メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 動物

1 :名無しさん@涙目です。:2018/10/13(土) 10:06:07.37 ID:yQPxqTcI0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/morara_tya.gif 猫は狭くて暖かい車のエンジンルームを好みます。運転手はなかなか気づきにくいところ。気づかずにエンジンをかけてしまうと、猫がベルトなどの回転部分に巻き込まれる痛ましい事故が発生します。

これを起因した日本自動車連盟(以下、JAF)ロードサービスの出動例も少なくないとのこと。

「猫は暖かい場所や狭い場所を好むようです。暖かくて狭く、風雨を防ぎ、人の気配も感じられないエンジンルームは最適な空間なのでしょう」とJAF広報部はBuzzFeed Newsの取材に話します。

エンジンルームに入り込むのは猫だけでなく、ネズミやヘビ、鳥が巣を作る事例もあるそうです。

https://i1.wp.com/img.buzzfeed.com/buzzfeed-static/static/2017-10/14/2/asset/buzzfeed-prod-fastlane-01/sub-buzz-5380-1507961429-4.jpg

https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/cat-banban

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/10/11(木) 22:05:05.26 ID:I04lkM1z0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/imanouchi_2.gif 賢いと思われがちだが…イヌの知能はハト程度!?

 人間社会において特別な地位を占めているイヌ。
特筆すべきはその知能…と言いたいところだが、実はイヌの知能は、ヤギ、ヒツジ、あるいはハトなどと比較しても、とりわけ高いわけではないらしい。
機関紙『Learning and Behavior』に掲載された論文に基づき、「テレグラフ」紙が報じた。

 英エクセター大学の研究チームは、動物の知能に関する300以上の論文を調査。
イヌと他の飼育動物や、オオカミ、ライオン、ハイエナといった肉食動物などの能力を比較。
その結果、複数種の動物が、知覚能力においてイヌと同等かそれ以上の能力を有していることがわかったという。

 同大学スティーヴン・リー教授は、「イヌの能力に関する研究では、イヌがいかに賢いかを証明しようとする傾向がある」とし、今回の比較により、イヌの能力を過大評価している例が複数見つかったと説明。

 例えば、チンパンジーやイルカは、鏡に写った自身の姿を認識できるが、これはイヌには不可能。
また、人間が指す先を追うことは、イヌだけでなく、ヤギ、ブタ、イルカ、アザラシやアシカにも可能だという。
さらに、イヌと同じように、ブタはにおい、ネコは声で、人間を判別することができるが、ヒツジ、ハト、チンパンジーも、顔で見分けることができる。
イヌと同等、もしくはそれ以上のことを他の動物もこなすことができ、イヌが他の動物よりも特別賢いというわけではないと分析されている。

「いえいえ、ウチの子(イヌ)は別」と反論する、飼い主の声が聞こえてきそう!?

https://www.japanjournals.com/uk-today/11914-181010-2.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/10/08(月) 13:51:46.71 ID:rYlRpEhm0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/folder1_02.gif 福岡県北九州市のラーメン店で飼育されている犬は、いつも鎖で繋がれたままになっているという。
そのことがTwitterで問題提起されて、「虐待ではないか」と店に対する非難が相次いだ。(略)
「営業中、鎖に繋ぐのは理解するが、休日、閉店、雨関わらず24時間繋ぎぱなし。大型犬で散歩させない、
体も汚れたまま。「餌は与えてるから虐待じゃない」ビジネスオーナー失格では?発言に愛情は感じられない。
こんな飼い方なら飼うべきでない!」。(略)
https://i1.wp.com/tanteiwatch.com/wp-content/uploads/2018/10/011.jpg
飼い主が餌を与えている場面も目撃したことがあるが、地面に投げつけていたというのだ。それは衛生面でも
好ましくなく、適切ではないと主張。(略)
4日の夜、上記のツイートをした人物は、現地で撮影した動画も公開した。この日は雨が降っていたが、犬はやはり
鎖で繋がれたままになっていたという。店は既に営業を終えて閉まっており、関係者は不在の状態だったそうだ。(略)
https://i1.wp.com/tanteiwatch.com/wp-content/uploads/2018/10/031.jpg
https://i1.wp.com/tanteiwatch.com/wp-content/uploads/2018/10/041.jpg
犬は体が汚れていて体臭もきつく、足には擦り傷があったという。(略)
当サイトでは、北九州市動物愛護センターに連絡をとった。本件に関しては以前から情報が寄せられており、
把握しているという。(略)
ただし、過去に動物愛護センターだけでなく地元の警察署も現地を訪れて調査しており、センターも警察も
「本件は虐待に当たらない」と判断したという。
鎖で繋がれたままであると運動不足になるという指摘もあるかもしれないが、そのような飼育方法をしている
家庭もあり、ただちに「虐待」とは言えないというのだ。もちろん、餌や水を与えていなければ、それは
虐待であるという。しかし、店では犬に適切な餌を与えていること、フンの処理もしていることを確認したと、
担当者は説明した。(略)
一方、雨天の夜にも、店が営業を終えて関係者が不在の状態で、犬が鎖に繋がれたままになっていたという指摘や
その動画については、把握していなかったそうだ。
そこで、それらの指摘や動画、そして現状を改めて確認してほしいと、担当者に依頼した。(略)

記事全文とそのほかの画像一覧 http://tanteiwatch.com/71075

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/10/08(月) 15:52:41.72 ID:BftU/KGy0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/morara_tya.gif 「吠える」「飛びつく」「物をかじる」「あちこちで排泄をする」などといった行動は、犬にとっては自然なことです。
しかし、犬は人間の社会で生きています。
犬にとっては自然な行動が、人間社会では迷惑な行動になることもあります。

