メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 動物

1 :トラ(東京都) [UA]:2020/07/05(日) 18:41:37

https://i1.wp.com/i.imgur.com/IcGC6fG.jpg https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif
矢上雅義 衆議院議員(熊本4区)
@masa_yagami
お手上げ状態です。

洋3214Yoh
@3214Yoh
二子玉川堤防もそうだけど、民主党政権の仕分けの結果ですよ
https://i1.wp.com/pbs.twimg.com/media/EcH5MsvUwAEqzbd.jpg

v-k-t / morning on mount Sawa
@vkteer
仰るとおりお手上げです
https://i1.wp.com/pbs.twimg.com/media/EcE5lipUcAAbESg.png
https://i1.wp.com/pbs.twimg.com/media/EcE5lsJUYAMwBxK.jpg
https://i1.wp.com/pbs.twimg.com/media/EcE5mPGU4AA_Hrm.jpg
https://i1.wp.com/pbs.twimg.com/media/EcE5mjDU8AECWUT.jpg

宗教法人JK教【公式】
@KeiNagase_ACE5
https://i1.wp.com/pbs.twimg.com/media/EcFyfkIVAAAr8nR.jpg
https://i1.wp.com/pbs.twimg.com/media/EcFyfkaUEAEgwQh.jpg

矢上雅義 衆議院議員(熊本4区)
私も持っていない貴重なものです。当時裁判で勝ち目が無かった国営川辺川利水事業をダム事業から切り離し、治水目的の『穴あきダム』に転換させるつもりでした。これが私に出来る最後の折衷案でした。最終的に、この案が否定されたことから、深刻な局面に発展していきました。
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1279211033853169664/pu/vid/1280x720/HfGG6NanNvqjPlfw.mp4

続きを読む

1 :サーバル(埼玉県) [ES]:2020/07/04(土) 09:02:59

https://i1.wp.com/amd.c.yimg.jp/amd/20200704-00010000-nishinpc-000-1-view.jpg https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/syodai_mona.gif
熊本で大雨「命守る行動を」 球磨川に河川氾濫恐れ、市房ダムが緊急放流予定命を守る行動を
https://news.yahoo.co.jp/articles/76d7d85d340f550b3b164270cffff5bd5412a5c2

続きを読む

1 ::2020/07/04(土) 09:45:24.20 ID:FBCRP9MH0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/premium/1372836.gif https://www.sankei.com/region/news/150412/rgn1504120041-n1.html
 球磨川の支流、川辺川では国が昭和41年、九州最大級のダム建設計画を打ち出した。
しかし、「清流が失われる」「無駄な公共事業だ」との批判が高まり、長期間にわたる未着工の末、平成21年9月、前原誠司国土交通相が建設中止を明言した。

https://www.sankei.com/region/news/190818/rgn1908180017-n1.html
 日本三大急流に数えられる熊本県の球磨川流域で水害が相次いだことを受け、国は昭和41年、支流の川辺川にダムを設ける計画を発表した。
建設賛成派と環境破壊などを懸念する計画反対派が対立。蒲島郁夫知事は平成20年9月、計画反対を表明した。
翌21年9月17日、民主党政権の前原誠司国土交通相も中止方針を示した。ダムに代わる治水対策を、国と流域自治体が協議している。

https://mainichi.jp/articles/20180911/mog/00m/040/007000c
 熊本県の蒲島(かばしま)郁夫知事が、球磨川水系で進められていた国の川辺川ダム建設計画の白紙撤回を表明して11日で10年となった。
表明1年後に誕生した旧民主党政権が中止を決断し、ダム計画は休眠状態となったが、特定多目的ダム法に基づく廃止手続きはとられておらず、ダム計画は法的に今も生きている。
ダムによらない球磨川水系の治水を考える国、県、地元自治体の協議は決着しておらず、計画が息を吹き返す可能性も残っている。



関連
2019/10/13
【画像】 クソ民主党が建設中止させた八ッ場ダム、再開・完成前の今回さっそく最大級に活躍
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1570927543/

