求めたんです。

「自分のため」という風に言ったわけではありません。傍聴者や来訪者、ほかの議員、さらには控え室のスタッフなどが使えるような棟内託児所の要望でした。

しかし、全部NOだった。そのため、ベビーシッター代の補助制度などはどうか、と求めていきましたが、無理でした。

出産前に無理して議員活動をしていたこともあり、出産後は体を壊し、しばらく歩けないようになった。7ヶ月ほどお休みをいただいたのですが、12月議会から復帰したいと思い、議会事務局と再びやりとりをしました。

その際、事務局側の対応は「議員さんは控え室もあるので、個人でベビーシッターを手配して見ていてもらいたい」というものだった。

「個人的な問題」であるようにされたことに対し、私は疑問を感じたとともに、これこそまさに、「厳しさ」だと痛感したのです。そうして今回の行動に至りました。
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/why-akachan-kumamoto

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2017/11/27(月) 03:52:06.66 ID:eFHSVoX/0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/1s9m25A.jpg
車の中からパンを投げて気を引き、寄ってきた猫をエアガンで撃つという
卑劣な事件が大阪市住之江区で発生しました。

被害猫の飼い主がTwitterへ事件発生の瞬間の動画を投稿し、
情報提供を呼び掛けたところ9万件以上拡散。加害者に対する非難の声が続々と上がっています。

 11月24日に投稿されたのは約30秒の動画。日産エクストレイルに乗った作業服姿の男性が民家にいた猫に近づき、パンのようなものを投げてから立ち去ります。興味を示した猫がパンに近づくと、再び車に乗った作業服の男性が現れ、
今度は運転席から身を乗り出してエアガンの銃口を猫に向けます。状況が分からない猫はキョトンとした様子で車を見上げますが、男性は容赦なく弾を発射。驚いた猫はその場から飛び上がるように逃げていくという内容です。


 投稿主で被害に遭った猫の飼い主、ryuki(@suminoe42)さんをねとらぼ編集部が取材したところ、被害に遭ったのは4歳のオス猫、ひでき君。最近になって自宅の前にパンやBB弾の弾が落ちていることが何度かあり、設置してあった防犯カメラを確認したところ、事件が発覚したといいます。

幸いひでき君にケガはなかったとのことですが、前述の通り何度もパンなどが散らばっていたことなどから、加害者は複数回に渡って犯行に及んでいる可能性があるとのこと。11月24日時点で警察に通報しており、防犯カメラの映像からナンバープレートなどの情報が共有されているそうです。

 今回の事件について、ryukiさんは「なぜこのような事をしたのか、この猫が飼い猫、野良の猫であっても許せないです」と怒りをあらわに。今後は徐々にひでき君を室内飼いに慣らしていくとしつつ「車内にパンとエアガンがあるということは、
こういった動物虐待を他の場所でもやってるかもしれないですし、猫の次は人に矢印が向く前に厳重注意、または処罰を受けてほしいと心から願います」とコメントを寄せてくれました。

 今回の事件は動物の愛護及び管理に関する法律(通称:動物愛護法)の「愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者」に該当する可能性があり、2年以下の懲役または200万円以下の罰金が科せられる可能性もあります。


https://i1.wp.com/i.imgur.com/ZFGLVQ0.jpg
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1711/26/news030.html

続きを読む

↑このページのトップヘ