愛犬が人間社会において迷惑な存在にならないためにも、そして飼い主さんと愛犬が幸せに暮らしていくためにも、飼い主さんは愛犬が人間社会に適応できるように、しつけなくてはいけません。
これは、飼い主の義務と言えます。

しかし、愛犬にしつけをする上で、罰としてやってはいけない行為があります。
その行為をやってしまうと、愛犬との信頼関係が壊れて、飼い主さんの指示に従わなくなったり、攻撃的になってしまったりすることがあります。

逆に、愛犬が萎縮してしまい、常に飼い主さんの顔色をうかがいながら、おどおど生活するようになる可能性もあります。いずれにしても、お互いにとって幸せな結果は得られません。

ですから、罰としてやってはいけない行為は避けて、しつけを行う必要があるのですが、どのような行為がNGなのでしょうか?
以下から4つのNG行為をご紹介していきます。

罰としてやってはいけないNG行為�@叩く
叩かれることによって、人の手を怖がる「ハンドシャイ」になり、人が手を近づけると怯え、恐怖のあまり噛むといった攻撃行動に出てしまうこともあります。

飼い主さんの手は愛犬にとって、苦痛を与える怖い手ではなく、撫でてくれたり、美味しいものをくれたり、抱っこしてくれたりするやさしい手であるべきです。

罰としてやってはいけないNG行為�A仰向けにして押さえつける
言うことを聞かない罰として仰向けにされ、力ずくで押さえつけられても、犬は恐怖を感じるだけです。
そして、恐怖でいっぱいになった犬はどうするかというと、自分の身を守るために、威嚇や噛みつきなどといった攻撃行動に出ます。それは、相手が飼い主さんであっても例外ではありません。

罰としてやってはいけないNG行為�Bマズルをつかむ
マズルは犬にとって敏感な部分ですので、マズルを無理やりつかまれると、不安や恐怖や痛みを感じることがあります。
その結果、飼い主さんとの信頼関係が壊れたり、マズルを触らせなくなったり、噛むようになったりすることもあります。
愛犬のマズルに触れなくなると、歯磨きや顔周りのお手入れができなくなるので、罰としてマズルをつかむのはやめましょう。

罰としてやってはいけないNG行為�Cハウスに閉じ込める
愛犬を叱ったときに、罰としてハウスに閉じ込めるのもNGです。
犬は本来、狭い空間にいると安心できる習性があるため、クレートやケージといったハウスは、犬にとって落ち着いて休める場所です。

しかし、罰として強制的に入れられると、ハウスを嫌な場所と考え、ハウスに入ることを避けるようになってしまう可能性があります。

まとめ
現在は、叱らないしつけ、罰を与えないしつけが主流になりつつあるようです。
愛犬のしつけ方が分からないときは、ドッグトレーナーや獣医師に相談してみるといいでしょう。トレーナーの中には体罰を使う方もいるようなので、体罰を使わないトレーナーを選ぶことをお勧めします。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15413294/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/09/29(土) 19:00:12.34 ID:OoYIgT650

https://i1.wp.com/img.5ch.net/premium/1372836.gif 「のど飴」で議会を退席に。乳児同伴で話題になった熊本・緒方夕佳市議に真意を聞いた。

乳児を議場に連れてきたことで厳重注意を受けた熊本市の緒方夕佳市議が、今度は「のど飴」で退席処分となった。

経緯や、なぜのど飴をなめていたのか、緒方市議に聞いた。

(略)

なぜのど飴で質疑の権利を奪われたのか

緒方市議は、なぜのど飴をなめていたのか。

ハフポスト日本版の取材に対し「数日前から風邪の症状が出ており、咳が一度出ると止まらないこともあった。議会の登壇中に、そうした事態にならないよう、サポートのつもりで口に含んだ」と話した。

緒方市議によれば、これまでに、咳をした際に他の市議から「咳がうるさい」などの指摘を受けていたという。

質疑の際には、議場から「飴を出させろ!」「飲食は規則違反だ!」といった怒号で騒然となったというが、議会では飲食禁止についての明確なルールはない。

休止して開かれた懲罰特別委員会では、陳謝させることが決まった。この時、「陳謝文」は本人が文言を考えるのではなく、緒方市議は用意された文章を事務局から渡され、そのまま読むようにと言われたという。

緒方市議は「自分の言葉ではない」として、用意された文書を読み上げるのではなく、自分自身の言葉で説明することにしたという。

だが、それが「陳謝文と内容が違う」として「違うだろ!」などと紛糾し、議会への一定期間の出席停止という、さらに重い処分となった。その結果、9月28日のその後の議会には出席できなくなった。

緒方市議は「市民のために真剣に議論するという場である、議会の本旨が理解されていない。議員の発言は市民の声を代弁する重要で重大な権利。質疑や討論をする権利を、このようにいとも簡単に奪うのはいかがなものか」と話している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00010001-huffpost-soci

2017年11月、熊本市議会に生後7カ月の長男を抱いたまま出席し、議会事務局職員らによる退席要 請を拒否する緒方夕佳市議(右)=熊本市中央区
https://amd.c.yimg.jp/im_sigg5e7Iwf.2Fn1.qIIrpVSKzw---x900-y725-q90-exp3h-pril/amd/20180929-00010001-huffpost-000-2-view.jpg

続きを読む

↑このページのトップヘ