続きを読む

1 ::2020/07/01(水) 06:59:41.41 ID:WKE2Wx000

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/anime_karake.gif  世界的パンデミックを一足先に乗り切ったと主張する中国に、再び国難が押し寄せている。問題となっているのは、新型コロナウイルスの発生源とされる武漢市と同じ湖北省にある「三峡ダム」だ。
2009年に完成したこの世界最大のダムが、ここ数週間降り続いた豪雨のせいで決壊の危機に瀕していると、専門家が指摘しているのだ。
https://i1.wp.com/img03.ti-da.net/usr/r/y/o/ryotaroneko/g4160.png
 中国のSNSでは、三峡ダムを上空から撮影した以前と現在の組写真が拡散している。両者を比べると、現在のダムの写真は、以前のものと比べところどころ歪んでいるように見える。
これについて「水圧が高まったことによって、ダムが歪んでしまったに違いない」と危惧する声もあるが、当局は「撮影時のカメラの角度の違いによるもの」と否定している。
 一方で、「三峡ダムの決壊危機はアメリカの陰謀だ」と指摘する声もある。在北京米国領事館に勤務経験のある、元外交官が明かす。
「三峡ダムの決壊危機は、米国が仕組んだもので間違いない。1993年に着工した三峡ダム建設には、米国企業のベクテルが関わっている。(ベクテルに関してはトカナでも詳しく報じている)
当時中国はまだまだ発展途上国でしたが、数十年後には大国になることは確実だった。そこで米国は中国の首根っこをつかむために、ベクテルにダムの強度を調節できる仕掛けを仕込ませたのです。
米中貿易戦争は両者にらみ合いの状況ですが、新型コロナウイルスによって中国以上の被害を受けた米国は、今後劣勢に立たされる可能性が高まっている。そこで、
20年以上前に三峡ダムに仕込んだ“爆弾”を発動させようとしているのです。現在三峡ダムの周辺を見舞っている100年に一度といわれる集中豪雨は、米国の人工降雨技術によるものです」

 ベクテルといえば、米カリフォルニア州サンフランシスコを本拠地とする総合建設会社(ゼネコン)だ。世界各地で石油コンビナート、発電所、ダム、空港、港湾などの建設に関わっており、
日本でも青森県の六ケ所再処理工場に技術提供しているほか、羽田空港や関西国際空港、中部国際空港などの主要空港、さらに明石海峡大橋の建設にも携わっている。

ソースはもちろんトカナ
https://tocana.jp/2020/06/post_161452_entry.html

続きを読む

1 :シリウス(愛知県) [GB]:2020/06/28(日) 19:45:30

https://i1.wp.com/i.imgur.com/NFQ70Dt.jpg https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/1fu.gif
猫ちゃんが“真剣白刃取り”をマスター!? 紙の剣を見事にキャッチする
マンチカン「プリン」ちゃんがあいらしい

短い手足にむっちりボディー、ちょっとツリ目なお顔がかわいいマンチカン
のプリンくん、6歳。プリンくんの魅力を余すところなく伝えるYouTube
チャンネル「短足マンチカンのプリン」で、「真剣白刃取り」をマスター
しようとするプリンくんの様子が投稿されています。

ある日遊びに来ていた友人のお子さんが置き忘れていった手作りの
“紙の剣”。プリン君、この剣がとっても気になったようで、匂いを
かいだり、くわえたり、足で持ってみたりといろいろとちょっかいを
かけています。

しかしうまく扱えず……まだ剣を持つには時期尚早と判断した飼い主さん
による「受ける」方の稽古に変更です。飼い主さんが剣を持ち、プリンくん
に向かって優しく振り下ろします。初めは翻弄されるプリンくんでしたが、
稽古のかいあって(?)、飼い主さんから奪い取れるように。

その後も、稽古という名の剣遊びを続けるプリンくん、寝ころんで前足を
剣に向かって構えて……これはもしや? 「真剣白刃取り」!?  クリーム
パンのような丸いおててを一生懸命伸ばす姿はとってもかわいらしく、
思わず応援したくなります。

ややゆっくりと振り下ろされる剣に徐々に反応が良くなり、ス〜、パシッ!
 と前足で挟むことに成功! これぞ“プリン流真剣白刃取り!”

さて、遊びすぎたのかそろそろ紙でできた剣が限界を迎え、そしてプリンくん
も力尽き……楽しいお遊びタイムは終了。にゃんともかっこいいプリンくん
の勇姿が見られたのでした。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2006/22/news022.html

続きを読む

↑このページのトップヘ