メガ速報

2chねるのニュース速報をまとめたブログだよ。

カテゴリ: 宗教

1 :名無しさん@涙目です。:2018/06/14(木) 19:01:43.59 ID:/UH82zyH0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif 米ノースカロライナ州立大学の研究チームが「神の顔」に関する調査を実施。北米に住むキリスト教徒511名の証言をもとに「神の顔」を再現したところ、意外な事実が判った。

人知を超えた絶対的存在として崇められている神。古典文学やアートではたびたび”厳格な年配者”として描かれるが、神の存在を信じる人々は実際どう考えているのだろうか。

これを確かめるため、ノースカロライナ州立大学の研究者らがキリスト教徒511名を招集。

彼らの証言をもとに顔識別技術(通称E-fit)を用いて「神の顔」をコンピュータで分析・作成したところ、若く愛嬌のある白人顔が最も神に近いイメージとして浮かび上がってきた。


キリスト教徒が考える「神の顔」
https://i1.wp.com/livedoor.blogimg.jp/yurukuyaru/imgs/2/f/2fdcb9f8.jpg

興味深いことに、本研究に参加した全てのキリスト教徒が神を「自分に似た存在」として捉えていたのだ。つまり神は自分と同じような年齢で、外見的魅力や人種も自分に類似した存在だと考えた。

人が思い描く「神の顔」とは、自分が属する集団間で生まれてくる考え方や先入観によって形作られるものなのであろう。

「自己中心性バイアスとも言うのですが、人はよく自分の信念や特性を他人に投影して自分勝手に解釈します。神の姿も例外ではないのでしょう」と筆頭研究者のカート・グレイ教授は述べている。


http://yurukuyaru.com/archives/76520587.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/06/03(日) 20:40:36.57 ID:PJbGlCxw0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif イエス・キリストが迫害を逃れて移り住んだという言い伝えが残る新郷村で、恒例の「キリスト祭」が開かれました。

新郷村には、迫害を逃れたイエス・キリストが移り住み、106歳の生涯を終えたという言い伝えがあり、毎年この時期に「キリスト祭」が開かれています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/20180603/6080001149.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/05/30(水) 22:30:26.66 ID:ArW01mVG0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif ■2043年、人類の80%が死滅!

 そしてこの度、なんとジュセリーノは2018年6月21日に日本の東海地方でマグニチュード10.6の巨大地震を予言した。にわかには信じがたいこ
とだが、過去にも彼が日本の地震を公に予知して的中させているという実績がある。

51hHxhirQPL._SX298_BO1,204,203,200_.jpg
 たとえば、「2007年もしくは2008年7月13日に日本に巨大地震が起き、大きな被害が起きて大勢の命が奪われる」と予言したことがあった。こ
れは2007年4月10日初版の『未来からの警告 (ジュセリーノ予言集 1)』(たま出版)に記載されており、7月5日付東京スポーツ新聞でも発表された。

 そして予言された7月13日から3日が過ぎた2007年7月16日、新潟県でM6.8の中越沖地震が発生。死者15名、重軽傷者2000名を超える大災害であった。
予言の日からわずか3日のずれとはいえ、恐るべき的中率ではないか?
 
 今回予言者ジュセリーノが予言している日本の東海地方での史上最悪の地震とは、南海トラフ巨大地震を指しているのではないかと思われる。とい
うのも最近、霧島連山の新燃岳が噴火を繰り返し、火山活動が活発化しているのだ。霧島連山が噴火すると、数カ月後から1年以内に巨大地震や富士
山噴火が起きているパターンが多い。それに今、ハワイのキラウエア火山でも大規模な噴火が起きてい
るなど、世界的異変が起きている。このような状況から鑑みると、ジュセリーノが指摘するように、6月中に日本に大災害が起きてもおかしくはない状況なのである。

 さらにジュセリーノは恐ろしいことに、これまで繰り返してきた環境破壊の報いを受けて、2043年に人類の80%が死滅するという予言もし
ている。「予言を恐れるのではなく、人類1人ひとりが意識を高めて世界がひとつになって行動することにより、未来は変えられる」と彼は言う。

 ジュセリーノの予言は賛否両論あるものの、人類規模で意識を変えなければならない時がまさに今到来しているというのは間違いない事実だといえるだろう。

http://tocana.jp/2018/05/post_16949_entry_3.html

続きを読む

↑このページのトップヘ