メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 動物

1 :名無しさん@涙目です。:2017/09/06(水) 19:11:20.14 ID:SLR4VOiL0

https://i1.wp.com/www.asahicom.jp/articles/images/AS20170906003199_comm.jpg
猫に熱湯をかけるなどして殺したとして、動物愛護法違反の疑いで警視庁に逮捕された
50代の税理士の男=さいたま市=について、農園カフェ勤務の綿引静香さん(44)が6日、
懲役刑を求刑するよう求める約3万7千人分の署名を東京地検に提出した。

動物愛護法は犬や猫などの愛護動物を殺傷した場合、2年以下の懲役か200万円以下の罰金を科すと定める。
法務省によると、2016年に検察が扱った同法違反事件は90件。
起訴された事件は33件あり、このうち29件が罰金刑を求めた略式起訴だった。
裁判が開かれ懲役刑が求刑されたケースもある。

綿引さんは自宅で猫5匹を飼っている。
男の逮捕が報道された8月末から、ネット上で懲役刑の求刑を求める署名を呼びかけたという。
「男の残酷な行為をネットで支持する人たちがいる。男が厳しい刑を受けることで動物虐待の抑止になれば」と話した。

男は埼玉県深谷市の廃屋周辺で昨年4月〜今年4月、
猫3匹に熱湯を浴びせたり、ガスバーナーで焼いたりして殺した疑いで今年8月に逮捕された。
警視庁に対し、今年4月までに少なくとも13匹の猫に同様の行為をしたことを認めたほか、
その様子を撮った映像をネット上に投稿していたという。

写真:署名提出のため東京地検を訪れた綿引静香さん

以下ソース:朝日新聞 2017年9月6日17時14分
http://www.asahi.com/articles/ASK9646DFK96UTIL01D.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/KsuCWFD.jpg
ジャニーズ事務所との契約期限が迫っている草�g剛は、退所後に芸能事務所へ所属せず、当面はフリーランスで活動するようだ。

草�gは穏和で真面目な性格として知られており、芸能界内外で評判がいい。

「仕事は、前の仕事が押すというようなことがなければ、必ず時間通りに来ます。
万一遅れた場合も、マネジャーではなく、彼自身がスタッフに謝る。
敬語をしっかりと使うし、誰にでも愛想がいいため、草�gのことを悪く言う人間はほとんどいません。
ジャニーズ退所後も草�gと仕事をしたいという人間は多くいるでしょう」(ジャニーズライター)

しかし、そんな草�gにも“異変”のある時期があった。
今年5月に新宿の路上で子犬を抱き、涙しているのを写真週刊誌に報じられ、波紋を呼んだ。




草�g剛が今年5月に路上で涙した本当の理由
https://myjitsu.jp/archives/30548

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/tanteiwatch.com/wp-content/uploads/2017/09/01.jpg
YouTubeの配信者(ユーチューバー)の男性が、Twitterで物議を醸している。(略)
車で猫を轢き殺して、その死体を撮影したという。
さらに、「猫も俺の車を汚したと言う罪がある。お互い様だよ。むしろ避けなかった猫の方が加害者で、俺は被害者だと
思うんです」と男性はツイートした。(略)
やがて、男性とダイレクトメールでやりとりしたという人々が、その内容を公開。「わざと轢き殺したんだけどね」と男性は返答している。(略)
その後、わざと轢き殺したという発言は冗談だったと、男性は釈明した。
「車道の真ん中に仔猫がいました。避けると思ってそのまま直進したら、まさかの猫が立ち往生していた為、轢いてしまいました」と説明。(略)
「わざとではないので違法にはなりません」、「動物愛護法では故意的にころした場合のみ適用されるから犯罪にはならないんだよな。
はい論破☆」と男性は持論を展開した。一方、「ふざけて猫に車で直進した」という発言もあり、意図的に轢いたのではないとしても、
いじめや虐待の意図が全くなかったとは言えないかもしれない。
https://i1.wp.com/tanteiwatch.com/wp-content/uploads/2017/09/04.jpg
生き物が虐待される場面を目撃したというツイートを、男性が連発していることも発覚。「若者に殺された」という動物の死体を撮影した
動画や、「高校生の集団」や「高校生4人組」によって残酷な方法で殺された魚を撮影したという画像を公開している。
だが、その人物らを撮影したものは一切ない。短期間のうちに、このような場面に立て続けに遭遇するという偶然があり得るのかと、
疑問視する声もある。
https://i1.wp.com/tanteiwatch.com/wp-content/uploads/2017/09/05.jpg
(略)当サイトでは、男性の在住地域とされる一帯を管轄する動物愛護センターに連絡を取った。(略)
センターの担当者によると、動物愛護法に抵触しないと言えるのは、男性が故意に轢き殺したり虐待したりしたわけではないということが
明らかになった場合であるという。詳細を調査しなければ、現時点で「本件に違法性はない」と断言することはできないというのだ。
部署内で話し合って本件への対応を検討すると、担当者は述べた。

記事全文とそのほかの画像一覧 http://tanteiwatch.com/67437

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/MHzD1EQ.jpg
未払い賃金を請求した労働者を仕事のミスを理由にして解雇するのは不当だとして、
ヤマト運輸の拠点間の物流を手がける下請け会社のトラック運転手の男性(44)が1日、この会社を相手取り、
地位確認などを求める労働審判を東京地裁に申し立てた。
男性と代理人弁護士が記者会見して明らかにした。
 下請け会社はナカムラ・プロジェクト(東京)。
申立書によると、就業規則に明記された1日8時間の就労時間を超えて働いても、日給は1万2千円に固定されていた。
男性は約420万円の未払い賃金を求め、2015年6月に東京地裁に労働審判を申し立てたが、
会社は同年8月、男性が荷物を下ろし忘れるミスをしたことが会社の信用を傷つけたとして、懲戒解雇を通知した。

 代理人の指宿昭一弁護士は「ミスは軽微で解雇理由にはならない。残業代が支払われず、請求すれば不当解雇されるというのは大問題だ」としている。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASK815G19K81ULFA01B.html


別ソース

ヤマト運輸下請けの運送会社に勤めていた男性(44)=東京都江東区=が8月1日、
荷物積み下ろしのミスで懲戒解雇されたのは無効だとして、同社を相手に地位確認と出勤停止以後の賃金などを求めて東京地裁に労働審判を申し立てた。

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0801/bdc_170801_9305456946.html

続きを読む

↑このページのトップヘ